about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

6月28日 亀山湖

6月28日 亀山湖


 記念すべき私のバス釣り歴10回目。ポイントは関東有数のメジャーポイントの亀山湖。


 今回は学生時代(悲しいことに、もうこのコトバを使うようになってしまったのだ…)大変にお世話になった全日本学生釣魚連盟のバス釣り大会にOBとして参加。バス釣り大会初参加。


 数を狙うのであれば圧倒的にフィネスが強いことはわかっていたのだが、汎用性の高いスピニングバスロッドを入手するそばから穴釣りなどで酷使し壊してきた私は、結局タックルが揃わず、ベイト一本という身の程知らずな布陣で望むこととなった。「男は黙ってトップ!」などという、いささか狂ったコピーも一瞬脳裏をかすめたが、さすがにそろそろバスを釣りたい。「影を見た!」とか「チェイスしてきた!」とか、そういうことに一喜一憂するのはそろそろおしまいにしたい。


 結局ラバージグやテキサスリグ主体でカバーを攻め、状況次第でトップという、やや現実的な方向性で落ち着いたのであった。バス釣り絡みの職業に首を突っ込み、机上の知識ならばある程度溜め込み頭でっかちになってきてはいるが、結局エレキを扱うのも本気でバスを狙うのも(?)、初である。果たして結果やいかに?!


 ちなみに使用タックルは、ロッド=コルキッシュCKC662M(メジャークラフト)、リール=アンバサダーブラックマックス(アブガルシア)、バスロック16lb(東レ)という、いささかアンバランス感の否めない素人臭い取り合わせ。  ルアーは1/2オンスから1/4オンスのラバージグ(トレーラーとしてベイトブレス・バイズクロウなど)、コンバットクランクフラットサイドなどのシャロークランク、サスペンドミノー、ワームはライブインパクト(ケイテック)など。


今回大会参加者が利用したのは「松下ボート」 意外とこのボート屋周辺がいいらしい

b0121015_23431950.jpg



 6時27分、TAKE OFF。各ボートそれぞれのポイントへ散らばる。立教からは一年生数名を含む参加者8名。私は新入生のマツバラくんと同船。操船は私が担当した。フットコンエレキは相模湖でローボートという「荒行」経験のある私にとっては便利なものだった。とりあえず晴れていた朝のうちは湖岸のブッシュ周りをうちながらボートで湖上を走るのが心地よかった。ボートには勝手に「中2丸」と命名した(笑)これぞ動く中2だ!!


亀山湖を縦横無尽にハンドコンエレキで探りまくるが・・・

b0121015_23414257.jpg



 亀山湖を縦断するくらいに探ってまわった。投げ釣りでは大会のジンクスとして「大会本部から遠くのポイントを釣ったものが勝つ」というものがあり、プレッシャーということを考えるとバス釣りにも当てはまるのではないかと考えていたのだ。医院下、じいさんワンド、などかなり遠くを一通り探り、ボートごと穴のなかに入って奥の流れ込みを狙ってみたりした(浅かった…)。ルアーはラバージグやテキサス、場所によってはスピナーベイトなどを用いたが反応はない。同船のマツバラくんはノーシンカーやダウンショットで探っていたが釣れない。釣れない→即移動を繰り返していると早朝の高活性と思われる時間帯の大部分を移動時間に食われてしまった。


亀山湖風景

b0121015_23574855.jpg



 修瑛・KOTAボートに接近し情報収集。しかし、彼らはまだ釣れていないとのことだった。ここまでで成城ヒロキが早朝に一本。


 あまりにも釣れないので「不審船追尾」に集中しようかと思ったが(?)、9時過ぎ頃からだっただろうか、雨が降りだしてきた。それまで湖水は緑がかったアオコ色だったのだが、雨で湖水の色は良くなっていったようだった。ちらほら、周囲でバスを上げる人を見かけた。


 私の中では「雨=求道」である(謎の発言)。雨によって多少活性は高まり私にも釣れる可能性は出てきた。こうなったら信じるルアーを大会終了までひたすらキャストし倒す、リトリーブし倒す。それしかない。私はトップ系とラバージグと迷って結局ラバージグにした。水深のあるポイントだし、ディープレンジを探った方が確率が高いと判断したのだ。


 雨脚は徐々に強まっていった。ボート後部に水が溜まってきている。当分は大丈夫そうだったがもう少ししたら掻き出すことも考えなければならないかもしれない。私はラバージグにザリガニを模したトレーラーをつけキャストを繰り返す。一発大物を狙っていた。しかし、キャストは決まるときもあれば決まらずに木に引っかかってポイントをつぶすこともあった。そもそもサイドハンドキャストとオーバーヘッドキャストしかできないのにオーバーハングと水面のわずかな隙間を岩盤までプレゼンテーションするのは難しい。なぜかやたらと英語が多い。


 マツバラくんはクランクベイトやミノーを根気強くキャストし続けている。釣りはもともとやっていたらしくキャスト自体はうまい。釣れなくはないかもしれない、と思っていたがなかなか釣れない。「エッジを攻める男」というのが私のキャッチコピー(?)のひとつだが今日はとにかく冴えなかった。もっと練習が必要ということか。洗濯物をオーバーハングに見立ててフリッピングの練習でもしようか。


 結局、丸ボーズ。バス釣り5連敗目を喫した。そろそろやばいよ、と誰かが言った気がした。


 立教からは新入生のイズミくんが40cm近いバスを釣り7位入賞。もう少しで新人賞だったというから惜しい。ほかにはマスターがギル、山ちゃんがばらし、あとはほぼ全員丸ボーズ。亀山、甘くはないようですね。


 ヒロキの話ではカバーの最奥までルアーを届かせないと喰ってくれないのだという。やはりバスは簡単ではない。


 こうなったらいっそ相模湖とか徹底的に釣れない湖に通いこんで徹底的に修行してたまに亀山に来たら「え、あの人プロ?」ってくらい釣れるようになりたいものだ。何年かかるかわからないけど。ともあれ大雨の中誰も風邪も引かずに無事に帰ってくることができたので良かったと思います。


 大会終了後のじゃんけん大会・抽選会でも私は冴えなかったことをここに記しておく。


 解散後はみんなで温泉に行き、大会の疲れを癒した。かなり生き返った。*ここで「高度な政治的判断」により絶対にこのページにはかけない秘密の会談がもたれた。


 帰路に着いたわけだが、途中で食べ放題の店があり、そこで晩御飯。雨のせいか、あまり釣れなかったせいか、本日は割とおとなしかった我々だったのだが、さすが男ばかりが集まって肉を焼きだすとすごい。ケーキを10個近く食べだす者や大量の肉を持ってきて平気な顔で平らげてしまう者、いつもどおりご飯を恐ろしい勢いで平らげていく者・・・。反面、私は卒業後かなり太った割には食えなくなっているような気がした(汗)*私はまだ卒業して3ヶ月です。


 とにかく疲れた。運転手役のKOTAに「疲れたら運転代わるよ」とかっこつけて言ってみた直後に眠りに落ち、さらには疲れすぎて有楽町線で乗り過ごして和光市まで行ってしまった。


 今後の課題は、…①キャスティングアキュラシー②スピニングタックルを揃える③とにかく一尾釣る


 これらに尽きるのではないでしょうか。


 次回は一応相模湖を予定しています。6連敗決定でしょうか。
[PR]
by rikkyofishing | 2009-06-30 23:45 | バスフィッシング