about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

7月12日 荒川・秋ヶ瀬取水堰→さくら草水門→彩湖

7月12日 荒川・秋ヶ瀬取水堰→さくら草水門→彩湖(*彩湖では釣りはしていません)


 フランス語には“aller à la pêche”という熟語があります。pêcheは「釣り」を意味し、allerは「行く」を意味するので先に挙げた熟語は第一義としては当然「釣りに行く」を意味します。フランス人も釣りは好きらしく、苦し紛れに「釣り=スポーツ」説をぶった仏検の面接は通ったし、なんでも最近あの「メガバス」がヒットしてるらしい。(ブラックバスではなくシーバスに似た「バール」という魚を釣るらしい。知らなかった。)アメリカ嫌いなフランス人が「アメリカ製ルアーを買うのは嫌だがしかしルアーはほしい」というような事情で日本製メガバスに流れたというような背景が見える気がしますが、ミッチェルで有名なフランスにもルアーメーカーはあまたあるでしょうしホントのところは何も知りません。今日は都議会議員選挙の投票日。保険証も安定収入も自家用車もありませんが、かろうじて選挙権だけは維持している私は不在者投票をしていたので今日は釣りに行けたわけです。理由はもちろん「旅行・レジャー」にチェックしときました。ところで、“aller à la pêche”の第二義は「選挙を棄権する」という意味らしいです。辞書に載っていたものなので生きた表現かどうかはわかりませんが、なんだか、投票棄権して釣りに行くっていう怠惰な感じが良いですね。(突発的コラム)


 さて、今日もバス狙い。早起きできたら牛久沼でも小貝川でも印旛沼でも行ってやろうと思っていたが、できなかったので近場。まず秋ヶ瀬。左岸、秋ヶ瀬公園側から河原に入った。現場に到着するまでに公園でフライキャスティングの練習をする人を見かけたり、河原で頭上を曲芸飛行するラジコンヘリコプターに「身の危険」を感じたりしながらなんとか秋ヶ瀬取水堰まで到着。だが、堰が開いていたのは一番右岸寄り。あの流れの中に口が小さいほうの魚が着いているのだろうか。真昼間、ひたすら暑くて釣れる気がしないので、ポイント確認だけでライギョポイントへ移動。


秋ヶ瀬取水堰

b0121015_2244057.jpg



 ライギョポイント到着。しかし、なんだかこの前と様子が違う。水が無い。浅瀬がだいぶ露出している。そして小魚は多少見かけるものの、見えバスならぬ「見えライギョ」が皆無。捕食も見えない。前回、65cmのライギョを釣ったときはいたるところで小魚が何かに追われ、ライギョが跳ねまくっていた。前回(6月21日)はきわめて状況が良かったのだ、ということに気づいた。投げ釣り大会に出ていた人はわかると思うが、その日は午前中滝のような雨が関東地方で降っていた。おそらくその雨の影響で流下してくるライギョのエサが多かったのと梅雨真っ只中で安定的に水量が多めだった。そのことがライギョの活性を極限まで高めていたのかもしれない。そして、6月はライギョの産卵期とされ、コアなライギョフリークはライギョを狙わないらしいというから、産卵期だったことも関係しているのかもしれない。対して、ここ数日はまとまった雨が降っておらず、潮位の影響もあるのかもしれないが水量が少ない。ウエーダーがあれば普段入れないところまで入っていけたりするのかもしれないが、今回は軽装備なのでこれだけ水が無いと話にならない。意外と浅いことといつも釣れるわけではないことがわかっただけでも収穫だった。


さくら草水門周辺 浅瀬が露出していた

b0121015_22194229.jpg



 次に向かったのは釣り禁止の彩湖。もちろん釣りはしていない。かつて、練馬周辺の釣り場開拓のために自転車で荒川周辺を観察していた際に寄ったことがあって思いのほか大きな湖だなと驚いたことを覚えている。今回数年ぶりに訪れてみたわけだが様子は何も変わっておらず、禁止事項だらけの、ただひたすらに小奇麗なカギカッコ付の「親水公園」といった感じだった。案内表示によるとブルーギルとワカサギ、ナマズがいるらしい。確か前回来たときにはブルーギルの下に「ブラックバス」も掲載されていた気がするのだが削除されたのだろうか。この案内表示がお役所的思考回路を体現したような代物でいろいろと突っ込みどころ満載でおもしろかった。


彩湖の案内表示 果たしてこれで自然に興味が持てるのだろうか

b0121015_22292467.jpg



 本来は彩湖下流の水門周辺か朝霞水門で夕マヅメまで打っていこうかと思っていたのだが、炎天下の荒川土手を延々歩いて疲れたので夕方前に練馬に帰った。


 ということで今週末も釣れずに終了。来週は天気がよければ相模湖の予定。今日は「ガキの使いやあらへんで」の芸能人バス釣り選手権を見てさっさと寝ます。
[PR]
by rikkyofishing | 2009-07-12 22:40 | バスフィッシング