about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

7月19日 相模湖本湖

7月19日 相模湖本湖


 2日連続相模湖通い。今回はwithKOTA。昨日(7月18日)ボート上から、「フットコンエレキが借りられる」、「32cmを釣った」と電話で話したらリアクションバイト。「一人一艇ずつ借りましょう!!」と、ノリノリだった。


 どうせ朝マズメはねらえないので、昼ごろから釣り始めることにして、9時半所沢待ち合わせ。ちなみに、この日KOTAは二日酔い気味、私は軽い熱中症の症状から復活!しきっていなかったため早起きはきつかったのだ。昨日の小バス爆釣ポイント~大曲周辺で夕マズメを探りさらなるサイズアップを目指す ― 美しい流れだ ― 。しかし、この選択が大間違いだった。


 スリーエフで昼御飯を買出し、天狗岩へ。桟橋が近付くにつれて、どうもボートが少ない・・・ということに気づく。おそるおそるおばさんに訊いてみると、手漕ぎはあるけどエレキはもう無いとのこと。陽が完全に上がった正午前、完全に「テメー今頃きて…」パターンだ。残念。


 隣の日相園へ電話してみると、エレキはもう余っていないという、天狗岩と同じ状況。いまさらエレキ無しで釣りは無い。かくなる上は、勝瀬橋たもとの柴田かいつもの相武ボートしかない。電話してみると、幸い柴田も相武も空いているということなので、タクシーで移動。関係ないけど藤野駅前で拾ったタクシーの運転手はかなりエッジを攻めていた。


 相武ボートに到着し、ボートを借りてなんとか出船。各ワンド中心に攻めていく。オダや冠水ブッシュ周辺に小バスが必ずたまっており、こいつらならなんとか釣れるという、さみしい状況。


 先々週大きいバスを数匹見かけたポイントでは、今回もバスを見かけたが相変わらず反応なし。いかにもいそうなポイントなのでスレ度が高いようだ。


 次に寄った、前回小バスのチェイスがあったポイントでは、KOTAがスモラバで15cmほどのサイズを1匹。


埼玉野池サイズ

b0121015_2101068.jpg



 その後、勝瀬橋まで行ってみたが、橋周辺はさすがにメジャーポイントだけあって叩かれ済みといった感じでさらにボートも多くやりづらいので数投で移動。ドウツキと呼ばれる一帯をブッシュ中心に打っていく。シャローにベイトが群れていて、ここでも小バスのチェイスは頻繁にあったが、なかなかフッキングしない。KOTAが1匹追加。スモラバ。私にはアタリのみで釣れない。


勝瀬橋

b0121015_2149276.jpg



勝瀬橋下の放水口 わかりやすすぎてテメー今頃きてな感じだったが早朝なら好ポイントか

b0121015_21505873.jpg



 最後の最後のボーズ逃れのつもりで小川亭横へ。マスバリに半分にカットした4inカットテールをちょんがけし、なりふり構わず1匹獲りにいったら、15cm程度が1匹、あっけなく釣れた。昨日も言ったがこうして相模湖のバスはスレていくのだろう。


 良型不在のようだったので、ポイント移動し大山周辺へ。ダメもとでトップを投げたり真剣にカットテールを投げたりしてみたのだが、結局ここではノーヒット。


 相武ボートのおばさんの話では本日の最大は45cm、トップウォーターで早朝だったとのこと。やはり早朝がチャンス。バスは早朝に分があるようだ。そしてこの時期の本湖は全体的に水質が悪く、上流の方がよさそうだった。それでも水質の良いポイント、ブッシュなどを探せば小バスでよければちゃんと釣れると思う。大きいバスを釣るのは至難の技だろうが。
[PR]
by rikkyofishing | 2009-07-19 21:11 | バスフィッシング