about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

8月22日 雄蛇ヶ池

8月22日 雄蛇ヶ池


 三週連続雄蛇ヶ池。いつ「連勝」がストップするのか個人的に興味があった。


 世間はお盆休みも終わり(いつ終わったのかはよく知らない)、東金までの道中は平穏だった。定期的に締め切りがやってくるタイプの仕事をやっている私は、お盆期間中もノンストップだったが、お盆にしか長めの休みを取れないのもどうなのだろうとも思ってしまった。各地の混雑を見ていると休みだったとしてもお盆にはどこにも出かけたくない。


 池に到着する前から既に汗だく。池に着いてみると、大減水。雨が降っていない割に放水しっぱなしだから無理も無い。その代わりアオコは落ち着いていた。前回38cmを引っこ抜いたワンド奥のポイントは水はあったものの、水深推定10cmほど。2,3投やってみたが、気配は無い。


 減水すれば普段いけないところまで行けるじゃないか!? と、変なフロンティアスピリットをかきたてられ、ぬかるみを必死で歩いてみたが、これがなかなかうまくいかない。ズブズブとぬかるみにはまってしまう。キャストを繰り返すうちにいつのまにか抜け出し困難な状態になっているケースもあった。抜けなくなったりしたら相当間抜けだ。


 一周半ほどして、「ダメだ、釣れん!」と思い、ふといいことを思いついた。実は私はブルーギルを釣ったことが無い。バス釣りを始めたのが事実上ここ数ヶ月なのだから無理も無いし、狙って釣る魚ではない。そこで、この際狙ってみようと思い至った。


 先ほどから足元をピチャピチャやっている変な色した魚がブルーギルだろう。そう思いワームをちぎってマスバリに刺してゆっくりリトリーブ。すると、小気味よいアタリがある。が、ぜんぜん掛からない。どうやら相当魚が小さいようだ。そこで更にワームを半分に切って刺してみた。そうしたら、掛かった。


シロギスサイズのバス

b0121015_20573022.jpg



 が、バスだった。群れているのは明らかにブルーギルなのでもう一回放り込む。数回の攻防を制し、やっと釣れたのはこのサイズ。


ブルーギル

b0121015_20591294.jpg



 もっとでかいのならもうちょっと喜べたのだが。私がブルーギル狙いにいそしんでいる間に、近くに来たボートがワンド中心部の水深が深めの場所でかなりでかいのを釣っていた。45cmほどで、かなり太った個体だった。たぶん陸からでも狙えなくは無かった。横で釣られると悔しい。


 結局、これで本日終了。炎天下、あちこち歩き回ったせいで飲料代だけでけっこう使った気がする。


 ブログを検索していると、この減水の状況でも釣る人は陸っぱりからでも釣っているようだ。
[PR]
by rikkyofishing | 2009-08-22 21:12 | バスフィッシング