about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

8月29日 小貝川

8月29日 小貝川


 短時間で小貝川へ。今回は佐貫の一つ手前の藤代駅から徒歩。


 川へたどり着くも、流れが急でいまいち何をしたらよいのか分からない。ノーシンカーのカットテールなんかは一気に流されてしまうし、ラバージグも反応なし。しかも、今回はスピナベとバズベイトが入っているボックスを忘れ、ワイヤーベイトが一切なかったので私の活性がだだ下がり。


 下流へ向かう。前回の水門のあたりでひたすらカットテールやってれば釣れるかもしれないと思った。ひたすら水面から遠く離れて流すスタイルでいけば、きっと、アタリくらいはあるだろう・・・(悲観的)


 ずんずん歩いて行くと、水門が見えてきた。しかし、何か様子が違う。前回のアシ原の周囲が白い(!?)水が無い。これは…?


水面下だったはずの場所から、護岸が出現

b0121015_2352175.jpg



 万事休す! もう帰ろう、帰ってスーパーで売ってる安いゼリーでも食べながら本を読もう、と思ったのだが、釣り人は居るので、普段はこれが普通なのかもしれないと勝手に思い込むことにして釣り開始。夕方に近付くにつれて、小場所としてはあり得ないほどに人が増えていた。


 しかも、水辺周辺にはどでかいカエルが多く、彼らが私の存在に気づいて水に飛び込む音に私がビビるという不快かつきわめて間の抜けた出来事に数回遭遇。さらに、水中に見える魚影はフナとコイと、たまに跳ねるのはおそらくボラ。


 前回もお会いしたハクチョウもしっかり居た。ハクチョウさんを飼いならしてるオヤジが登場し、「ホオー!」みたいな感じの声で呼ぶとどこからともなくあらわれ、バケツの中の餌を食べていた。ネタが無い時は動物に頼るのだ。


もはやお決まり、ハクチョウ

b0121015_2363486.jpg



 暗くなるまでバイブレーションを投げ倒したりしたのだが、完全ノーヒット。


 最近お気に入りの雄蛇ヶ池は現在1メートル以上の大減水中のようで、行ってもおそらく釣果は望めないので明日はボートです。台風で流されないようにします。
[PR]
by rikkyofishing | 2009-08-29 23:33 | バスフィッシング