about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10月4日 牛久沼・東谷田川

10月4日 牛久沼・東谷田川


 14時現地着の予定で雄蛇ヶ池へ向かうつもりが、家にロッドを忘れ、数分差で地下鉄に乗り遅れた。東金線は一時間に一本しか電車が無いので、次の電車で行くと、池に着くのは15時過ぎになってしまう見込みだった。


 朝霞でフライにしようかと思ったが、現状でもニジマスのストックが過剰なので、電車の本数が多い牛久沼へ。


 何の根拠も無いが、東谷田川でスピナベ巻き倒せば一匹くらい釣れるんじゃねー? と思ったのだ。


 13時、牛久駅到着。ここからはバスである。関東鉄道バスは旧式の車両。パスモなんかもちろんついていない。乗客は終点の「森が里団地」へ行くと思われる人々ばかり。全く縁もゆかりもない土地で地元の人と共にバスに揺られるのはなんだか不思議な気分だった。


 ボート屋「吉乃屋」前でバスを降り、茎崎橋橋脚から順次探っていく。全体的に水深が浅いことは分かっていたが、岸寄りは本当に浅かった。左岸を上流方面へ探っていった。10月とは思えないほど暑かった。相変わらず変なでかい鳥がいた。アタリ無し。


今回はこんなやつらも発見 幼鳥か?

b0121015_2226761.jpg



 上流へ向かって歩いていくと、道は農道になり、岸沿いに草木が繁っていて攻められるポイントが減った。それでも、そのうちの一ヵ所で小魚が追い回されるような動きをしている場所があったので、スピナベ以外にもポッパーやバイブレーション、最後の仕上げにバズベイトを投入したものの、アタリ無し。バスではないのだろうか。


 さらに上流へ。上流に行くに連れて農道の「雑草生い茂り度」が上昇し、轍が不明瞭になっていった。やがて、雑草の中から何が出てきても文句が言えない程になってしまったので遠回りして車道に出て歩いた。遠くに見える橋を目指した。


 この橋(房内橋)のたもとには駐車場があり、車が何台か停まっていた。川幅は茎崎橋周辺と比べるとかなり狭くなり、フルキャストすれば対岸近くまでとどいた。


房内橋から上流を望む 上流にも好ポイント

b0121015_22282974.jpg



 橋脚付近を観察してみると、バスらしき魚が。しかし、小型が多数群れている感じ。でかいのは居ない模様。カットテールかエグジグでも放り込めば一発で掛かりそうだったが、あいにく持ってきていない。仕方無いので、ワンズバグより一回り小さいイエローマジックを水面でちゃぷちゃぷやってみたら、興味は示すものの、昨日及び今日の午前中から蓄積されたプレッシャーからか、食ってこない。そもそも、食ってきたとしてもプラグではフッキングは無理かもしれないサイズ。テールフックのフェザーをゆらゆらさせてアピールしてみたが、ガツンと食ってくれない。


 もっといい型のバスを探して移動しようかと思いつつ、ちゃぷちゃぷゆらゆらを続けていたら、いきなりちょいでかバスが浮き上がってきた! しかし、興味を示しただけ。サイズも35cmあるかないかくらい。こいつも目の前にカットテールを落とせば食ってくれそうな雰囲気してた。もちろんなんら根拠は無い。


 それでもこのサイズもいることが分かったので、スピナベやバイブレーション、シャロークランクなんかでしつこくやってみた。特にグリフォンゼロでちょこちょこやってると、本当に食ってきそうなくらい近寄ってきたが、結局食わせられず。他に、真っ赤なSRミニにも好反応。


 この橋脚の攻防はかなりの接近戦で、小バスの群れと私は3メートルくらいしか離れていなかった。ちょっとでかいやつはもっと近かった。要するにやつらにも私の姿は認識されていたわけで、その分プラグで食わせるのは難しかった。動かし過ぎると移動距離が大きくなってすぐ足下まできてしまうし、止め過ぎても見切られるだろう。警戒されないために私自身がなるべく動かないようにしてみたりしたが、もう既に見えているので効果は無かったようだ。やっぱりスピニングも持ってくるべきだと思った。


 そうこうしているうちにどんどん陽が傾いていった。ばしゃん、がぼん、と近くで捕食と思われる波紋や音が聞こえた。こうなったらトップ一本勝負だ! …と、お決まりの短絡。


 結果、ほとんど陽が沈んだ18時までやってノーヒット。牛久沼、難しい。対岸でやっていたいかにも釣りそうなエバグリ色濃い感じのお兄さんもダメだったみたいだ。


 ただ、この橋脚から上流は釣り人も案外多いし、フローターが浮かんでいたり、アルミボートが数艇入っていたりしたので、有望なのだろう。岸からアプローチしづらい感は否めないが、ちゃんと朝早く来れば釣れるかも。


 さて、いろいろ言っても牛久沼四戦全敗。どこかで「落とし前」をつけなければ…。雄蛇ヶ池もしばらく釣ってないし相模湖でもでかいの釣りたいし…。


 季節外れの(?)宿題に悩まされている今日この頃です。


field:牛久沼・東谷田川(茨城県つくば市)
day:2009年10月4日
time:13時~18時
catch:ノーフィッシュ
rod:コルキッシュCKC-662M(ベイト)
reel:アンバサダーブラックマックス(ベイト)
line:フロロカーボン16ポンド(ベイト)
lure:スピナーベイト(ハイピッチャー1/2oz・SRミニ3/8oz)、ポッパー(ワンズバグ・イエローマジック)、バイブレーション(TN/50)

[PR]
by rikkyofishing | 2009-10-04 22:28 | バスフィッシング