about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

3月20日 鶴見川

3月20日 鶴見川


 強風が吹き荒れる連休初日、現在全敗中の鶴見川へ。


 新横浜までは電車、そこから約10分ほど徒歩。しかも、横浜までは定期があるので実に片道160円。釣り場まで安くなった。まあ、これは鶴見川が私にとって普通に魚を釣ることのできる「釣り場」であるならばの話だが。


 電車を降りると、休日の新横浜には人がたくさんいた。日本は豊かな国なのだ。横浜アリーナでイベントでもあるのか、日産スタジアムでサッカーでもやるのか知らないが、まともな人々を横目に一直線に鶴見川を目指す。


 正午開始。


 温排水エリアから新羽橋までをスライドスイマー115で探っていった。しかし、折からの強風で足場が少しでも高い場所ではルアーがまともに泳がず、苦戦。水位も低めで、ブッシュにも魚が着けなさそう。しばし、攻めあぐねる時間帯が続いた。


 14時過ぎ、対岸に移り、依然水位は戻らないまま、テキサスで撃っていくことに。


 バイズクローをセットしたはいいが、やはり攻められる場所が少ない。風もビュンビュン吹いていて、やりづらい。


 たまにスライドスイマーに付け替えたりしながら、亀の甲橋方面へと、釣り上がっていく。


 ところどころにコイはいるが、バスらしき魚は見えない。水温は上がってきたと思うので、シャローで姿をみるくらいはできるかと思っていたのだが、それもかなわず。そして、今日は一向に水位が上がらない。満潮が遅いのか。調べてくるべきだった。


 川は難しい。


 ラバージグにかえてみたが、なにも。


 夕マズメに勝負をかけるべく、徒歩で温排水へ。日が暮れるまでスライドスイマーを護岸際やブッシュ周辺、対岸周辺、水中ストラクチャー周辺を引き倒したが、ダメ。一度、どでかい魚が跳ねたが、ものすごく太いコイがいたのでそいつかも知れない。


 明日は早朝一雨くるそうなので、様子をみつつ、朝から震生湖に行こうと思う。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-20 21:16 | バスフィッシング