about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

5月3日 丹沢湖

b0121015_192485.jpg



5月3日 丹沢湖


 念願の丹沢湖初釣行。


 とあるプロショップのブログをみると、けっこう釣れているのだ。連休に入ってからも、40cm台の太いバスが何本か上がっているようだ。


 岸釣りが可能な地点を下見する意味も含めて、とりあえずボートで釣行。エレキのレンタルは行っていないので、手こぎだ。


 保土ヶ谷区から横須賀線、東海道線、御殿場線を乗り継ぎ、谷峨駅からはバスだ。けっこう地味に時間がかかる。


 バスの乗車時間は意外と短く、すこし走ったところでダムサイトが見えた。ここから丹沢湖各所をまわったあと目的地の焼津(やけづ)ボート乗り場へたどり着く。


 ボート屋到着。丸一日、ボートのみで4000円だった。高い。しかも、エレキなし。しかしながら、釣り人が非常に少ない。GW中とは思えない。これが芦ノ湖だったら、想像するだに恐ろしい人多すぎ+入漁料1200円という悪夢が待っているであろうことは想像に難くない。これで、でかいの釣れるんだったら、立派な穴場である。


 まず、中川の上流方面を探っていく。ボートでいける最上流部は、透明度がすこぶる高く、不気味なくらい深いことがみてとれた。クランクをキャストしまくる。


 しかし、魚影は「?」だった。物陰に隠れているのかも知れないが、姿見えず。小魚も見えない。深場に落ちてる、のだろうか? そもそも、丹沢湖ってワカサギレイク? 情報不足だった。


 スピナーベイトとバイブレーションで広範囲をスピーディーに探ってみながら、永歳橋下まで探りつつ、移動。しかし、地図で見てみると距離的にはほんのちょっとだ。玄倉なんか、地の果てに思える。さらに、なんだか水が濁っていて、良くなさそう。永歳橋下にあるというストラクチャーを探って、見事に外した。


 来たルートをギコギコやって戻りつつ、大仏大橋まで探ったところでちょうど正午くらいだった。最近、手こぎボートにも慣れてきた。…あまり、慣れたくはないのだが。


 午前中からたまに風が強く吹き、アンカーがない(水深深くて打てないからね)ボートは定位置を保つのが困難。なかなかうまく探れない。


 風は大体南の方から吹いていたので、流されながらうまいこと探れればいいのだが、入り組んでおりそううまくはいかない。


 中川橋の下の流れ込みに、コンバットクランク250をキャストすると、1キャスト目でガツンと何かがヒット! …が、次の瞬間、力なく、ギラギラしたものがボートに飛び込んできた。写真のニジマスである。きれいな魚体だった。持ち帰りの装備はないので、リリース。去年のコンバットクランク・フラットサイドで釣ったライギョやワンズバグで釣ったアメナマなど、私の場合、エバーグリーンのルアーは外道率が異様に高い。どういうことなのか、一度真剣に考えてみよう、…かと思ったが、不毛な気がするのでやめた。


 昨日の津久井湖を思いだし、(…夕方になったら上流に魚がさしてくるかも…)と、期待していたのだが、何も起こらず。


 ボート屋に戻ると、他の人は小型ながらも釣れてはいた模様。上陸後も岸からスピナーベイトをキャストしてみたが、ダメでした。


 空気がよく、景色がきれいなリザーバーは大好きだけど、水深が深くて魚の動きが読めないと非常に難しい。


 連休初日に釣った一碧湖ヨンゴーバス以来、バスは釣れていないが、昨日今日と外道は釣れた。明日はどんな外道が私を楽しませてくれるのだろうか。楽しみである。


field:丹沢湖(神奈川県)
day:2010年5月3日
time:8時30~17時00分
catch:ニジマス30cm
rod:コルキッシュCKC-662M
reel:メタニウムMg
line:ナイロン14ポンド(サンライン/マシンガンキャスト)
lure:コンバットクランク250、コンバットクランク・フラットサイド、モデルA6A、ブリッツ、ブリッツMR、ブザービーター、ラトリンジェッター、T.D.バイブレーション、など

[PR]
by rikkyofishing | 2010-05-03 19:02 | バスフィッシング