about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

11月26日 群馬のバス管理釣り場

11月26日 群馬のバス管理釣り場



 管理釣り場のバスを釣りに行ってきた。群馬のようにちゃんとした釣り場が少ない地域にはあるようだが、私はこれが初挑戦。


 ペレットではなく、バスのエサとしてちゃんとモツゴなどの小魚を放流していることから、ハードルアーへの積極的な反応が期待されたが、結果からいうとそれほど甘いものではなかった。


フックにかかった小魚

b0121015_1774080.jpg



 まず、9時から始めたのに午前中はほぼ無反応。


 ルアーはスピナーベイトやメタルバイブ、クランク、シャッドにファットイカと、いろいろやってみたが、結果に結びつかなかった。


 ブレイクに当てるといいようだったが、そもそも、「本当に小さな野池」といった風情で、なおかつ平日にもかかわらず釣り客もそこそこいて、プレッシャーは高そう。


 ここは何かひとつのルアーを信じて使いきるしかないと思い、シャッドに絞る。ハイカットを延々キャストしていたら、13時過ぎようやく25cmくらいのバスが釣れた。次に、40cm弱のすこし大きめ。こちらもハイカット。しかし、天然のバスに比べて管理釣り場のバスはあまり引かないのが残念だ。


 M-1インスパイアミノーで2回バラし。両方まあまあのサイズ。


 ベビーシャッド50で30cmちょいを追加。15時過ぎで時合いに入ったのかは周囲でもあちこちで釣れていた。


ベビーシャッドで釣れた

b0121015_1764420.jpg



 ハイカットに戻してもう2本。


 冬のバス釣りは釣れないが、だからといって管理釣り場というのはどこかすっきりしないものなのだなということがよくわかった。


 「1日にたくさん魚をかけることでやりとりの技術向上をはかる」など、なんらかの意味や理屈を求めないと、1日過ごすのはキツいだろうなというのが感想。ただ、私でも5本は釣れたのでやっぱり普通の釣り場よりは断然釣れる。


 バスは目の前の水中にたくさんいるのに、結局シャッドでしか攻略できなかった。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-11-27 03:43 | バスフィッシング