about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

5月5日 早川港

5月5日 早川港


 短時間の予定で早川へ。


 日がくれる頃、港到着。相変わらず人多め。


 有料道路下の、早川側の岸壁からエギをシャクる。しかし、あまり海草の気配がない。まあ、いいか根掛かりしないし、などと考えつつ、二段シャクリを繰り返していた。隣のアングラーはルアーだが、エギではなくライトゲーム系。


 ダメかなぁ、と思いつつ、シャクリを入れた次の瞬間、グキっという謎の感触。だが、根掛かりじゃない! 動き出してるじゃねえか!!!


 ギュンギュン引き込む引き。なかなか寄ってこない。もしや、変な魚の背ビレにでも引っ掛けたか……。


 ドラグを強め、なんとか巻いて来ると、足元でビシャッ、と。


 ライトを当てると、イカだ!! 足をウネウネさせてる! 



 しかし、少し重すぎる。これは上がるかなあ、と不安ながらも、ガッチリ足数本にフックがかかっていたので、スプールを押さえてゆっくり抜き上げ。


 ドサッと足元に横たわったのは、けっこうでかいイカ。


写真を撮ったが、逆向きだった・・・

b0121015_14263877.jpg



重たかった

b0121015_14325865.jpg



 いや~、よかった! 狙ってる魚(あるいは、イカ)が釣れるってのは、うれしいことだ。


家に帰ってから、頭の長さだけ計測

b0121015_14335727.jpg



 しかし、早川でもちゃんと釣れるんだなあ。近くを通りかかったおじさんは、「最近、あんまり見ねえだな」的なことを言ってはいたけど、やっぱり居ないことはない。


 周囲にいつの間にか集まって来た人々には、「いやあ、釣れると思ってやってなくて。ビックリしましたあ」と、コメント。近くの親子連れも「でっかいですねえ」と賛辞。「もう釣れたから、今日は帰ろう」(←大嘘)と呟きながら、スチロール箱クーラーを買うべく、FBC(Fishing Bait Centerの略である)へ。クーラーと氷をくださいと言いつつ、アオリが釣れたんですよ~と話しかけると、おじさんは一言……


 「そりゃー、釣れるでしょうね。」


 ……ずいぶん、そっけねえねっかや(←新潟弁)。


 クールダウンした私は、まだ釣れるかもしれねねっか、と、釣れた地点の対岸へ。整備されてはいるが、手すりがあるためロッドをシャクったりするのはやや不便。ここには、アオリ狙いの人が3人も。エサ屋のおじさんが言うとおり、普通に釣れるのだろうか。


 釣れたのが、やや軽いシャクリだったので、軽くシャクる。しかし、当たらない。


 思えば、この日は無風でほとんど波もない絶好のアオリ日和。今後のためになるべく多くのデータをとっておこうと、水温を計測すると、15~16℃。そんなに高くはないと思うが、十分?


 潮回りも帰ってからちゃんと調べよう。(調べていなかったのだ)


 アオリはお刺身にしよう。


※追記:帰宅後、情報をチェックしたら、こんなサイトが出てきた。むしろ、今回の早川港は「絶好調」なのだとか。

上州屋秦野店のページ

エギにはやや反応が悪いものの、ヤエンの釣果はなかなかのものらしい。だったら、しばらく通おうかな。「絶好調」の割には人は少ないと思うし。



釣果:アオリイカ(甲長23cm)
ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号+アプロード/ソルトマックス・エギング単層リーダー2号
エギ:シマノ/エギザイル3.5号(アジオレンジ虹色テープ)

[PR]
by rikkyofishing | 2011-05-05 21:07 | エギング