about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

9月25日 江之浦港

9月25日 江之浦港



釣果:アオリイカ胴長10cm程度×1
参考:乗りきらない極小アオリがたまに見えた



 懲りずに連休最終日も江之浦へ。


江之浦港

b0121015_16404848.jpg



 昼過ぎ到着。釣り人はまあまあたくさん。釣りができそうなのは、家族連れが入らないテトラか、いっそのこと堤防根本付近。流れてきたゴミで釣りづらいが、エギをシャクってくると、イカが! 浮いてきて、エギをちょんちょんさわろうとしている。いまにもハリにかかりそう! なのに、釣れない。なぜか? あまりにも小さすぎるのではなかろうか。使っていた2.5号のエギよりも胴長が短そう。一度、ビクンッと手元にまでアタリが伝わってきたが、かからない。あきらめて、遠くにキャストしてシャクってくる。


b0121015_16454165.jpg



 先日、和歌山の釣り人に教えてもらったバイオレンスジャーク的なものを試したり、いろいろシャクりかたを変えてみた。が、たまに足元から出てくる極小アオリ以外、反応なし。リーダーがなくなりそうだったので、漁港の真上にある釣具屋「小田原マリン」へ。デュエルのやすいリーダー(というか、ハリス)を買って釣り場に戻る。


わけのわからんでっかい魚が流れていた。バラムツかなにかか?

b0121015_164031.jpg



b0121015_16461263.jpg



 台風の影響なのか、まだ潮は濁っている。そして、堤防外側は風があって、波も少しある。泳力の小さな秋イカは、穏やかな堤防の内側、水潮の影響を受けないボトム付近に多いであろうというのが妥当な線だろう。堤防中央部、変な「塔」みたいなものの横からキャストしてでしばらくステイ。一度目の二段シャクリを入れて、またステイさせ、次のシャクリに入ろうとしたとき、ぐんぐん引き込まれた。


 墨を吐きながら上がってきたのは、小さなアオリイカ。写真を撮ってリリース。


個人的には関東初秋イカ

b0121015_16414546.jpg



ガッツリかかっていた

b0121015_16422194.jpg



当初、緑色の妙なカラーだと思っていたが、腹が赤い。いい感じにコントラストを出していたのだろうか。

b0121015_16432871.jpg



これは、O.S.Pの東日本大震災復興支援バンド。これをつけていると最近釣れる。

b0121015_16441892.jpg



 これから暗くなり、状況好転かと思いきや、その後は無反応。エギを変えたり、場所を変えたりしてみたが、ダメだった。もっとたくさん釣れるといいのだが。


いつものセフィアCI4

b0121015_1644482.jpg




ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン :サンライン/PEエギHG 0.8号
リーダー:サンライン/エギリーダーFC
スナップ:ブリーデン/スナップM
エギ:カンジインターナショナル/クリックス・プロスペック3.25寸、ダイワ/エメラルダス・ダート2.5号、ヨーヅリ/アオリーQエース2.5号&3号

[PR]
by rikkyofishing | 2011-09-25 21:34 | エギング