about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

6月2日 江之浦港(神奈川県小田原市)

6月2日 江之浦港(神奈川県小田原市)




b0121015_12209.jpg




(ブログには詳細を書かない釣果)
●5月29日 利根川の水路(千葉県香取市のあたり)
アメリカンキャットフィッシュ30cm×1
今回も日帰り出張の帰りに寄ってみたら、なぜかバスもギルも微妙な感じ。最後の最後にセンコーのワッキーがけでアメナマ。意味不明。



釣果:アオリイカ1キロ弱×1


17連敗からの、3週連続でアオリイカをキャッチ

b0121015_11325547.jpg



そしてエギは全部エギ王Qライブ

b0121015_11365645.jpg



 いつものように横須賀線と東海道線を乗り継いで江之浦港へ。伊豆多賀~網代や沼津方面など、ほかの釣り場でもよかったのだが、今年の17連敗や昨年の春イカがわずか3杯で終了してしまったことなどを総合的に考えると、ろくにエギングをわかっていないくせしていろんな釣り場に行きすぎなのではないかという気がした。そこでこの春はちょっと江之浦港に通いこんでみようかということになったわけである。


 同じ釣り場でも、毎週全く同じ釣り人が釣りをしている訳ではない。同じ釣り場に対する多様なアプローチを定点観測し、そのなかから釣れる釣り方を抽出するのが狙いだ。


 薄暗くなりかけた江之浦港に着いてみると、早速エギをロッドにぶら下げた人々が港をうろうろしていた。これはいいスポットに入るのは困難か……と思ったら、偶然外側テトラの先端部から二番目か三番目くらいの足場が空いていた。迷わず入る。周囲を見渡すと、外側テトラの人の入りかたはだいぶ正常化したように見えた。どこかの釣果情報の勢いに陰りが出始めたのだろうか。風も波もなく、かなりエギングしやすい陽気なのに、……理由はわからない。


 最初に結ぶのは当然ヤマシタ/エギ王Qライブ。ここ2週間で釣果をあげているエギだ。また、カラーも実績のあるオレンジ系。とりあえず、一番最初に結ぶ「パイロットエギ」ができたのは嬉しいことである。


 キャストして、フォールさせ、二段でシャクってくる。足場寄りはやはり海草の密度がキツめなので、沖目で時間をかけて探る。沖目でしっかり探ったなと思ったら、早めに回収する。しかし、反応はない。


 横方向へのダートをさせるべく細かいジャークを連続して入れたりもしてみたが、すぐには反応なし。気長に回遊を待つことにしたが、そうはいってもだんだんと周囲の闇の密度が増してくる。エギの動きを単調にしないこと、なるべくフォールの時間を多くとること、それぞれを意識してシャクる。


 しばらくたって、ラインに手をかけてフォールさせているとティップが沖合いに向かって引っ張られた。即座にアワセを入れた。


 ガチン、という音がしてドラグが回転しはじめ、ラインが不規則に引き出されていく。会心のフッキング。だいぶ遠くでヒットさせたので、寄せてくるのには時間がかかったが、足元の根にとられる前に水面に顔を出したのは体色をまっ茶色にしたアオリイカ。そこそこいいサイズだ。


 取り込み時、アオリイカがテトラに触れ、吸盤でひっつかれるというアクシデントがあったが、タコほど吸盤にパワーはないようで、すぐに外れた。今回はイカギャフでエンペラに引っかけて足元のテトラにズリ上げ。


 1キロは間違いなくあるであろう見事なアオリイカ。素晴らしい!


 写真を数枚撮影し、今回はアオリイカはリリース。


 その後もしばらく粘ったが、完全に暗くなってからはアタリもなく、また周囲のエギンガーにも釣果はなかった模様。ただ、いくらまずめに分があるとはいえ、夕まずめから次の朝まずめまではだいぶ間隔が開く。おそらく夜にも時合いがあるのではないかと思うのだが、今日は釣れたし明日もあるのでそこまで深追いはせずに21時前には江之浦港を発って電車で帰宅。

 
 とはいえ、今回も夕まずめの釣果。前回の東伊豆と前々回の江之浦港は朝まずめ。今年の傾向なのか、この地域の傾向なのかは不明だが、やはりまずめに分があるようだ。


ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ハンドル:リブレ/アヴェントゥーラ
ライン:サンライン/PEエギHG0.8号
リーダー:クレハ/フロロハリス2.5号
スナップ:ささめ針/道具屋さん エギスナップM
エギ:ヤマシタ/エギ王Qライブ

[PR]
by rikkyofishing | 2012-06-02 11:58 | エギング