about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

6月16日 江之浦港(神奈川県小田原市)

6月16日 江之浦港(神奈川県小田原市)



釣果:アオリイカキロアップ×1



今回はいつもの足場が取れず、取り込みには苦労した。腕を吊りながらなんとかランディング

b0121015_7384490.jpg



 前夜終電で入って、いつもどおり夜通し。根府川駅から墓地の横の坂を下って釣侍小田原店の横へ出る。でもやっぱり真夜中はほぼアタリなし。ただし、先端付近に入っていた人はビニール袋に入れたアオリイカを持っていた。


 明け方、久々の感触で、(多分)キロアップ。いや、あると思うんだけど。ロッドに感じたかすかな違和感に瞬時にアワセをいれるとドラグが急回転。


 今回はいつも入っている足場に先行者があり、割れたテトラを乗り越えていくような、普段の私ならいかない多少無理がある足場からのヒット。取り込みも、ギャフの長さが足りず、足元のテトラにイカが吸い込まれそうになりながらかなり苦労した末にランディング。おそらく1キロはあり、持ち帰ってもいいと思うサイズだが、写真を2、3枚撮っていたらテトラの斜面をずるっと滑って逃げられてしまった。


 ハカリは持っていたけど、ポロリしてしまい計ってないため自信はないが、キロ弱くらいはたしかにあったはずである(やたらと強調する)。


 ヒットエギは、ハリミツ/墨族3.5号のオレンジ系。


 やっぱりオレンジ系はテッパンなのである。墨族とエギ王Qライブはオレンジ系買いだめしておこうか。


 そして、ヒットしたのは周囲が明るくなりだした午前4時15分。今回も明け方、もうダメなのかと思った頃だった。本当に釣れるか釣れないか紙一重。うーん、チャンスはほんの一瞬だ。


チャンスタイムは本当に一瞬。とにかく、一瞬。

b0121015_7412964.jpg




ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ハンドル:リブレ/アヴェントゥーラ
ライン:サンライン/PEエギHG0.8号→バリバス/アバニエギングプレミアムPE0.8号
リーダー:デュエル/喰わせフロロ2.5号
スナップ:ささめ針/道具屋さん エギスナップM
エギ:ハリミツ/墨族3.5号

[PR]
by rikkyofishing | 2012-06-16 04:59 | エギング