about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

12月23日 江之浦港(神奈川県小田原市)、小坪港(逗子市)

12月23日 江之浦港(神奈川県小田原市)、小坪港(逗子市)


 デイでの釣行。デイで江之浦に来たのはたぶん1年ぶり。日中も釣り人は多いが、やや適当に投げていたりウキを浮かべていたりと、牧歌的な雰囲気。


 夜釣りはラインが見えないから苦手だが、デイもあんまりイカが釣れる気がしないから苦手だ。←どうしようもない。


 そういえば、会社の先輩によると、江之浦のテトラはオバケが出るらしい。地方出身の私はぜんぜん知らなかった。しかも、神奈川の釣り人なら知らない人はいないくらい有名な話らしい。キャストするとき振り返るといるらしい、とか、漁港の隅にあるゴミ箱で何かあったらしい、とか。ただ、米神と混同しているフシもあるとかないとか。


 少なくとも、私は江之浦のオバケには出くわしたことはない。私は、心霊的な、スーパーナチュラルなものを全否定するほどに科学万能主義ではないが(そもそも非科学的なものを十把一絡げに否定したがるというのは、団塊世代的、20世紀的知識人のあり方であり、なんか古い感じがする)、そうかといって、私のような俗物には見えやしないだろうとも思っている。


 釣り人には、よく、したり顔で霊的体験を語る者がいるが、おめーなんかにはぜってー見えねえから、といってやりたいのをこらえながら、優しい私は話を聞くふりをして差し上げることにしている。


 そもそも、釣れる釣り場にはオバケが多すぎるのである。大体いる(……ことになってる)から、オバケ。江の島しかり、横浜の福浦しかり、江之浦、米神、根府川大根、……オバケ放流してんじゃないかってくらいだ。


 まことに遺憾ながら、私はそのいずれの釣り場でもオバケを見たことはない。


 話がだいぶそれた。今日は何も釣れなかった。本当は、前日の土曜日に来るつもりだったんだ。なぜかというと、雪が降るかもって予報だったから。


 雪降ってるなかエギングしてるとか、なんかカッケーじゃん?


 でも、雪は降らなかった。雨がずっと降っていた。12月の、しかも、後半の、雨というのは辛い。冷たい。雪の方がまだいい。iPhoneやカメラが壊れたら嫌だなあと思って、昼過ぎには雨は止んだんだけど、結局、一日中寝てた。


 釣りには行きたいと思ってたんだけどね。


 その証拠に、この日は、朝起きたらすぐに準備をして家を出た。私は平日でも休日でも9時には目が覚めるようになっている。徹夜とか特殊な場合は除いてね。


 でも、江之浦に着いてみて、なんか気合いが入らない。いつものことだから、とにかくシャクって、なんらかの反応があるか、体が温まってくるかすれば、やる気も出てくるだろうと思っていた。だけど、その両者ともに私には訪れることがなかった。悪いことに潮回りなんかをチェックしてしまい、午後はだだ下がりで、しかも、22時頃にかけてかなり潮位が低くなるという。つまり、終電まで粘っても望みは薄いということだ。翌朝まで粘ればワンチャンあっただろうけど、いかんせん、普通に9時に起きてしまっている。無理だ。メバルも気になる。


 早々にリタイア。


b0121015_16233928.jpg

b0121015_16234695.jpg

b0121015_16234740.jpg

b0121015_16234891.jpg



 釣れなかったのでメバルに移行。悪い流れだ、


 小坪へ。かすりもせず。早々に帰宅。


 そもそも、なぜ、このタイミングで、一度も行ったことのない小坪を選んだのか。


 根府川駅から国道に降りたところのゴロタの方がまだよかったのではないか。


 思い巡らす年の瀬であった。
[PR]
by rikkyofishing | 2012-12-23 16:19 | エギング