about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:バスフィッシング( 113 )

6月14日 牛久沼

6月14日 牛久沼


 懲りずに二日連続牛久通い。

 
 稲荷川を重点的に探ることに。


 ルアマガによれば夏場は上流で50オーバーのランカーの実績が高いとのこと。まだ、「夏場」ではないが、十分暑いので上流方面へと移動しながらラバージグ、スピナーベイトなどで探っていく。キャストはだいぶマシになってきた。オーバーもちゃんと決まるようになってきた。陽射しが高いうちは対岸のシェードを狙う。


川はこんな感じ

b0121015_22314895.jpg



流れ込み 直接入っているので場合によってはこういうポイントにキャストもあり?

b0121015_22365137.jpg



 釣れない身でこんなことを言うのもなんだが、稲荷川は実に教科書的なポイントで、水門や橋下、オーバーハング、ブッシュなど打つべきポイントが非常に豊富だった。その上土手は背の高い草に覆われており、釣り人が入れるポイントが少ない。意外とプレッシャーは低いかもしれない。しかし、釣れない。そして、コイが多い。しかもでっかいやつ。コイの方が勝ってる感が否めない。上流へ上流へと移動していくと、趣が一気に変わってしまった。


稲荷川上流部 確かになんかいそうではある・・・

b0121015_22354738.jpg



 葦際からバスが飛び出てくるのを期待したが、何も起こらず。さらにコイが多くなる。そして、ここでランカーが釣れても取り込めないことに気づいた私は下流へ移動。川幅の広い牛久沼への河口部を探ることにした。もちろん途中で気になるポイントはスピナーベイトやバズベイトを通したのだが、結果は出ず。


 だんだん空が暗くなり、雲行きが怪しくなっていった。しかも遠くでゴロゴロいってる。夕立がきそう。こういうときのほうが釣れる気がする。夕マヅメに期待か。


 18時半頃まで粘ったのだが結局ノーフィッシュ。ロッドを片付けた後に最下流の三日月橋の下でバスと思われる捕食シーンに遭遇。ちゃんと魚はいる(当然だが)。雨に降られながら牛久駅まで歩いた。


 ・・・ と、言うことで結局今日も丸ボーズ。バス三連敗。ヘンな鳥を見つけることには長けているがルアー釣りにはやはり向かないようだ。ザリガニでも探してボーズのがれをすればネタにはなったのにそんな余裕すらなかったという、…微妙な感じの週末だった。


前日東谷田川で見つけた変な鳥 カモの仲間と思われるが普通のカモの倍ほどの大きさで私が近寄ってもあまり警戒せず堂々としていた。そして周辺には数羽いた。

b0121015_22463381.jpg



 牛久周辺は隣の佐貫駅から徒歩圏内に小貝川という割と名の知れたポイントもあり、いろいろと面白そうだ。また周辺の有名ポイントでは印旛あたりも一応押さえておきたい。でもその前に牛久でなんとか釣りたい・・・
[PR]
by rikkyofishing | 2009-06-14 22:46 | バスフィッシング

6月13日 牛久沼

6月13日 牛久沼


 免許合宿で山形に行っていたときに買ったルアマガに牛久沼が載っていた。都内からもそれほど遠くなく、駅からも近い(ように見える)。


 相模湖が深くてクリアで捉えどころが無い感じだったのに対し、牛久沼は典型的な「マッディシャロー」。水深は深いところで2メートルほどとのこと。陸っぱり、ボートともに牛久沼そのものよりは流入する河川の周辺、葦・橋脚などの障害物周りがポイントとなる。これなら魚も見つけやすそうだし、アプローチもしやすそうだと思った(思っていた)。


 始発で向かうつもりが寝坊し、池袋から山手線と常磐線を乗り継いで牛久に着いたのは正午頃。最初は牛久沼に流入する陸っぱり専用ポイント稲荷川に入る。しかし、地味に駅から遠かった。住宅街を通り抜けると田園地帯、小高い丘のふもとに稲荷川。風景は予想以上に田舎な感じだった。イメージとしては子どもの頃よく遊んだ、母親の実家のある町のはずれみたいな感じ。誇張ではなくそこらへんにザリガニが歩いてそうな感じだ。


どこにでもある首都郊外のベッドタウンだと思っていたら・・・

b0121015_221526.jpg



 早速スピナーベイトをキャストして歩くが反応が無い。魚影は大体がコイだった。たまに、「バスの捕食音か?」と思える音が聞こえたり、水しぶき・波紋が広がったりはしていたが、バスの姿は目視できない。


 確かに、浅い分狙うポイントははっきりしているが、当然のことながらその分バスはシビアになってもいるのだろう。特に日中は。やはり早起きは必須か。


 そしてこの稲荷川なのだが、いくらなんでも浅すぎじゃないか、と思ってしまい、ボートに乗って釣ることを思いつき、ボート屋を探す。そして、迷子になる。


 稲荷川と東谷田川の間をさまよっていると自転車に乗ったお兄さんに、いきなり、「今日は暑いですね!」と声をかけられた。すごくフレンドリーな人なのか、それとも誰か知り合いと間違えたのか。自転車にしてはけっこうなスピードで彼は去っていった。


 確かにすごく暑かった。何か飲みたくても自動販売機すらなかなか見つからなかった。都心から一時間でもこんなところがあるのだなあ、と、なんだかちょっとエラそうだが、そんなことを思いながら東谷田川を目指した。


ようやくたどり着いた茎崎橋 ライギョが釣れていた

b0121015_2225421.jpg



 暑さで方向感覚を失いながらも、長年の経験(?)から「水の匂い」(これも謎)をかぎ分け、一時間弱の放浪の末、東谷田川に到着。ボート屋を発見したものの、もう時間が無いのでボートに乗る気をなくし、一応メジャーポイントだという橋周辺を陸から狙う。ボートから狙っていた人がライギョを釣る。見慣れないヘンな鳥を発見する。ラバージグを何個か無くす。私にはなんも釣れない。最後はバックラッシュしたまま牛久駅行きのバスに乗り込み本日の釣り終了。


 本屋のバイト仲間との飲み会のため池袋へ。待ち合わせまでには若干時間の余裕があったのでラバージグ数個とシンカー、フックなどを上州屋で仕入れ、東口のピーパル横でアンバサダーのバックラをほどいていると、上州屋でエサを買ってきたというおやっさんに声をかけられしばらく話をした。なんでも、今日も川越のびん沼で20枚ほど釣ったそうで(野池で20枚ってなかなかじゃないか)、コップ酒とつくね串片手に上機嫌だった。この「びん沼オヤジ」には川越方面のバス事情を教わり、最終的には「釣りたければ河口湖」という、至極もっともなアドバイスをいただいた。釣りをしているといろいろな(オヤジとの)出会いがあっていいですね。


 飲み会では久々に会った後輩たちに「KANさん太りましたねー」と、釣れない一日のトドメの一撃を喰らう。


 牛久は池袋から片道950円。大磯より安い(別に近くはないけれど…)。バス釣りで通い込むならここかもしれないな、と思った。


*牛久駅の発車メロディーは何故かレ・シャンゼリゼとグリーングリーン。水戸方面がレ・シャンゼリゼで上野方面がグリーングリーン。なんか関係があるのだろうか…


*そして河童で有名な牛久沼最寄の牛久駅西口は別名「かっぱ口」。今回は残念ながら河童との遭遇は無かった。(もしや、自転車のお兄さんが河童?!)
[PR]
by rikkyofishing | 2009-06-14 22:22 | バスフィッシング

6月7日 相模湖本湖

6月7日 相模湖本湖


先月よりバス釣り歴5回でバス釣り絡みの仕事をしている私。


いくら末端とはいえ、バス釣り歴5回ではあまりにもお粗末。そんな事情から相模湖へバス釣りに行ってきた。


相模湖

b0121015_21513369.jpg



陸っぱりポイントが少ないので必然的にボートからの釣りとなる。今回は予算の関係上ローボート。キツかった・・・

b0121015_225448.jpg



釣れない、非常に釣れないといわれる相模湖。とある雑誌のバックナンバーで有名バスプロがボーズを喰らってたくらい、難易度の高いポイントだ。


「無謀だ」


「相模湖は1匹釣れたらプロ。バス釣り歴5回の貴様ごときに釣れるわけが無い」


「霞ヶ浦か山中湖にしとけ」


「このド素人めが」


「テメー今頃・・・」などといった周囲の制止を押し切って行ってきたわけだが、案の定「丸ボーズ」


それでも終盤、夕方4時過ぎころスピナーベイトに小バスのチェイスがあったり、バスの捕食を目撃したり、ボート屋の桟橋付近でベイトフィッシュを追いかけるバスを見たり、魚自体はいなくもないじゃないか、と思った。何回か通ってみればおもしろくなってくるんじゃないかなあ。(とかなんとか言って大磯並みに通い出して結局釣れなくてドツボにはまったりして)


(小バス)ボイル散発ポイント

b0121015_2141549.jpg



実は今回初めてベイトタックルで釣りをした。最初は毎投バックラッシュしていたが徐々にまともになっていった。コツをつかんでからはサイドキャストでならば割とピンポイントに決まるようになった。安いリールなのでメカニカルブレーキがイマイチな気がして仕方なかったが、最初からメタニウムやカルカッタを買うわけにはいかないし(大体そんなにバス釣りするかわからないし)、やむを得まい。ちゃんと投げられるようになりたいものだ。


今日は一日中ボートをこいでいたので、腕が痛い。そして一日中ボートに揺られていたので、体の中心がまだ揺れ続けているような感覚がある。


初ベイト 値段で選びました

b0121015_21524417.jpg



タックル
ロッド:コルキッシュCKC-662M(メジャークラフト)
リール:アンバサダー・ブラックマックス(アブガルシア)
ライン:トライリーン12LB(バークレイ)
ルアー:ZARA SPOOK(ヘドン)、久遠(ジャクソン)、ラバージグ、その他



ボートの係留はもちろんコレ

b0121015_2215962.jpg

[PR]
by rikkyofishing | 2009-06-07 21:55 | バスフィッシング