about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:エギング( 70 )

5月28日 早川港

5月28日 早川港


 雨が降っていたが、それほど大降りではなかったのでエギをシャクリに今日も早川港へ。釣り人はほとんどいない。やはり、雨はアオリイカにはよくないのだろう。



 早川港へ向かう途中のセブンイレブンが今月末で一時閉店し、再開は7月になるらしい。来月入ってからの徹夜は少し厳しいかな。


 ただ、風などはなく、雨さえ我慢すれば釣りはできそうだった。夕方18時過ぎから、シャクリ開始。



 22時頃までやって、結果、ノーヒット。途中、ウミウシがかかったときは、重いだけだったが、薄暗いなかでみえたボディの質感がやや似ている(?)こともあり、一瞬だけ神の存在を意識した。ほんの一瞬だけ。


 ああ、アオリイカ釣りたい!!



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:サンライン/PEエギHG0.8号
リーダー:アプロード/エギング単層リーダー2号
エギ:シマノ/エギザイル、ヤマシタ/エギ王Qライブ

[PR]
by rikkyofishing | 2011-05-28 22:46 | エギング
5月21日、22日 城ヶ島周辺


 京急と京急バスを乗り継いで、城ヶ島へ。観光地なので、割とバスの本数はちゃんとある。一日に二本くらいではあるが。


爆風で入る気を失くした磯

b0121015_16534513.jpg



風向き的に無理だったが、本来ならこの堤防も狙い目? 奥の堤防はゴムボートでしか渡れない

b0121015_2027133.jpg



もっとも、これだけ離れているだけで、なにかが起こるとも思えないが

b0121015_20323676.jpg



 16時頃、城ヶ島到着。予報の通り、南風が強く、京急ホテル下などの磯は無理っぽいが、城ヶ島バス停がある商店街のようなところの近くに岸壁があり、正面の三崎港方面へキャストするかたちならば、釣りにならなくはなさそうだった。とりあえず、城ヶ島というか三崎近辺に来たということで、マグロを食べることに。あまり高くなさそうな食堂でマグロ丼(大盛)とイカゲソの天ぷらを注文。さほど忙しくない時間帯のようで、店のおじさんがいろいろと話しかけてきてくれた。オレンジ系のカラーがいいぞ、ということを言っていた。


三崎名物マグロ丼。しかし、ここは三崎ではなく城ヶ島だ

b0121015_1652345.jpg



イカゲソの唐揚げ

b0121015_16525770.jpg



城ヶ島バス亭近くの食堂兼土産物屋

b0121015_20254796.jpg



 とりあえず岸壁に出ると、釣り人がたくさん。エサ釣りで、イワシを狙っていたのだろうが、やたらとアイゴが釣れていた。そのまま、城ヶ島大橋方面へ東へ東へ探っていった。途中、イケスやスロープ、漁港などよさそうな変化があったので、チェック。しかし、特に反応はない。イカは日中でも釣れるといわれているが、いまのところ日中にイカの反応があった試しがない。


釣り人はたくさん。しかし、釣れていたのはアイゴ

b0121015_16571078.jpg



よさげなイケス。だが、混んでいた

b0121015_16552946.jpg



小さな堤防などもあり、変化はある

b0121015_20282999.jpg



北原白秋の歌碑。古文得意だったけど、何が書いてあるかはイマイチわからない

b0121015_20312971.jpg



 新潟造船の岸壁へ。到着そうそう、割と大きなメジナがタモ入れされていた。岸壁からキャストするとかなり海草がしつこいはずなので、堤防へ。ちょっと風が当たってやりづらいが、他にもエギの釣り人が二名ほど。天気さえまともなら、一晩粘ればなんとか釣れそうではある。


有名な新潟鉄工所裏

b0121015_1657485.jpg



 日が暮れてきたため、再び城ヶ島バス停近くの岸壁へ。


 しかし、イワシ狙いのサビキのファミリー釣り場的雰囲気から様子は一変。ややマジな感じのカゴ釣り師、そして何よりエギングの釣り人がかなり狭い間隔で入っていた。そんなに釣れるのだろうか、いやいや、裏磯で釣りができないから、風向きでこちらに流れただけだろうか、等々と考えながら、入れる場所を見つけて、キャスト。風は背後の建物に遮られ、あまりないが、時折南西の風が混じり、そうなるとキャストしづらかった。しかし、水面を見ると、アオリイカ出はないが、極小のイカが水面近くを泳いでいて、もう少し小さなエギを持っていれば、なにかがありそうだった。水温は、18℃あった。水温としては、イカにスイッチが入ってもおかしくない水温だ。


今回のタックルもセフィアCI4

b0121015_16592112.jpg



 ここで奏氏が登場。横須賀でシリヤケイカを狙っていたが、人が多すぎて釣れなかったという。とりあえず、足元のイカを小さなエギで狙ってもらうが、追っては来るみたいだが、かからない。よくよく見れば岸壁にはヒイカ系の小さなスミ跡が多数。ヒイカは漬けなどにすると美味しいのだという。小さいエギも買うか。


 ファミレスでしばし休憩のあと、再び岸壁へ戻ってきたのだが、やはり南西からの風でキャストがしづらい。最終的に、田中堤防と通り矢堤防周辺へ。ここで奏氏は帰宅。日付が変わる頃だった。


 今日は新調したラインで釣りにのぞんだ。サンライン/PEエギHG。8の字ぐるぐるノットでフロロ2号のリーダーで結束すると、放出もスムーズでかなりいい感じ。しかし、PE ラインはどれも最初はいいのであって、今後にこそ注目したいところである。


 風が吹くと背後の工場からガチャンガチャンと不気味な音がして嫌だったが、エギを変えながらキャストを続けた。しばらくして、午前2時を回るとなぜか人が少しずつ増えてきた。二人組はエギングだったようで、田中堤防の先端からキャストしていた。流れと風がキツいと言っていたが、根気強くキャストをしていた。3時から4時の徐々に明るくなってくる時間帯にはさらに人が増え、フカセのついでにエギを投げていた人が、乗ったがバラしたというようなことを言っていた。


 5時頃、夜が明けると風は少し弱まった。田中堤防の上を観察すると、新しい感じの、スミ跡が二ヶ所。夜間はあまりこちらには入らなかったが、やはりこっちだったか。


夜明けを迎えた三崎港

b0121015_20335429.jpg



新しめのスミ跡が数か所

b0121015_1725394.jpg



田中堤防から通り矢堤防をのぞむ

b0121015_1733145.jpg



 クラゲがイカに見えるくらいに疲労してきたので、朝からの予定は無視して帰宅。



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:サンライン/PEエギHG
リーダー:アプロード/エギング単層リーダー2号
エギ:シマノ/セフィア・エギザイル、ヤマシタ/エギ王Qライブ、フィナ/超動餌木乱舞V3、ヨーヅリ/アオリーQ ネオ(基本的に3.5号、乱舞V3のみ4号も)

[PR]
by rikkyofishing | 2011-05-22 20:20 | エギング
5月14日、15日 初島



 アオリイカの大型が釣れているとの情報から初島行き。


 日中のみで日帰りも考えたが、単独だし、どうせだったら長く釣りしたい。ということで、徹夜コースへ。


まず、島をぐるりと一周してみた。こういう景色は島っぽくていい

b0121015_2022055.jpg



干してある網の背後には畑が。「地産地消」な風景

b0121015_20232810.jpg



林芙美子の記念碑的なもの

b0121015_2024441.jpg



ひさびさのイルドバカンス号。今回は3世号

b0121015_18441534.jpg



 しかし、現地についてみると、暴風で辛うじてエギを正面に投げることはできても、あっという間にラインに引っ張られて岸壁と平行にシャクる感じの、超悪条件。熱海へ向かう最終船を見送り、覚悟を決めた私は、まず夕食を食べるべく、初島第一漁港周辺の食堂へ。しかし、全部シャッターが閉まっていた。はて? 初島には「バブルの象徴」として悪名高い(?)エクシブ初島以外にも、民宿が20軒以上あり、食堂をかねているものも多いという前情報だったのだが、ほとんど全部シャッターが下り、シーンとしていた。灯りがついていた店に電話してみると、予約でいっぱいとのこと。どうも、初島の民宿兼食堂は漁師がやっているため、朝が早いことから、夕食の営業には積極的でないようだ。また、一軒一軒の規模が小さいため、夕食はほぼ予約が必要みたいだった。スーパーもすでに閉店。まさかの、夕食抜きで徹夜釣行。キツ……笑


風ビュービュー、プラス晩メシ抜きの「タコ殴り」状態(笑)

b0121015_1838382.jpg



初島第一漁港と定期船「イルドバカンス3世号」。因みに、島の人によると、2世よりも3世の方が速いそうな。

b0121015_21565110.jpg



 島の木々がザワザワと音をたて、不穏に夜が深まっていくなか、私は歩いて初島第二漁港へ。ここは数年前に学釣連の磯釣り大会で来て以来。確かあのときはけっこう釣れて竿をもらったような。ただし、その時釣りをした堤防外側テトラはかなりキツい配置のテトラで夜は危険。堤防内側で竿を出すことにした。現場にはすでにおじさんが5人。ヤエン、泳がせそれぞれいたが、全員イカ狙い。これは、期待できる。そして、少し前にもエギでけっこう釣れていた。堤防先端には先客たちが固まっていたので、私は中間部分で様子を見る。相変わらず風は強いが、背後の高くなった堤防がやや風を防いでくれているのか、全く釣りができないほどでもなかった。しかし、やはり風が強いとエギングは不利だ。泳がせでかなり大きなイカが上がり、時折ヤエンのドラグが鋭く叫ぶ。私にはアタリがないし、あっても多分感知できない。


 水温は、17℃くらい。とにかく数を打っていこうと、頻繁に立ち位置を変え、エギを変えていたら、シャクった瞬間重くなり、ヒット! しかし、早川で釣った800g位のアオリイカと比べると、引きが弱かった。上がってきたのは、500gのアオリイカ。今日の狙いはキロアップなので重さを計って写真を撮ってリリース。いろいろといま流行りの「想定外」があり、不安だったが、思っていたより早く結果が出た。また、釣れるだろう。


500gほどのアオリイカ。ヒットエギは、ヨーヅリ/アオリーQ ネオ。カラーは、ホロマーブルブルーレモン

b0121015_1839930.jpg



まだまだ釣れるだろう、とリリース。しかし!

b0121015_18394812.jpg



 深夜23時を回った頃から風も止み、一時的に釣りがしやすくなった。ここぞとばかりに、ハードジャークやロングステイなど小技を試すも、なかなか釣れない。とはいっても、イカがエギを触る「イカパンチ」のようなものが2度もあった。泳がせにも釣れていたし、確かにいるのだが、技量不足。


主なエギはこのあたり

b0121015_20253399.jpg



 午前1時を回ると、大部分のおじさんは宿へ帰り、残るおじさんはひとり。しかし、ヤエンにもウキにも反応がない模様。初島第一漁港へ移動。こちらはカゴ釣りの人や翌朝からの磯釣りに備えて堤防で仮眠をとるひとなど、人がたくさん。ただし、何か釣れている感じでもない。


 定期船が発着する堤防向かいの小さな堤防でしばらくエギをシャクったが、ダメ。早朝にかけては潮が引いていて期待は薄そうだった。


条件は良くなったのに、なすすべなく夜明けを迎えた

b0121015_18415034.jpg



 あっという間に夜明けを迎えた。隣にエギング釣り人がいたが、釣れていなかった。むしろ昼間に期待。


明け方も1時間ほどがんばったがダメだった初島第二漁港

b0121015_2202765.jpg



名物「初島ダッシュ」は見られなかったものの、やや混み気味の初島第一漁港

b0121015_18473575.jpg



これ、タカベ?

b0121015_18493753.jpg



 昼頃の定期船で帰ることにして、残りの時間はひたすら初島第一漁港の堤防外側のテトラからシャクリ続けた。が、結局追加ならず。昨晩の時合にもっと効率よく釣っていくべきだった。


 ようやく開いた食堂でアジの刺身定食を平らげ、熱海へ。


定食屋「なかの」のアジの刺し身定食

b0121015_1842446.jpg



 その後、早川の様子を見に行き、釣れそうなポイントを確認。釣りもしたが、限界が訪れたため、帰路に。


早川港。イワシが釣れていた。水温は17℃ほど

b0121015_20281280.jpg




釣果:アオリイカ/500g
ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号
リーダー:アプロード/エギング単層リーダー2号
エギ:シマノ/エギザイル、フィナ/超動餌木乱舞V3、ヨーヅリ/アオリーQネオ

[PR]
by rikkyofishing | 2011-05-15 21:53 | エギング

5月8日 早川港

5月8日 早川港


 二杯目のアオリを求めて再び早川港へ。水温は17℃。けっこう高め。


 前回釣れた場所とほぼ同じ場所で、19時30分から22時30分頃までのおよそ3時間、ステイの時間を長めにとることを意識しながら、ひたすらアタリを待った。



 今回は隣にもエギングの釣り人が1名。対岸にもそれらしきシャクリを繰り返す影がひとつ。しかしながら、アタリはない。


 近くでヤエンをやっていたおじさんが声をかけてきた。



 ヤエンおじさん(以下、ヤ)「いやあ、全然アタリないでしょ?」


 私(以下、K)「ないですねえ」


 ヤ「そりゃあ、だってヤエンにもないんだもん。全然ドラグが鳴らないよ」



(ヤエンにもないのかよ。それじゃダメじゃん)



 K「でも、何日か前ぼくここで1パイあげたんですよ」



 ヤ「うん、釣れなくはないんだ。オレも今月初めに上げたよ。1.5キロあった」


 K「でかいですねえ。そもそも、この早川港はどうなんですか、実際? アオリが普通に釣れるところなんですか?」


 ヤ「ヤエンなら釣れる。夜8時から10時頃にかけて、群れで入ってくることがあって、そういうときは本当に釣れる。でも、8割方ヤエンだなあ。泳がせもエギもやるけど、圧倒的に不利。残りの2割を、エギと泳がせで争う感じだな。」



 (ムムム、それは厳しい。しかし、やっぱりちゃんといるんだな)



 ヤ「(近くのイケスを指差しながら)エギがいいのはあのイケス周りを狙うとき。イシダイの稚魚を飼っていて、エサを撒くから小魚が集まるんだな。ヤエンはうまい具合にイケスの近くを攻めにくいけど、エギなら大丈夫。イケスの角から少し間隔を開けて平行に引いてくると、でっかいのがくることもあるよ」



(なぜイシダイの稚魚なんかをイケスで飼っているのかは聞きそびれた)



 ヤ「浜の方もなかなかいい。でも、沖にブロックが入っているところがあって、やっかいだな」


 なぜか色々教えてくれた。


 しかし、結局釣れず。


 それでも、駅から10分程度でアオリが釣れるなら、価値ある釣り場である。




ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号+アプロード/ソルトマックス・エギング単層リーダー2号
エギ:シマノ/エギザイル、フィナ/超動餌木乱舞V3(ともに、3.5号)

[PR]
by rikkyofishing | 2011-05-08 23:10 | エギング

5月5日 早川港

5月5日 早川港


 短時間の予定で早川へ。


 日がくれる頃、港到着。相変わらず人多め。


 有料道路下の、早川側の岸壁からエギをシャクる。しかし、あまり海草の気配がない。まあ、いいか根掛かりしないし、などと考えつつ、二段シャクリを繰り返していた。隣のアングラーはルアーだが、エギではなくライトゲーム系。


 ダメかなぁ、と思いつつ、シャクリを入れた次の瞬間、グキっという謎の感触。だが、根掛かりじゃない! 動き出してるじゃねえか!!!


 ギュンギュン引き込む引き。なかなか寄ってこない。もしや、変な魚の背ビレにでも引っ掛けたか……。


 ドラグを強め、なんとか巻いて来ると、足元でビシャッ、と。


 ライトを当てると、イカだ!! 足をウネウネさせてる! 



 しかし、少し重すぎる。これは上がるかなあ、と不安ながらも、ガッチリ足数本にフックがかかっていたので、スプールを押さえてゆっくり抜き上げ。


 ドサッと足元に横たわったのは、けっこうでかいイカ。


写真を撮ったが、逆向きだった・・・

b0121015_14263877.jpg



重たかった

b0121015_14325865.jpg



 いや~、よかった! 狙ってる魚(あるいは、イカ)が釣れるってのは、うれしいことだ。


家に帰ってから、頭の長さだけ計測

b0121015_14335727.jpg



 しかし、早川でもちゃんと釣れるんだなあ。近くを通りかかったおじさんは、「最近、あんまり見ねえだな」的なことを言ってはいたけど、やっぱり居ないことはない。


 周囲にいつの間にか集まって来た人々には、「いやあ、釣れると思ってやってなくて。ビックリしましたあ」と、コメント。近くの親子連れも「でっかいですねえ」と賛辞。「もう釣れたから、今日は帰ろう」(←大嘘)と呟きながら、スチロール箱クーラーを買うべく、FBC(Fishing Bait Centerの略である)へ。クーラーと氷をくださいと言いつつ、アオリが釣れたんですよ~と話しかけると、おじさんは一言……


 「そりゃー、釣れるでしょうね。」


 ……ずいぶん、そっけねえねっかや(←新潟弁)。


 クールダウンした私は、まだ釣れるかもしれねねっか、と、釣れた地点の対岸へ。整備されてはいるが、手すりがあるためロッドをシャクったりするのはやや不便。ここには、アオリ狙いの人が3人も。エサ屋のおじさんが言うとおり、普通に釣れるのだろうか。


 釣れたのが、やや軽いシャクリだったので、軽くシャクる。しかし、当たらない。


 思えば、この日は無風でほとんど波もない絶好のアオリ日和。今後のためになるべく多くのデータをとっておこうと、水温を計測すると、15~16℃。そんなに高くはないと思うが、十分?


 潮回りも帰ってからちゃんと調べよう。(調べていなかったのだ)


 アオリはお刺身にしよう。


※追記:帰宅後、情報をチェックしたら、こんなサイトが出てきた。むしろ、今回の早川港は「絶好調」なのだとか。

上州屋秦野店のページ

エギにはやや反応が悪いものの、ヤエンの釣果はなかなかのものらしい。だったら、しばらく通おうかな。「絶好調」の割には人は少ないと思うし。



釣果:アオリイカ(甲長23cm)
ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号+アプロード/ソルトマックス・エギング単層リーダー2号
エギ:シマノ/エギザイル3.5号(アジオレンジ虹色テープ)

[PR]
by rikkyofishing | 2011-05-05 21:07 | エギング
5月3日 浜金谷フェリー港&金谷漁港


浜金谷フェリー港

b0121015_1222599.jpg



海藻はいっぱい。でも、足元はちょっと浅い

b0121015_12234349.jpg



 連休後半戦初日。久里浜からフェリー(徒歩乗船は片道700円)に乗ってまで房総へ。しかし、雨が降りだしたり、翌日に予定があったりで不完全燃焼。


浜金谷フェリー港外側の岸壁 人が多いが、少なければ釣れそう、かも

b0121015_12245590.jpg



 水温は16℃ほど。釣れなかったが、金谷漁港の防波堤先端で釣っていたお兄さんは1杯あげたというし、どうしたらいいのかわからん。


金谷漁港

b0121015_12262097.jpg



外側はテトラ。先端付近では釣れていた。

b0121015_12255517.jpg



 「花粉症が終わる頃、イカが釣れ出す」などという人もいるらしく、私の花粉症はまだ終わっていないので、気長に待ってみる。



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号+フロロ2号
エギ:フィナ/超動餌木乱舞V3 3.5号、シマノ/エギザイル3.5号、など。

[PR]
by rikkyofishing | 2011-05-04 12:05 | エギング

4月29日 真鶴岩漁港

4月29日 真鶴岩漁港


 真鶴の有料道路の下にある小さな漁港へ。実績は一応あるようだ。


真鶴岩漁港

b0121015_14293062.jpg



ちょうど、有料道路の真下がポイント。外側は一面テトラで海藻いっぱい。

b0121015_1231513.jpg



こんな風に海藻いっぱい

b0121015_14282750.jpg



 夕まずめ~夜、場合によっては朝まで夜通しやるつもりだった。


 まだ明るいうちに現場到着。ヤエン、ウキ、そしてエギング、3釣法揃っていた。先週の真鶴港はエギングの人だけだったから、これはさらに期待が持てるかもしれない。


 ちょうど、有料道路の真下に外海と漁港をさえぎる堤防。堤防外側は全部テトラ。キャパシティとしては申し分ない。


 前回まであまりにもエギのロストがひどかったので、足元までは狙わず、回収するようつとめた。そうすると、やはりほとんど根掛からない。しかし、アオリ探すときは海草を基準にするのが基本だったような。今回の堤防はかなりいい感じに海草が生い茂っていた。とはいえ、根掛かってしまってはアオリは釣れないし、難しいものである。


 シャクりまくったが、釣れん。周りの人も釣れていない。


 それにしても、どこへ行っても複数人のエギの釣り人を見かける。完全に参入が遅れた。もっと流行初期なら私にも釣れたかもしれないのに。


 結局、20時を回った頃に地元のやんちゃな少年たちが集団でやってきて、海に向かってロケット花火のようなものを撃ち込み始めてしまった。隣のエギングのお兄さんたちもいつの間にか帰ってしまった。


 セフィアCI4の使い心地は非常にいいのだが、アオリは全然釣れる気配がない。


 出直そう。



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号+アプロード/エギングリーダー2号
エギ:フィナ/超動餌木乱舞V3、シマノ/エギザイル、ヨーヅリ/アオリーQネオ(いずれも3.5号)

[PR]
by rikkyofishing | 2011-04-29 22:06 | エギング

4月24日 真鶴漁港

4月24日 真鶴漁港



 真鶴港の堤防外側テトラで、14時から19時までシャクったのだが、ノーヒット。


真鶴漁港の外側の堤防テトラ。ボラが大量に群れていた。

b0121015_12325733.jpg



海は思っていたよりもきれい

b0121015_1234223.jpg



 しかしながら、私のほかにもエギングの釣り人が数名。ほぼ等間隔に人が入っていた。他の誰も釣れてはいなかった模様だが、全く可能性がない訳でもなさそうだった。水温も15,6℃はあった。



 しかし、今日もエギを4個もロスト。暗くなり、風もいっそう強くなってきたので、退散。


 イカ釣れねえ。


ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806MH
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号
エギ:フィナ/超動餌木乱舞V3など

[PR]
by rikkyofishing | 2011-04-24 20:17 | エギング

4月17 早川港

4月17日 早川港



 あまり根掛かりしなさそうで、アオリがいそうで、なおかつあんまり遠くないところということで、早川へ。



 早川港から早川河口、御幸浜にかけては、けっこうでかいアオリが釣れるって、『磯投げ』に書いてあった。



 とはいっても、私は電車しか釣行手段がないし、ウエーダーももちろん持ってない。まあ、早川の港の中にも居ないことはなかろうと、明るいうちから港内で釣り開始。赤いエギザイル(すげえ名前だ…)を足元で動かしてたら、一度、小さなイカが追ってきた。アオリの生態はよく知らないが、多分、春は小さなイカ居ないはず。よって、アオリじゃないイカの可能性大。



 17時から20時くらいまで、あちこちでシャクった。でも、釣れなかった。もっと西じゃないとダメなのだろうか。



 イカ釣りたし。。。



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号+アプロード/単層リーダー2号
エギ:シマノ/エギザイル3.5号、フィナ/超動餌木乱舞V3 3.5号、エバーグリーン/エギ番長3.5D

[PR]
by rikkyofishing | 2011-04-17 20:44 | エギング
4月16日 湯河原海浜公園


エギング初挑戦。湯河原へ。


しかし、現場はヤエン師たちでいっぱい。


加えて、やや風があり、エギ操作しづらい。


結局、エギ番長(1個千円以上もする高いエギ)を3個もロストして終了。


 撃沈であった。



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:シマノ/パワープロ0.8号+アプロード/エギングリーダー2号
エギ:エバーグリーン/エギ番長3.5号D、フィナ/超動餌木乱舞V3 3.5号

[PR]
by rikkyofishing | 2011-04-17 00:38 | エギング