「ほっ」と。キャンペーン

about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

6月の予定

8日「平塚チャリティ投げ釣り大会」


15日「関東支部磯釣り大会in初島」


22日「バス大会」


29日「投げ釣り大会」


(週1ペースじゃん・・・)


22日バス大会は恒例「フランス語検定」があるので出ませんが他はどれも出たい。しかし出たら確実に「文無し」になる。


出ると思うけどね。


う~ん、しかし投げ釣りはあまりお金かからないから良いとして「磯釣り」が若干ネックかもしれない。初島かあ。エクシブ泊まらなければならないってこと? そしてマキエとかいろいろ金かかるなあ。


まあ、出るんだけどね。


今年は道具に投資する必要が無いので出費は参加費と小物系のみなのでまあ、なんとかなるでしょう。


しかもすべて日曜日。私のゼミは月曜日。ゼミの準備を前日にできないのだ。そして前期週6男の私は授業もたくさん取っているので勉強もしなければならないし、「現代社会とツーリズム」と「企業と社会」は6月中にもう一回レポート提出がある。


そして「太りたくない」という理由でいまいち稼げないバイトも続ける予定。(そもそも就職活動中も続けていたのが奇跡)


さらに夏休み後半は私の大学生活の集大成である旅を企画中。


フランスと北アフリカを釣り歩きたいです。これはそもそも「フランス語圏」に興味を持ってフランス文学を専攻した私にとっては一種のフィールドワークでもある。


フランス国内はおそらく漁業権が高いので「体験」程度にとどめておいて、南フランスやモロッコあたりの海で恐る恐る竿を出したいと思う。(本当はカミュの出身地であるアルジェリアにも行きたいのだが、治安の面でモロッコが限界な気がしてしまう)それまでにフランス語も使える水準にもっていきたい。就職決まり次第情報収集を開始する予定。


その上、直近の課題としては来週の金曜日に「企業と社会」の第一回レポート提出がある。


つまり、今年は大学生活で一番忙しい(!)


さて、明日は「重要な」面接があります。最終面接です。是非決めたいです。


業界最大手からも1次面接通過の案内が来ましたが、基本的には明日最終を受けるところが第一志望です。(因みに業界最大手の面接は集団面接で他に2人の男子学生がいたのだが、二人とも激しかった。一人はマイナースポーツの日本代表、もう一人は某私大の人気ゼミのゼミ長。話し方も気合いが入っていた。正直負けたと思ったが、今までの失敗を振り返り自分のペースで話をしたのが良かったのかもしれない。)


決まり次第出席できていない授業(特にゼミ)の教授に事情を話しに行かないといけない。


できる限り就職は春休み中に決めるべきだと痛感。いまわかっても遅いのだが、まあ、それもよし。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-05-11 12:16

朝霞ガーデン

久しぶりに朝霞ガーデンに行ってきました。


2限の「現代社会とツーリズム」をそわそわしながら受講し、(しかもフライロッドケースと釣りの格好で)授業終了とともに超音速でレポートを提出し東上線に飛び乗り、朝霞へ。


東口のロータリーが出来上がって小奇麗になっていた。


雨が降っていたので釣り人は少なかった。


釣り場に着くとすでにコータがルアー池で釣りをしていた。しかし、予想に反して状況はイマイチのよう。丁度1時過ぎ、いくら雨模様とは言えまだこれからなのだろうと思った、のだが。


私はフライ池で早速買ったばかりのシンキングラインでストリーマーでの釣りを開始した。


シンキングラインは重いのでキャストがしやすいと感じた。しかし、買ったばかりで表面にコーティングがされているためか沈み方が良くない。ラインクリーナーに水をしみこませてこすってみたりしてようやく沈むようにはなった。


だが、やはり簡単には釣れない。ストリーマーなどレギュレーション違反のルアーみたいなものなのではないか、と思っていたのだが、やはり技術が必要のようだった。


リトリーブしていると、急にラインが指に引っかかるような感覚があり、あれ? と思っていると実はアタリだったり。しかし即座にアワセを入れることができない。


ほぼ向こうアワセでガツンと35cmくらいのニジマスが1尾釣れたがストリーマーでキャッチできたのはこの1尾のみ。他はすべてバラしたりアワセ切れを起こしてしまった。これでは数少ないチャンスをものにしなければならない湖などの天然のフィールドでは結果が出せないだろう。


フローティングにチェンジ。マーカーフィッシングで狙う。だがアタリが少ない。そして長い間同じ色のフライで流しているとやがて反応しなくなる。まったく反応が出ない色のフライもあった。


土曜日の昼過ぎとは思えないほどの釣り人の少なさだった。何故なら今日の東京はここ数日からしてみればかなりの寒さであり、おまけに大降りではないものの雨が降り続いていた。


途中から貧弱な装備が浸水し、震えが止まらなくなった。勝山の「バ○ブ田沢」伝説再びである。それでも釣り続けたが寒さで結局集中できていなかったのだろう、アタリを逃したりアワセ切れを起こしたりしてしまった。


結局5尾ほどしかキャッチできず、がびちょーん。な結果になってしまった。


コータのほうは何とかパターンをつかみ主に表層で10尾以上キャッチすることができたようだ。


しかし、管理釣り場なら20-30尾は普通の彼からしてみれば苦戦だったのだろう。


フライは釣れやすいといえば釣れやすいのかもしれないが、やはりアワセが遅れるとティペット部に魚の歯が当たってしまい、ブレイクしやすくなってしまう。フライの小ささはルアーに比べて有利なように思えるが小さい分魚は飲み込んでしまいやすい。魚の口の的確な位置にフックをフッキングさせることを意識して釣りをしなければならないだろう。


ストリーマーはアタリは少なからずあったもののものにできなかった。


その後、北朝霞まで震えながらバスで向かい駅前の日高屋でラーメンを食べながらコータと小一時間議論した。主に社会問題と環境問題と日本の将来について。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-05-10 22:14 | フライフィッシング

☆芦ノ湖☆

今週末は芦ノ湖釣行です。


メンバーは私とコータとやすはるくんです。修瑛は連盟の会議でプロさんはボランティアに行くそうです。


プロさん「どうせ釣れないっすよ」とか言っていたので、絶対釣ってやろうと思います。


きっと周りで釣っている人とか釣具屋さんとかボート屋さんに聞き込みしまくれば釣れるはず。


私のほうはストリーマー用にシンキングラインとフライリールをもう一つ新調する予定。


まあ、就職活動と学校で四月が今時の若者風に言うと「オニ忙しかった」ので、純粋にたまに自然に出てみるのもいいと思います。温泉もあるし。芦ノ湖って要するに箱根なんだし。


週明けは現在の第一志望の企業の最終面接です。ので、さすがに日曜の昼ごろには帰路に着くつもりです。日焼けしないように気をつけたいと思います。少なくとも今回の開成みたいにメガネ跡が残ってツッコミどころ満載のようなことは無いようにしたいと思います。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-05-07 20:06
開成に行ってきました。


GW中ということでいつもの休日よりは若干混んでいるのかなといった感じ。


それでも広い釣り場なので窮屈な感じはそれほどしない。


フライをしていたのだが釣れる魚はコンディションのいい魚が多く、もって帰って食べたい感じだった。


ただこの釣り場は全体的に背後に木(もしくは別の池、道路、小田急線など)が多く、バックスペースが取りづらいためロールキャストしか出来ず、その点は残念だった。その代わりロールキャストはけっこううまくなった(笑)


やはりキャストの練習も兼ねるならば王禅寺のフライ池が最適だと思った。


真昼間はなかなかヒットしなかったが、魚が溜まっている場所を探し当てることが出来ればまあ釣れた。広いのでやはりアプローチは難しめかな、と。


魚種としてはイワナやヤマメ等も相当いたようなのでその点も楽しいと思う。


次来るときは是非クーラー持参で食糧確保したいと思う。


しかし、小田急で新宿から1時間半、さらに最寄駅から徒歩20分ほどと、やはりかなり遠い。それならばいっそ芦ノ湖、もしくは芦ノ湖(で無理だと感じたら)→開成に転戦というのもいいかもしれない。


その後、ロッドケースを担いで野武士のような格好で古巣のサークルの飲み会と学科の飲み会をハシゴした。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-05-05 18:37 | フライフィッシング