「ほっ」と。キャンペーン

about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

気づいたら・・・

今週バイトが週7だった・・・


日曜~水曜まで四谷で模試採点のバイトをして木曜金曜と本業(?)の本屋で、しかも今日もこれから代打で14-20時。週7じゃん。どんだけヒマなんだ、オレ・・・さっき気づいて久しぶりに困惑したよ、自分に。


ひたすら大島が楽しみだ。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-30 12:26
リクエスト(?)にお応えして、載せてみます。奏さん、夜磯に行く勇気はない+夜はとにかくハマフエフキを狙います。夜が何夜あっても足りないですねw ただ、イサキはめちゃくちゃ美味いらしいですね!! 是非釣ってください(って、違う) 一週間弱(?)の伊豆大島滞在で半島民化できるのがうらやましいです。


伊豆大島上陸作戦はこの前の成城ライトルアーにも参加したうちの新人、マツザワくんも参戦決定し、伊豆大島上陸”大”作戦になりつつあります。参戦メンバー:オレ、修瑛、プロさん、佐藤さん(中央大)、マツザワくん そして成城の「半島民」組w


投げ①:
SURFLEADER FV 425BX-T SHIMANO
パワーエアロプロサーフ標準仕様 SHIMANO
33号の投げ竿とパワーエアロの組み合わせ。ラインはPE2号+力糸PE4号が標準だが、今回はナイロン5号を替えスプールに巻いて持っていくつもり。買ったばかりでまだ一回しか使っていないが、オニのように硬いので使いこなせるか不安。ショック吸収されず海に引き込まれたりしないようにしないと。(*魚がかからなければその心配は要らないワケですが・・・)

b0121015_222036.jpg


投げ②:
プロセクションスーパーライトSS-Ⅱ30-400 RYOBI
パワーエアロプロサーフ標準仕様 SHIMANO
こちらは投げ竿30号。小学校高学年くらいの頃から使っているが、未だ現役。名前の通り全体的にライトな感じなのでカレイ釣りや波裏のキス狙いのときなどには威力を発揮するが今回の大島でハマフエフキを相手にするに当たり、この「ライトさ」がどう出るか。

b0121015_2233598.jpg


*今月は投げ釣りだけでタックル4万円以上買ってしまった。(内訳:サーフリーダーFV425BX-T、パワーエアロプロサーフ(二個目)、PEライン、尻手ロープ&ロッドエンド)

磯その1:
BB-X SI 1.5-53 SHIMANO
BB-X DESPINAC3000D SHIMANO
昨年初めて買ったインナーガイドロッドと昨年の関東支部磯釣り大会で4位入賞賞品としていただいたBB-Xデスピナの組み合わせ。是非30オーバーを釣りたい。

b0121015_2251478.jpg


磯その2(持っていくかは検討中):
プロ磯インプレッサ1.2-53 DAIWA
トライソ2500LB DAIWA
今年の関東支部磯釣り大会4位入賞賞品としていただいたプロ磯インプレッサとトライソの組み合わせ。夏合宿のとき下田でアイゴを釣った際、想像以上の使用感の良さだった。ただ、荷物を極力少なくしたいので持っていくかは検討中。(ただ、別にそこまで荷物にならないので多分持っていく)

b0121015_226628.jpg


(バッカンどうしようかな・・・この前腐ってたから捨てちゃったんだ)

回遊魚用:
12ftのシーバスロッド
カーディナル
昨年秋にイナダを一本釣りのように抜き上げまくった組み合わせ。カーディナルに若干ガタがきてる感はあるが、とりあえずはこれでよし。回遊魚はプロさんに任せてあるんで、オレの分の水なますも釣ってきて、ってww

b0121015_2283159.jpg



しかし、ふと思ったのだが、今回の「作戦」、期間が意外と短い。3日夜出発で早朝に現地到着で6日の夕方には東京帰還。これはつまり、・・・


3日夜 竹芝に集合した隊員たちは伊豆大島へ向かう船へ乗り込む。そしたらまたプロさんあたりが酒を買い込んでいて、さらに私もそれにすっかり乗せられていて、簡易酒盛りに。→酒と船に酔う。そして「睡眠不足ループ」へ突入。

4日早朝 大島到着 (直後に磯に出られれば理想的。だが、無理な気がw 極力船内で寝ておきたい)

4日昼間 どこかの磯で竿を出す、もしくは回遊魚@岡田港or元町港(どこかでイカ短冊用のイカを買わなければならない。島のスーパーはあまり遅くまで開いていないかもしれない? から注意。)

4日夕マヅメ~夜 晩飯後、大物狙いの夜投げ@元町港(翌早朝の釣りに影響が出ない範囲で釣って、宿に帰る、のが理想。)

5日早朝~昼 磯でメジナ狙い(イサキって昼はあまり釣れないよね、たしか)

5日夕マヅメ~夜 夜投げパート2@元町港(ここで何かしらのものが釣れなければ、伊豆大島夜投げ「シーズン1」敗北決定)

6日 早朝釣りができれば理想。東京へ帰還。


という筋書きか・・・やはり意外と釣りは出来ない。そして夜投げは2回しかできない。つまりこの2回は絶対にはずせない。集中しなければいけない。もしなんなら港に放置でもかまわない。


もう一つ思った、「磯」はどこで竿を出すか大体決めておかないと。もしくは堤防からでも余裕でいろいろ(良型メジナ含むw)釣れるのかな、それだったら楽でいいけど。


ただ、今回の遠征は基本的に結果を求めない。むしろ、やり残したことがたくさんあったほうが次につながって良いじゃないか、なんて思ってみたり。とりあえず学生証があるうちは往復8000円なわけだし、秋休みあたりにまた行きたいからその前哨戦として。


ただし、


絶対に残りの夏を「消化試合」にだけはしたくない!!
ので、がんばります。


さて、模試採点バイトも残すところ後1日。がんばろ。(直近に迫った現実に着地)
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-26 21:44 | タックル紹介
一年前の今日、私は江東区の免許センターで筆記試験を奇跡的に一発でパスし、運転免許をゲットしました。それから丸一年、ついに初心者期間脱出です!!


それだけです! 今日は雨降りで何にもおもしろいことがなかったので、このこと「初心者期間脱出」に気づいたのが無性にうれしくなったので、書いてみました。


ひたすら大島上陸作戦が楽しみです。夢を食べて何とか生きているここ数日です。明日から予備校で短期バイトだー
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-23 20:44
8月21日、ライトルアー


早速、更新しました。行きたかった。けど、今日は某メーカーグループの説明会に。(→受けるのはやめた。)


ああー、なんかおもしろいことないかなーあ・・・


大島が待ち遠しい。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-21 23:54

更新情報:追加分

4月12日、伊東ボート釣り

真鶴で夜投げ

立教大学釣部公式ホームページ「更新情報」


ホームページの更新ってやろうと思えばけっこうすぐできるんですけど何故だか溜めてしまうんですよね、怠惰な性格のためか・・・今後はもっとさっさとアップしていこうと思います。


写真とか届き次第追加する場合もありますので、今後もチェックしていただければ幸いです。


パワーエアロ、標準仕様でいこうか太糸仕様でいこうか、考え中。うーん。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-20 02:14

更新情報

沼津ボート釣り

学生だらけのシイラ釣り大会

昨日のライトルアー


以上、3本更新いたしました。是非ご覧になってください。


バイトまでの空き時間にやったのでだいぶやっつけ仕事なのと「真鶴夜投げ」が間に合いませんでした。そのうちやります。



なんかおもしれーことないかなあ・・・
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-19 15:59
バイトを21時で脱走し、真鶴へチョリソーと修瑛といってきました。


結果:


夜投げ=アナゴ×2(私)


一度、穴にもぐられ出てくるのを待って投げ竿をあおってみたら這い出してきた。サイズはこの前の早川ほどではなかったものの、今回もなかなかの太さ、長さだった。もう1本は普通サイズ。どちらもケミホタルに明確にアタリが出ておもしろかった。その他にも修瑛の竿に強烈な引き→もぐられる、と言ったようなこともあった。今回のポイントは港の出口で船道やテトラ際を狙う感じだったが、水深はそれなりに深く期待できるポイントなのではないかと思った。


なんかこないだの早川と同じ画・・・↓↓


b0121015_1340646.jpg



早朝~=


キス、それぞれ数匹。眠くて堤防上の日陰に隠れて眠ってしまった。結局太陽が真上に来たときにいやおう無しに目覚めることになったが・・・(あまり良い寝覚めではない)


サーフリーダーFV425BX


b0121015_13441282.jpg



投げ竿を新調した。サーフリーダーFV425BX。425というレングスとBX(33号負荷)は前々から使ってみたかった組み合わせだった。正直、買ってきて家で伸ばしてみて天井に当てて曲げてみたりして「硬っ!! そして重っ!!」と不安な気分になったが、風が止んだ早朝にデルナーテンビン30号をセットして本気で投げてみたら、今までにない飛距離を出すことができた気がする。使い潰すくらいの気持ちで使い込めば相当遠投能力は向上するのではないだろうか。しかし、重い。500グラム近くある。基本的には置き竿で使いたい竿だ。


ところで、・・・


大島遠征参加決定しました。


メンバーは今のところ私、修瑛、プロさんの立教の投げ釣り部隊wです。期間は今のところ9月の2日~5日あたりです。本当は成城さんの合宿に日程を合わせてみたかったのですが、修瑛のスケジュールの関係で2日~になりました。まあ、延長しましょうよ、奏さんw


狙うは夜投げでマダイ、ハマフエフキ、昼間はウキフカセでメジナその他。


大島でこの夏、マダイ・ハマフエフキの壁、メジナ30cmの壁を破って来たいと思いますw


携行タックル:


投げ竿2本=サーフリーダーFV425BX、プロセクションスーパーライトSS-Ⅱ30-400
投げリール2個=パワーエアロプロサーフ×2(現有は1個ですが某予備校でバイトしてもう1個新調予定)
磯竿=BB-X SI 1.5-530
磯リール=BB-X DESPINA C3000D


台風が心配ですが、まあ来ないことを祈ります。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-15 14:57 | 投げ釣り(大物系)
南伊豆夏合宿詳細レポート


とりあえず夏合宿第一弾のレポートをアップしました。ご覧になってください。


しかし、まだ沼津牛伏&下田外浦ボートと本牧とシイラ大会も残ってるんだよな~仕事終わらん・・・


まあ、月曜までに決着をつけようと思います。


と、いうことで今日は一日中パソコンの前にいました。ダメな一日。合宿は海水浴シーズンピークで駐車場の件だとかいろいろ殺伐としてて実はホントうんざりしてたんだけど、やっぱり夏は思いっきり汗をかいて過ごすに限る。部屋の中で寒かったり暑かったりでエアコン調節しながらすごすなんて、人の生活としては最低だと思った。


昨日、1年生の頃に買ったLoweAlpineのバックパックを引っ張り出してみたら旅に出たくなった。90リットルでバカでかいけど、これだけデカければ旅行の荷物の他に投げリールとぶっこみの仕掛けくらいは余裕で入るはず・・・9月になったらどっかいって見ようかな。


b0121015_1115489.jpg



来週は、8月14日深夜~15日@真鶴です。修瑛とチョリソーと行ってきます。楽しみです。マダイ、釣れるかな。


それまでにHPといくつかの企業のESを仕上げないと。(さすがにそろそろ再開しないとまずいでしょ)
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-10 01:02

南伊豆夏合宿

一日目 8月1日


平塚の釣具店に寄ったりしながら未明に現地到着。修瑛&康太の安全運転で何事もなく南伊豆へ到着した。回遊魚狙いという選択肢もあったが情報を全く持っていなかったので私と修瑛、やすはるくん、中嶋くんで近くの港でちょい投げをすることに。


近くの港:ちょい投げ 5時~8時くらい


一投目でやすはるくんが一荷(いっか:魚を二匹同時に釣り上げること)でキスを出したのを皮切りに、順調に匹数を伸ばした。しかし、基本的には魚のノリが悪くアタリがあってもかからないことが多々あり、時間が経過するにつれてフグに仕掛けを切られてしまうことが多発し、4人でキス12匹と30cm程度の良型のシタビラメを釣ったところで納竿とした。伊豆のキスは非常にキレイで美味しそう。この後、オートマ苦手の私の運転で近くのファミマまで買出し。海水浴場周辺の違法駐車防止の柵により道路が狭まっている地点があり、非常に怖かったです。



↓シロギス12匹とシタビラメ↓


b0121015_10321547.jpg




福浦堤防:サビキ釣り、ジギング、投げ釣り


昨年は同じ時期にサビキ釣りで大量の小サバを釣ったのだが、今回は非常に調子が悪く、イワシが少々と小サバ少々、アジは常連の人々(アジオヤジ?)が釣っていたが我々には釣れなかった。回遊魚も不発。そもそも堤防上に釣り人がまばらで回遊魚が釣れる雰囲気ではない。回遊魚がまわっている時はもっと殺伐としているのだ、大イワシが釣れ盛る海上保安庁前岸壁のように。私は投げの大物釣りに転向。カットビッグサーブ13号+ホンテロン4号に夜光玉とケミホタルをセットした仕掛けを遊動海草天秤30でぶん投げる。エサは平塚の釣具店で購入した東京スナメ。しかし、ほとんどアタリがない。あっても漂流物に引っ張られたようなアタリだったり、仕掛けが海草か何かにあおられたようなアタリだったりでほぼ諦めムードだった。が、そのとき、誰かが「竿が揺れてる!!」と言った。竿先ばかり見ていたためか気づかなかったのだが、スピンジョイ+スーパーエアロEVの組み合わせが激しく動いている、何だこれは!! 竿をあおると重たい、そして確かに仕掛けの先で何かが暴れている。ポンピングを繰り返しながら寄せてきて海面をライトで照らしてみると、なにやら赤っぽいのが浮いてきた。こ、これは、マダイ!? しかし、シルエットがかなり細長い。ネコザメだった。プロさんのランディングで堤防上に抜き上げるがネコザメ自体がかなり重く、タモの柄が折れる可能性があったため慎重に上げた。一通り写真撮影などして海に返した。その後、25時まで粘るも釣れず。アタリらしいアタリもなかった。福浦堤防はカゴ釣りではマダイが上がるポイントなのだが、夜投げで上がったという話はあまり聞かない。でもきっと釣れるはずなので今後も試してみたい。


ネコザメを持ち上げる私 尻尾をつかんだ瞬間、周囲のみんながさっと引いた(笑)↓↓


b0121015_11522284.jpg



二日目:8月2日


事実上の海水浴&バーベキューの日。みんなで肉やめざしを買ってきて炎天下、炭火で焼いて食べた。美味しかった。


青野川:ウナギ&ハゼ釣り


不可抗力によるポイント変更などのアクシデントに見舞われたものの、弓ヶ浜大橋たもとの船溜まりでプロさんが40cm程度のウナギを釣り上げた。それ以外は良型のハゼ。今回はバイオハゼは釣れなかった。中央大の佐藤さんが中木の沖磯での釣りを終えて合流。30cmオーバーのメジナが釣れたらしい。巧い人は40オーバーも上げていたという。沖磯にも是非行ってみたいと思った。


↓ウナギ 捌いてみたら意外と捌けた。翌日のバーベキューで白焼きに↓


b0121015_10332042.jpg



三日目:8月3日


この日もバーベキュー&各自泳ぐというような感じだった。バーベキューではウナギを白焼きにした。濃厚な脂を味わった。さすが国産天然ものである。次はもっと大きいウナギを!!


近くの磯場:ちょい投げ


私とやすはるくんで下田市街までアオイソメを買いに行き、近くの磯でちょい投げをした。根がきつく、砂地を選んで釣らねばならない難しいポイントでさらにフグが非常に多いやっかいなポイントだが、何とか私とやるはるくんで1匹ずつ釣り上げた。



↓やすはるくんが釣ったキスにキスをしようとするプロさん、の画↓


b0121015_10311077.jpg



その後、下田福浦堤防へ向かい私は主に投げの大物狙い、修瑛&佐藤さん@中大で堤防際に群れている謎の魚たち(クロダイ?)を狙う。私の投げ竿には一向にアタリが無い。駐車場にヘッドライトとランタンを取りに行き長期戦に備える準備をして堤防へ戻ると、「クロダイが出た!!」って。佐藤さんのバッカンを見てみると35cmはあるクロダイが!! やはりクロダイだったのだ。伊豆はあまりクロダイを狙わないイメージがあるが、実はたくさんいて魚影は濃いようだ。水深や潮通しなど、福浦堤防はヘチ釣りに最適のポイントのはずだ。是非次来る機会があればヘチ竿を持ってきてカニをエサにして狙ってみたいと思う。案外、釣れるのではないか。



↓誰かが食べていた刺身のつまにクロダイのあらいを乗っけてみた↓


b0121015_10564690.jpg



四日目:8月4日


この日は、修瑛、康太、プロさんが子浦沖提へ回遊魚狙い、他のメンバーで前日にクロダイが出た福浦堤防へ行くことに。午前3時に子浦組は「やんややんや~」と出て行ったが案の定我々は寝坊し、8時頃福浦到着。小メジナやサバ、ムツなどと戯れることになった。私は磯大会でもらったダイワ精工のプロ磯インプレッサを初使用。35オーバーのアイゴを掛けたが、水面まで浮かせるのがだいぶ楽だった、そして竿が軽い!! 状況に合わせて中通しのBB-Xと使い分けていこうと思った。子浦組は3人で20本以上のサバを持ち帰り、シメサバパーティーだった。


サバとプロさん↓↓


b0121015_11541525.jpg



五日目:8月5日


帰るだけ。


謎の六日目:8月6日@本牧海釣り公園


正午、疲れた体を引きずり再び東横線で横浜へ舞い戻る。部室に来てくれた新人と本牧へ行くことになっていたからだ。ラーメンを食べてからのんびり本牧へ向かったがそれでも真夏の東京湾はオニのように暑かった。海を見た瞬間、思わず「た、大変だ、赤潮だ!!!」(←内輪ネタです。スルーしてください)と叫んでしまった。修瑛と新人の松沢くんはサビキ釣り、私は遠投して投げ釣り、康太はスピンテール系のルアーでシーバス狙い。それにしても赤潮がひどい。ボラの大群が水面に口を出して酸素を補給しながら目の前を行ったりきたりしている。投げには一切アタリがない。本牧でボーズという、ある意味、一つの奇跡を成し遂げてしまった。


帰って九時間寝た。
[PR]
by rikkyofishing | 2008-08-07 11:07 | 釣行記:その他・分類不能