about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3月30日 横浜幸浦

3月30日 横浜幸浦


ここ最近釣りに行きたくても飲み会があったり天気が悪かったり風が強かったりでなかなか行けなかった。


実は先週27日(金)から翌28日(土)にかけてオール釣行を企てたものの地下鉄駅周辺に到着した時点で雨が降りだし、やる気を無くしてTSUTAYAで映画DVDを借りて帰宅(笑)今回は『ルワンダの涙』と『taxi④』、そして『香港大夜総会』を借りた。三本目の『香港~』は10年以上昔の香取慎吾が出ていて、しかもこの映画の彼の役というのがひどい、よくまあこんな役やったな昔はSMAPでもタイヘンだったんだな、と思うような役でした(笑)


日付変わって29日(日)も予報ではやはり風が強く、本日30日(月)「横浜市:南の風1メートル」との予報を信じ、釣行決定。浦賀港陸軍桟橋、海辺つり公園、鴨居港周辺などの横須賀近辺か、いっそ浦安方面など、いつもとは違うポイントも検討してみたが、結局いつもの横浜幸浦へ。


いつも通りメバルとカサゴを半々で狙う。ファイヤーラインクリスタル(0.6号)を初使用。使用感は良好。まあ初回はどのラインも良好なんだと思うけど。ジグヘッドはコブラ29、ワームはガルプ!ベビーサディン(パールホワイト・グロウ・ピンク)。


今日は久々に潮位が高かった。いつものポイントでまず底狙いでメバルを一尾。潮位が高くなんだかいつもと勝手が違ったが徐々に慣れていった。


メバル 直後に風が強まり移動を余儀なくされる

b0121015_23521527.jpg



しかし、日が暮れてから急に南東の風が強まり、波しぶきがかかるくらいになってしまった。仕方なく風裏となるポイントまで徒歩移動。


ここでなんとか小型カサゴを2尾追加したが、たいして風を避けられていなかったので20時15分納竿。隣で釣っていたルアーマンは25cm近い良型メバルを釣っていた。


小カサゴ

b0121015_23525842.jpg




行程:練馬区内→(東京メトロ副都心線)→渋谷→(東急東横線)→横浜→(JR京浜東北線)→新杉田→(シーサイドライン)→幸浦 産業振興センター→(シーサイドライン)→新杉田→(JR京浜東北線)→横浜→(東急東横線)→渋谷→(東京メトロ副都心線)→練馬区内 *往復交通費1,920円

[PR]
by rikkyofishing | 2009-03-30 23:52 | ライトゲーム(根魚)

3月6日 川越水上公園

3月6日 川越水上公園


 もう一枚の無料券を使うべく、雨予報のなか再び川越へ。悪天候+平日ならのびのび釣れるだろう。


 また、本日3月6日は待ちに待った(?)「放流予定日」である。400㎏分放流するらしいがいつ頃放流するのかはわからないし(それは釣り場閉鎖後かもしれないし…)、ここの魚が放流直後からルアーやフライを追うのかはよく分からない。また、放流直後なら食えそうだということで今回はクーラーボックス持参。タダ券使って持ち帰りとは、かなり図々しい。(そもそもタダ券で持ち帰りは“無し”だったりして、なんて思って不安になってみたり)


 明け方までトラン・アン・ユン(陳英雄)の『青いパパイヤの香り』を観て時間を潰し、いざ川越。


 今回はフライフィッシング。予報では正午にかけ北風が強まるとのことで風が気になるが、ちょっと風が吹いたくらいでキャストがままならないようでは天然のフィールドではやはり通用しないだろう。もっとも、湖などに行く予定はいまのところ無いし、タックル自体が通用しないような気もする。マーカーを用いた「ウキ釣り」メインにたまに水面直下をストリーマーでリトリーブしたりしてみるつもりだった。ラインはフローティングのみ。


 自宅を出るとすでに雨が降っていた。


フライタックル ロッドはシマノのBROOKSTONE#6 9ft

b0121015_1611098.jpg



 西川越で電車を降りると雨脚が強かった。前回は雨量としてはそうでもなかったので浸水はしなかったが今回はどこかから浸水してきそうだった。(*実際浸水し、寒い思いをすることに・・・)入場ゲートで係員の方に「無料券」を渡し、入場。「ごゆっくりどうぞ」と言っていたが、種々の事情を総合的に鑑みて「絶対に本心からでは無い」と考えるのが妥当だろう。


冷たい雨が落ちる川越水上公園

b0121015_1633149.jpg



 多目的プールの流れにフライを流すと一投目、二投目と立て続けにヒット。型は小さいが魚体は意外ときれいだった。朝マヅメの時間帯にパタパタと数匹釣った。やがてアタリが遠のき、アタリに対してついつい大アワセをしてしまうようになり、ついにリーダーがマーカーごとアワセで切れてしまったりした。


 多目的プールで5,6匹釣った後、流れるプールへ。ここでは前回ルアーで好調だった流れを流してみたのだが釣れず、他の場所を探り歩く。対岸のヘチ際に魚が着いているようで、ヘチ際にピンポイントでキャスト&打ち返しを繰り返すと何匹か釣れた。型は大きくて30cm。


 波のプールへ様子を見に行ってみるとルアーの釣り人と、もう一人ダブルハンドを操る猛者が・・・。居るとは聞いていたが今日も居るとは。確かに良い練習場になるだろう。ここでは思い切りキャストしてなんとか1匹。


 多目的プールに戻り数匹釣って再び流れるプールへ。赤い色のフライに変えてみたりしたのだがこれはどういうわけか全くアタリが無かった。


 結局12時半ころ雨脚がさらに強まったので納竿。とにかく寒かった。震えながら帰宅した。


キープしたニジマス

b0121015_1559592.jpg

[PR]
by rikkyofishing | 2009-03-06 16:02 | フライフィッシング
2月28日、3月1日 川崎東扇島西公園(カレイ&根魚狙い)


たまには行ったことの無いポイントにもいってみよう、ということで今回は川崎の東扇島西公園へ向かった。


40センチ近いメジナが釣れたり、何故かカンダイや大きめのシマダイ(イシダイにしか見えない)、時期によってはイナダ・サバなどの回遊魚が回ってくる、コンスタントに良型クロダイ&シーバスが釣れるなど、かなり派手な印象のポイントである反面、カレイやメバル、カサゴなどの堅実な釣魚の実績も高いポイントである。実は、昨年から東扇島西公園の釣果を掲載する某Y竿釣具店のブログをほぼ毎日欠かさず見ていてずっと行ってみたいと思っていたところだったのだ。


行程:練馬区内→(東京メトロ副都心線)→渋谷→(東急東横線)→武蔵小杉→(JR南武線)→川崎→(川崎市営バス・東扇島循環)→バス停・ダイワコーポレーション前→(徒歩約2キロ)→東扇島西公園 *往復交通費1,480円


しかし、ポイント到着までが非常に難儀だった。練馬から東京メトロで池袋を経由し渋谷に出て東横線で武蔵小杉、南武線で川崎、とここまでは何一つ問題なかったのだが、川崎駅からのバスが分かりにくいうえ、夜は本数が少なく、しかも最終のバスは西公園最寄りのバス停を通らないらしくかなり遠いところで市営バスから放り出され西公園まで寂しい埋め立て地を延々と歩く羽目に。地図で見ると2キロ弱ほど。カレイ仕様の荷物を抱えていたので釣りを始める前からけっこう参ってしまっていた。


バス停からこんな埋立地を延々2キロほど歩く羽目に・・・

b0121015_11113142.jpg



そしていよいよ釣りを開始! 早朝の干潮に勝負をかけるつもりだったので投げ竿は一本しか出さず、主に根魚狙いをやっていた。しかし、一昨日の降雪を伴う寒波の影響で水温が低下したためか、全くといっていいほど魚っ気が無かった。意外と浅く海底に障害物らしきものがあまり無いためカサゴ狙いにも反応が無い。ブログには「カサゴ爆釣」のようなことが良く載っているのでどこか溜まっている穴があるのだろう。メバル狙いもヘチと沖目を一通り探ってみたがアタリ無し。一応、北よりに申し訳程度にテトラがあるが、ここも夜間でも底が見えるくらいに水深が浅く、それほど魚が着いているようには見えない。投げは近場はヒトデばかり、遠投すればヒトデは減るのだが魚は何もかからなかった。


(う~ん、こんなことなら素直に幸浦にでも行くんだった。)


常連客らしき釣り人と話したのだが、今日はイマイチだとのことだった。しかも、普段は常識的には考えられないくらい釣れると言っていた。魚種もかなり豊富だし、都心から近い、こんなに都合のいい釣り場は他に無いと思う、と、まあベタ褒めであった。


しかし、周囲も一様に沈黙である。ただ、北寄りのテトラに乗ってルアーをぶん投げていた人たちがシーバスをガンガン釣っていた。どうやらバチのパターンが開始しているようで、波紋が水面に出ていた。私も飛ばしウキを着けてねじワームの夜行イエローで探ってみたら1投目から釣れた、・・・メバルが。しかし、単発な感じ。数回周辺を通してみたが、追加出来ず。


メバル15cm弱くらい 沈みテトラの上を漂わせたらヒット しかし、この1匹のみ・・・

b0121015_1115366.jpg



夜明けが近づくにつれ、駐車場のゲートが頻繁に開閉するようになった。朝マヅメを狙う釣り人たちが集まりだし釣り場が混んできた。こうなるともう投げ竿をほったらかして根魚をやることは出来ない。もう一本投げ仕掛けを投入し、投げ釣りに集中した。


釣り場風景

b0121015_11191238.jpg



穂先を眺めていると、二本のうち一本の穂先をが震えた。少し送りこんでからあわせると確かな魚の感触! しかし、かなり暴れていたので同時にカレイでは無いこともわかった。上がってきたのはセイゴ。30センチ程度。この他にも早朝に投げで60センチオーバーが釣れていたのでシーバスは安定して釣れるのかもしれない。めぼしい釣果はシーバスのみだった。カレイは見ていない。


投げにセイゴ 他にも60cmオーバーが釣れていた(*2009年7魚種目ww)

b0121015_11175639.jpg



場合によっては売店でエサを買い足して夕方までやろうかとも考えたのだが冷たい雨が降りだしたので午前8時過ぎに早々と納竿。
[PR]
by rikkyofishing | 2009-03-01 11:19 | 投げ釣り(大物系)