「ほっ」と。キャンペーン

about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

3月28日 磯野池(神奈川県中郡大磯町)



 知る人ぞ知る野池があるという情報を複数の筋からキャッチした私は、前々から釣行の機会をうかがっていた。3月も終わりに近づき、だいぶ春めいてきたということで本日釣行。


 「ヘラブナ師が多い」という前情報から、なんとなく農村自民党的腐臭を発した野池を予想して警戒していたが、着いてみると普通のこぢんまりとした野池であった。いわゆる、農業用の溜め池的な雰囲気。


 震生湖でも思ったのだが、基本的にヘラブナ師はそんなに悪い人間ばかりじゃない。先入観はよくないと思った。ここはヘラブナの魚影が濃いのか、次々と竿を曲げていた。私もお金があればぜひやってみたいのだが。


 実は、さんざん道に迷ったすえに池へとたどり着いたので(駅から徒歩で3時間かかった)、15時釣り開始。ヘラブナ師たちを避けながら、ブリッツMRやワイルドハンチなどのクランクベイト主体で探っていった。


 一度、金森隆志の「ノーブレーキキャスト」をふざけて真似してみたら、とんでもない勢いでバックラッシュした。もう二度とやらないことにした。


 結局修復不可能。せっかくもらったマシンガンキャスト12ポンド(試供品・75m巻き)が半分以上ダメに。


 16時を過ぎると、他の釣り人がほぼ一斉に撤退。確かにすごく寒かった。メタマグのボディが冷たい。スプールにわずかに残ったラインが冷たい。


 プレッシャーがかなり低い状態で夕マズメを迎えられることに。


 水面にはかなり頻繁に魚が出ていたが、すべてヘラブナ。ほぼ、断言できる。まだ、若干時季が早いのか。テキサスなどでもっとスローに狙うべきなのか。いや、やはりクランクベイトで通そう。(だって寒くてルアー変えるのめんどくさい)


 と、そのときであった。


 対岸の斜面でパキパキッと、小枝が折れる音がした。(はて、まだ誰か残っていたのかな?)と思って、ふっと目をやると、動く灰色の物体。まさかのイノシシ!


 確かに「イノシシ注意!」的看板はあったが(どう注意せえというのでしょうか…)、神奈川県にもイノシシがいるのか! と驚愕。まあいたっていいとは思うが、それにしたって、ここは丘陵地帯で街からそれほど離れていないのだ。


 ヤツは斜面をゆっくり降りて、対岸へ。てか、そこ、さっきオレが釣ってたところじゃん!! ちょうど池を挟んでイノシシと対峙するかっこうとなった。向こうも一瞬動きを止めた。気づいたのだろうか。もし、ずっとあそこで釣っていたら、襲われていたのだろうか…。イノシシって、歯はあるのかな(あるよな、もちろん)。イノシシって、人を襲うのかな(襲うからこそ、注意がうながされているわけだ)。


 個人的には思わぬ「ネタ」が投下されて、ありがたかった反面、それ以降は常にイノシシの気配におびえることに。野池でイノシシに襲われるなんて…カッコ悪すぎる。


 風が吹いたり鳥が飛んだりするたびに、ビビっていた。


 思えば、池に私ひとりになって、イノシシが安心して降りてきたのだろう。


 結局、何も釣れず、終了。実釣正味2時間。大磯駅から帰った。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-28 22:39 | バスフィッシング

3月22日 震生湖

3月22日 震生湖


 二日連続で震生湖。


 前日はスライドスイマーしか投げなかったので、今日はある程度予定を組んでから釣り開始。


 まずは、ブッシュまわりや落ち葉などのゴミが溜まっているあたりをラバージグ+バイズクローで探っていく。


 ピッチングを繰り返したが、アタリはなし。小池は夕方になるとでかいバスの気配があるのだが、昼間見えた限りではドでかいコイばかり。なんとなく、コイが多すぎるとバスは負けてしまうのではないかと前々から思っていて、小池はほどほどにし、大池へ。しかし、こちらも反応はなし。


 次は、クランクベイト。


 ブリッツMRやワイルドハンチ、グリフォン(貰い物)などを適当にローテーションさせつつ巻いていく。


 現在使用しているライン、バークレイの「バニッシュウルトラ」は劣化が早いのか、何回か使用すると極端に扱いづらくなる。たまに、ラバージグを対岸近くまでぶん投げてヨレを伸ばさねばならなかった。


 次はラバージグでボトムを叩いてみたりしたが、特に反応は無し。


 ワームなら? どうなる? と思い、ワンナップシャッド5inをノーシンカーで水面引いてみたりしたが、微妙。


 ヘラブナ師たちは、「エサに寄ってきたギルを追ってでかいバスがウロウロしている」というような趣旨のことを言ってはいたし、事実いるにはいるのだろうが、やはりここのバスは相当スレているのか、釣れない。


 夕方はクランクベイトを中心に、たまにスライドスイマーを投げた。薄暗くなるまで続けたが、結局ダメ。


 三連休三日連続丸ボーズ。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-22 21:38 | バスフィッシング

3月21日 震生湖

3月21日 震生湖



 早朝、午前5時過ぎ。目覚めると強風を伴う雷雨という最悪の状況。しかし、もともと予報が悪かったので、これは「想定内」。再び、寝る。


 9時半頃、再度目覚めると、カーテンの隙間から日差しが! すっかり晴れていた。いかん、寝すぎた。本当は雷雨が収まる頃には秦野に着いていたかったのだが…思っていたより早く雨が止んでしまった。これは想定外だった。


 急いで準備をして駅へ向かったが、なかなか電車が来ず。今朝の雨で遅れていた模様。


 相鉄と小田急を乗り継いで、はるばる秦野へ。この時点で既に正午をまわっていた。


 いつもどおり徒歩40分で震生湖到着。


 今日はスライドスイマー115を投げ倒すことに。水温も上がってきただろうし、今日こそは釣りたい。


 バスがついていそうなポイントにピッチングでスライドスイマーをプレゼンテーションしていくが、特に追ってくるような気配はない。


 まあ、何周かすればアタリくらいあるだろうということで、テンポよく探っていった。ヘラブナ狙いは今日も風がキツそうだったが、震生湖は上手い人が多いのか、たまに竿を曲げていた。


 なんて、よそ見しながらリトリーブしてたら、ロープにガツン。雨で水位が上がっていたため、ロープが見えにくかったのだ。幸い、奇跡的に引っ張ったら外れた。3,000円がパーになるところだった。


 たまにルアーの背後で波紋が立つことがあり、バスの気配を感じたが、喰わせることが出来ず。


 また、駐車場横のワンドで見えバスを見つけたものの、手持ちがベイト一本だったため、こちらも喰わせられず。(スライドスイマーぶちこんだら、普通に逃げられた…)


 さらに、ロープまでの距離が遠いと踏んでブレーキいじってオーバーヘッドでキャストしていたら、飛びすぎて引っ掛かってブチン。2,940円が…。


 一度は諦めて釣りを再開したのだが、…《湖の管理人氏に頼めばボート貸してくれるんじゃね? だいたい、あんなところにルアー引っ掛かってたら水鳥にだってよくないじゃん》と思い、管理人らしき人物を探すことに。


 しかし、だれが管理人か分からず、しばし様子をみた。小一時間ほどしたころ、鳥に餌をやっていた人物(それまでは他のヘラブナオヤジたちと一緒に釣りしてた。どうりでわからないわけだ)を発見。たぶん、管理人だろうと思い、声をかけてみたら、「いいよ!」と、あっさりボートを貸してくれた。


 無事、回収◎ 感謝感謝である。


 夕マズメは、水面にバスが出ていた。ゆっくり巻いたり、逆に早く巻いたり、トゥイッチかけたりしてみたが、喰わせることは出来なかった。


 結果的には釣れなかったが、魚の気配は濃くなってきたし、そのうち釣れるだろう。ルアーを回収できたのも良かった。


 スライドスイマーはいささかアピールが強すぎるのか…出るとしたらでかいのだろうが、次はクランクベイトなんかも試してみるか。(実はいまだにプラグでバスを釣ったことがないので、なんとかプラグで釣りたい)
[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-21 19:16 | バスフィッシング

3月20日 鶴見川

3月20日 鶴見川


 強風が吹き荒れる連休初日、現在全敗中の鶴見川へ。


 新横浜までは電車、そこから約10分ほど徒歩。しかも、横浜までは定期があるので実に片道160円。釣り場まで安くなった。まあ、これは鶴見川が私にとって普通に魚を釣ることのできる「釣り場」であるならばの話だが。


 電車を降りると、休日の新横浜には人がたくさんいた。日本は豊かな国なのだ。横浜アリーナでイベントでもあるのか、日産スタジアムでサッカーでもやるのか知らないが、まともな人々を横目に一直線に鶴見川を目指す。


 正午開始。


 温排水エリアから新羽橋までをスライドスイマー115で探っていった。しかし、折からの強風で足場が少しでも高い場所ではルアーがまともに泳がず、苦戦。水位も低めで、ブッシュにも魚が着けなさそう。しばし、攻めあぐねる時間帯が続いた。


 14時過ぎ、対岸に移り、依然水位は戻らないまま、テキサスで撃っていくことに。


 バイズクローをセットしたはいいが、やはり攻められる場所が少ない。風もビュンビュン吹いていて、やりづらい。


 たまにスライドスイマーに付け替えたりしながら、亀の甲橋方面へと、釣り上がっていく。


 ところどころにコイはいるが、バスらしき魚は見えない。水温は上がってきたと思うので、シャローで姿をみるくらいはできるかと思っていたのだが、それもかなわず。そして、今日は一向に水位が上がらない。満潮が遅いのか。調べてくるべきだった。


 川は難しい。


 ラバージグにかえてみたが、なにも。


 夕マズメに勝負をかけるべく、徒歩で温排水へ。日が暮れるまでスライドスイマーを護岸際やブッシュ周辺、対岸周辺、水中ストラクチャー周辺を引き倒したが、ダメ。一度、どでかい魚が跳ねたが、ものすごく太いコイがいたのでそいつかも知れない。


 明日は早朝一雨くるそうなので、様子をみつつ、朝から震生湖に行こうと思う。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-20 21:16 | バスフィッシング

3月13日 震生湖

3月13日 震生湖


 震生湖へ。三度目の挑戦。


 横浜に引っ越してから初。多少は近くなるかと思いきや、そうでもなかった。相鉄線(生まれて初めて乗った)で海老名まで行って小田急で秦野。バスはなく、駅からはいつもどおり徒歩約45分。


 午後イチから釣り始め。


 先週買った、デプスのスライドスイマー115を投げてみたかったので、最初はこればかり投げた。


 ゆっくりただ巻きするだけでもいい感じにウネウネ泳いでくれる。トゥイッチングのような感じにしてみると、アクションがトリッキーでさらによい感じ。強いて言うならば、ボディが柔らかい素材で覆われているため、フックが引っ掛かりやすい点は気になる。


 震生湖はヘラブナ釣りのための、ボート固定用のロープが各所に張ってあり、また頭上や左右に木があることが多く、フルキャストはしづらい。したがって、ほとんどピッチングで攻める感じ。


 今日は非常に風が強かった。


 暖かくなってきたためか、ヘラブナオヤジさんたちがたくさんいた。ただ、あまり釣れていなかった。風が強くて、アタリもとりにくいだろうし、うまくマキエで魚を寄せられないのだろうか。


 いろんなところにスライドスイマーを放り投げたが、一度も追ってくるような気配を感じることはできず…。


 ルアーのサイズを下げ、リアクションを狙う意図で、ワイルドハンチやラトリンジェッターをキャストしてみたが、だめ。


 クリスタルS・シャローロールもだめ。


 最後は、再びスライドスイマー115をキャストして、17時45分ごろ暗くなりだしたので終了。


 夕方は水面に魚がでていたが、ちょっとサイズが小さかった。たぶん、バス。


 15時すぎ頃、ライトリグで探っていた青年が35cmちょいくらいのバスを釣っていた。それ以外はヘラブナを含め、特に魚が見えなかった。


 やはり朝イチに分があるのか。そして、スライドスイマー115も、もう少しリアルなカラーがいいのかも知れない(私が持っていったのはパールホワイトとチャートリュース)。いずれにせよ、これから良くなっていくと思うので、諦めずに行ってみたいものだ。


field:震生湖(神奈川県秦野市)
day:2010年3月13日
time:12時30~17時30分
catch:ノーフィッシュ!
rod:コルキッシュCKC-662M
reel:メタニウムMg
line:フロロ16ポンド(VANISH ULTRA)
lure:スライドスイマー115(デプス)、クリスタルS&クリスタルSシャローロール(ノリーズ)、ワイルドハンチ(エバーグリーン)、ラトリンジェッター(ノリーズ)

[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-13 22:31 | バスフィッシング

3月6日 鶴見川

3月6日 鶴見川


 わけあって再び鶴見川。


 雨に降られた。


 しかも釣れなかった。


 今回は鶴見川エキスパートも同行だったのでかなり期待していたのだが…。毎回釣れるとは限らないらしい。


 ただ、一度バスらしき影が追ってきたし、得体のしれない魚をバラした。


field:鶴見川(神奈川県横浜市)
day:2010年3月6日
time:7時30~17時30分
catch:ノーフィッシュ!
rod:コルキッシュCKC-662M
reel:メタニウムMg
line:フロロ16ポンド(VANISH ULTRA)
lure:バズジェット(デプス)、スーパーV-FLAT・バレットシャッド(メガバス)、クリスタルS&クリスタルSシャローロール(ノリーズ)、ブリッツ(O.S.P)、テキサスリグ(センコー・バイズクロー)

[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-06 22:41 | バスフィッシング

3月1日 鶴見川

3月1日 鶴見川


 わけあって、平日に鶴見川を丸一日駆け回った。(*1)


 区間は日吉周辺の矢上川合流地点から新横浜の日産スタジアム周辺まで。


 前日の津波の影響か(*2)、川の水位が頻繁に増減し、苦戦。大会かなにかでもらったバリソンミノー(デプス)と気にいっていた赤いブリッツ(O.S.P)をロスト…。


 せめてコイでも、と食パン(超熟)をもっていったが、コイすら釣れなかった。


 私の初バスはいつ…


field:鶴見川(神奈川県横浜市)
day:2010年3月1日
time:7時30~17時30分
catch:ノーフィッシュ!
rod:コルキッシュCKC-662M
reel:メタニウムMg
line:フロロ16ポンド(VANISH ULTRA)
lure:バズジェット(デプス)、スーパーV-FLAT(メガバス)、クリスタルS&クリスタルSシャローロール(ノリーズ)、ブリッツ(O.S.P)



*1…会社をクビになったわけではありません。念のため。

*2…一切根拠はありません。言っているだけです。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-03 08:23 | バスフィッシング