「ほっ」と。キャンペーン

about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月29日 震生湖

b0121015_22143553.jpg



4月29日 震生湖



 写真は雑誌『ニュートン』最新号の表紙だ。「生物多様性」という見出しが目立つ。今年は愛知でCOP10(生物多様性会議?)が開催されるということもあり、「生物多様性」という言葉が徐々に一般にも認知されはじめている。環境関連の人々は口をそろえて、「次なる環境のキーワードは『生物多様性』だ」という。


 この『ニュートン』では、離島や島国などの閉鎖水域における生物多様性を脅かす存在として、見開き2ページで琵琶湖のブラックバスが紹介されている。


 立教の教授に、「生物多様性を守るために外来魚は駆除せねばならない」という主張を展開し、釣り業界を痛烈に批判する人物がいる。彼は数多くの外来種の中でも「オオクチバス」を主なターゲットとしており、それは釣り業界の反発の大きさが、自らが確固たる姿勢で「闘争」していることを示すのに都合がよいと考えるからであろう。


 そんな教授がいるせいか、私は在学中、釣りが好きであることを知られると、よくほかの学生からバス問題に対しての意見を求められた。当時、私はバス釣りの経験がほとんど無かったものの、どちらかと言えば「バス擁護」の姿勢を示していた。釣り人が釣りを楽しむ権利は不可侵だ、と。そのことでよく非難された。「日本の生態系がどうなってもいいのか」というようなことを言われるのだ。大学卒業後、ひょんなことからバス釣り関連業界で働き始めてからは、「大学出てまで犯罪の片棒かつぐような仕事をするのか?」と非難された。もちろん、バス釣りは犯罪ではない。こういうタイプの学生は、いわゆる最近の若者にありがちな、「2ちゃん系ネット右翼」じみた安易な思想を持ちつつも、その「痛さ」に自分では気付かない、あまり思考能力が高くないタイプが多かった。だから、特に気にはしなかった。


 しかし、そういうこともあって、この「生物多様性」という言葉を聞くとつい身構えてしまうのだが、少なくともこの『ニュートン』の内容は中立的で、バス関連以外のページも興味深いものだった。飽くまでも科学的な問題提起であり、決してこの雑誌の内容がそのまま外来魚バッシングの再燃につながるとは考えられない。


 しかし、誤解を承知で言えば、ご存じの通り大部分の日本人は「バカ」である。


 問題なのは、この「生物多様性」という言葉がより広く一般に認知された場合、ポピュリズムに迎合することが多いテレビ朝日などのダメなメディアが、「生物多様性」の保護を重視する姿勢を示し、視聴者の支持を得たいがために、バスとバス釣り、そしてバスを釣る釣り人を「悪」として祭り上げる可能性があることだ。映像を使用した印象操作の威力は強力だ。物事をいかようにも歪曲することができる。


 最近では、アメリカザリガニやウシガエルなどまで駆除されているという。親子でブラックバスの駆除大会に参加したり、中学校の総合学習でブルーギルを駆除したりするらしい。


 「総合学習」とは、特定の考え方を学生に押し付けるものなのだろうか?


 「邪魔者は排除する」ような教育は、果たして教育的なのだろうか?


 「環境」というものは極めて抽象的な概念であると私は考える。環境保護の効果はすぐに実感できる種類のものではない。要するに、環境省は特定外来生物法の制定によって、実績をつくりたかったのではないか。当時は非常に勢いがあった小池百合子が、勇ましい言葉とともにどこかで聞きかじってきた外来種の有害性を得意気に説き、拍手喝采を浴びた。それに対して、ろくに漢字も読めないようなデクノボー政治家・麻生太郎をお飾りで会長とする「日本釣振興会」(一応、釣り人たちの利益を代弁していることになっている)が政治力で負けた。これが、5年前に起こったことのすべてなのだ。


 生物多様性は人類にとって本当に必要なものであるのかも知れず、外来種の駆除はやむを得ない部分は確かにあるのかも知れない。しかし、いち釣り人として、わざわざ環境省の小役人たちの肩を持つ気には到底なれない。


 誰かを批判する際に、よく、「自分のことしか考えていない」、「利己的だ」というような言い方がなされる。おそらく、バスを擁護する釣り人が大衆から浴びせられるのは、そういった類いの言葉なのだろう。


 しかし、自らの利益を守ろうとすることは、そんなに悪いことなのだろうか。こうした文言は「誰か」を黙らせるためにあるものであり、こういった言葉の使い方をする人間は、ただ感情的に「誰か」を糾弾しているだけであって、大抵の場合、その発言には論理性が欠落している。彼らは、外来種の駆除を声高に叫ぶことによって、カタルシスを得たいだけなのではないか。環境のためでも、生物多様性のためでもなく、他ならぬ「自分」のためにバスの存在とバス釣り、そしてバス釣り人を批判しているのではないか。


 そういった人々がいくらわめいたところで、「環境」はよくならないし、「生物多様性」も守られないだろう。彼らは単に流行に乗っているだけで、どうせすぐにすべて忘れるからだ。そもそも、「環境問題」に流行り廃りがあるというのもおかしな話だ。


 しかしながら、大前提として、大メディアの言うことは「正しい」ことになっている。日本という国は学歴社会であり、資本主義国である。当然、東大を出て朝日新聞などの大マスコミに就職した人間の言うことは「正しい」し、大きな金が動くテレビ、新聞の論は「正しい」。そういう「正しい」ことに同調する人物は、例え何も考えていなかったとしても、「正しい」のだ。こうした当然のことが受け入れられない人物は愚かであり、彼の発言は黙殺されるだけである。それくらいのことは私にもわかる。


 バス・バッシングが再び過熱したとき、重要なのは大声を上げて抵抗することではない。この国では「声」が大きければ大きいほど大きな力で押さえつけられる。


 大切なのは、敵をつくるような真似を、とにかく慎むことだ。釣り場のゴミの問題などにもっと関心をもち、改善の努力をする。バス釣りによって、より経済が活性化する方法を考える。釣り場では傍若無人な振る舞いをしない。「これだからバス釣りは…」と言われないように、節度を保った行動を心がける。地道なことでしか、バス釣りをとりまく環境は改善できない。


 一歩でも間違い、世論を完全に敵にまわすようなスキャンダル(業界関係者による違法放流の現行犯逮捕などが考えられる)が起これば、おそらくもうあとは無い。


 そうなれば、バスを効率的に駆除する方法が見つかり次第、バスの棲息数は激減し、「バス釣り」は成立不可能な状態に追いやられる。


 紛糾するアメリカ軍の普天間基地移設の件など、もろもろで支持率を急落させている民主党政権が、藁をもすがる思いで、来るべきバス・バッシングの流れに乗る可能性もじゅうぶんに考えられる。「利用」されないための防御線を、いまのうちから張っておく必要があるのだ。


 そして、再び「嵐」が訪れたら、姿勢を低くしてじっと過ぎ去るのを待つ。残念ながら、それ以外に方法はない。我々の利益を代弁する(ことになっている)政治家たちも、彼らが所属する政党も、一切頼りにならないのだから。


 「オオクチバス」を「特定外来生物」として指定する「特定外来生物法」が施行されて、今年で5年。バス釣りは再び大きな節目を迎えつつある。






 ……魚ですか? 釣れませんでした。


field:震生湖(神奈川県秦野市、中井町)
day:2010年4月29日
time:13時30~18時30分
catch:ノーフィッシュ!
rod:コルキッシュCKC-662M
reel:メタニウムMg
line:ナイロン14ポンド(サンライン/マシンガンキャスト)
lure:ブリッツ、ブリッツMR、ワイルドハンチ、モデルA6A、などなど

[PR]
by rikkyofishing | 2010-04-29 22:14 | バスフィッシング

4月25日 一碧湖

4月25日 一碧湖


 今年に入ってからあまりにも釣れないので、「大きな管理釣り場」の異名を持つ河口湖か、今月21日の放流後釣れているという山中湖へ行こうかと思ったのだが、高速バスで前夜入りして健康ランドにひとりで泊まる勇気がなく(笑)、レンタカーを出す金もなく、断念。始発の東海道線に乗って西を目指した。


 2時間弱で伊東駅に到着。ここからバスで一碧湖を目指す。雄蛇ヶ池とおなじく、バスの老舗フィールドであり、ヘラブナ釣りのメジャーフィールドでもある。「伊豆の瞳」とも呼ばれる美しい天然湖だ。ブルーギルが古くから移入されていた湖であり、バス目線では「ギル食べ放題」。フナもいて、ベイトは豊富なので、環境はいいはずだ。


 手漕ぎボートを借りて、のんびりやることに。タックルはメジャクラロッド+メタマグのベイト1セットのみ。使用ルアーは、スピナーベイト、クランクベイト、バズベイト、バイブレーションなど。一応、スライドスイマー115も持ってきた。


 さて、伊東駅からは「バスで25分」とのことである。しかし、バスというのはなかなかくせ者で本数がなかったり、いそいで乗ってしばらくして間違いに気づいたりする。そもそも縁もゆかりもない土地のバス路線図を瞬時に理解するような高等な知能は私には備わっておらず…。今回もやってしまった。


 せっかく、7時45分に伊東に着いたのに、一碧湖にたどり着いたのはなんと9時。何があったかというと、バスを間違え、どうやら一度伊豆高原のあたりまで行きかけた模様。途中で気付き慌てて下車→一碧湖まで徒歩行軍という、これまでに幾度となく経験している類いの間違いをまた繰り返した。


 (…ゴジラにひねり潰されちまえばいいのに…)などと思いながら、おそらく一生縁がないであろう高級別荘地を抜け、一碧湖にようやく到着。すでにたくさんボートが浮かんでいる。しかし、なぜかバスは9時30分からなのだという。うーむ、早く来ても岸釣りしかできなかったのか。まあ、出遅れてはいないことがわかってひと安心。


 待っている間に偏光で水中を観察してみると、けっこうシャローにバスがいる。狙われ尽くしているだろうから、たぶん釣れないだろうが、鳥のエサに寄ってきたブルーギルやフナなどを目当てにしている模様。ボートで出たらどこに魚が着いているかを考えつつ探らなければならないだろうと思った。


 一碧湖のボート屋「百景園」は手漕ぎのみである。エレキの持ち込みは出来ないので、みんな平等に手漕ぎである。イマカツだろうと、トシ並木だろうと、手漕ぎである。現に、下野正希は以前の雑誌記事でがんばって自分で漕いでた。ちなみに、料金は一人でも二人でも2,700円らしい。これはちょっと安い(?)かな。入漁料は500円。


 ボート屋オヤジさんの話によると、いくつかある島の周辺がいいとか。水質はクリアで釣りをしていて気分が良かった。しかし、見える範囲にはいない。ここで、シーバス用のミノーを拾得。PEラインつき。「魚の形してれば釣れなくはないでしょ」的なノリかと思われる。O.S.Pのバズを引き倒したが、出ないし、バスを呼べている感じがしないので、クランクに切り替え水中に専念。しかし、釣れないまま、猛烈に腹が減ってしまい、ちょっと高いそばを食べて出直すことにした。


ちょっと高いそば

b0121015_18203470.jpg



 出直し後はクランク一本でカケアガリを攻めていく。いつも通りの、ブリッツ&ブリッツMR、ワイルドハンチ、モデルA6Aをデタラメにローテーションさせながら、探っていった。


 一碧湖の周囲には遊歩道が通っている。なるべく、遊歩道から遠い、人的プレッシャーがよい低い岸際を探っていく。一度、見えバスを発見し、即逃げられたので、フルキャストでギリギリ届くくらいの位置にポジションをとれるようにアンカーを打った。


35cmのバス

b0121015_18203433.jpg



 クロー系カラーのモデルA6Aをゆっくり巻いていたら、ズコンと重くなって、ヒット。反転した際に向こうアワセでフッキングしたようで、アタリは大きかったが、すんなり寄ってきた。というか、ゴリ巻き→ゴボウ抜きという、素人くさい余裕のないやりとりのせいで魚がまったく弱らず、写真を撮るのにてこずった。メジャーをあてると35cm。完全に産卵を控えた個体で、でっぷりしていて、肛門が赤かった。丁重にリリース。


 幸先よく正午すぎに一匹目を出せたので、これからもっとでかいの釣るぞー、と意気込んでいたのだが、13時を回った頃から急に風が強まり、湖面が荒れだした。意外と怖いし、すこし酔う。それでも気にせずデタラメローテーションを繰り返していたのだが、14時を回ると本当に風がヤバい感じになってきた。アンカーを打っても流されてしまう。15時頃にはヘラブナの釣り人たちが、ほとんど撤退。バス釣りの人々もどんどん帰っていって、最後は湖面に私ひとりかと思えるほど、さみしい感じになった。


 ブリッツを引っ掛けてしまい、なんとか回収すべく奮闘している間にもどんどん雲が流れ、太陽の光を遮り、不気味に薄暗くなったりして、心が折れた。まあ、一匹釣ったからいいや。ボート屋桟橋へ。


 ボート屋オヤジさんに「一匹釣れた!」というと、「今日は全然ダメ。他の人はみんなボーズ」とのこと。まだ、水温が低く(けっこう標高が高い?)、なかなか釣れていないのだそうだ。


 長年釣りをやってきて思うのだが、私の釣りは、「みんな釣れているのに自分だけ釣れない」パターンと「みんなは釣れないのに自分だけ釣れる」パターンの2パターンしかないようだ。


 その後、まだ帰るのは早いと思ったので、バスの時刻表を確認し、岸からキャストを再開。釣れなかったものの、産卵を控えていると思われるペア(30cmくらいと40cmくらい)がシャローをさ迷っていたり、バス個体数は多いような印象を受けた。


 遠いけど、芦ノ湖よりはアプローチしやすいので、また来ようと思った。


 それにしても、伊東にバスロッド持っていくのって変な感じだった。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-04-25 18:20 | バスフィッシング

4月18日 震生湖

4月18日 震生湖



 前日に横浜サンスイとタックルベリーを回って、モデルA6A2個をはじめ、クランク合計5個とO.S.Pのバズベイトを買った。モデルA6Aは新橋のタックルベリーでは傷もなくフックもしっかりしたものが210円だったが新品で買うと924円。地味に釣れるクランクらしいので何個か持っておきたかったのだ。


 それなのに、今朝起きたら12時。すでに朝じゃねえ。結局、震生湖に着いたのは、15時ジャスト。18時まで3時間程度しか釣りができなかった。


 しかも、せっかく買ったバズベイトと、前から興味を持っていたチャターベイトが入ったボックスを忘れ、結局クランクしかキャストできず。


 今日はサンラインのマシンガンキャスト14lbを使用。以前、湘南平の野池で使った12lb(試供品)はけっこうよかった感じがしたが、今日使った感じでは巻きグセがつきやすい感じがした。


 モデルAの6Aはいい感じにボトムスレスレをはってくれて、根掛かりも少ない。バス直撃→ヒットを狙えそう。


 震生湖は流れ出しがない(?)ため、雨が降ると水位が上がる。ヘラ台がいくつか水没し、最奥のワンドのショアラインがいくらか後退していた。今日も水多め。


 状況としては、ヘラブナのハタキが終わり、冬の間大池ではあまり見かけなかったコイが各地をうろつくように。本当にちょっとした変化だし、ただの思い違いかもしれないが、考えるヒントにはなるかも知れない。


 前回は見つけることができた「見えバス」すらも見つけられず、巻き続けただけで終了。


 ただ、周りの人は釣ったり見たりしていた模様。


 今度、丸一日真面目にやってみようと思った。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-04-18 19:58 | バスフィッシング

4月11日 震生湖

4月11日 震生湖


 仕事が金曜の夜で決着が着かず、土曜も新橋へ出勤。暖かそうな陽射しがさす窓を恨めしく眺めながら、ぐだぐだキーボードを叩き続けた。


(…これだけ晴れていれば、震生湖の魚はシャローに出てきているはずだ…一体オレは何をしているんだ、こんな薄汚いだけの町で)


 結局、なんとか決着をつけたのは土曜の夜8時過ぎ。釣具屋にも行けず。


 クランクとベイトタックルだけ持って、秦野へ。なぜか、秦野の町は先週も今週も太鼓を叩きながら練り歩く人々がいた。祭のようだ。キツネのお面が売られていた(多分)から稲荷神社の祭なのだろう。


 ちゃんと時間を計ってみたら、30分少々で到着。通い慣れてしまったということもあると思うが、意外と近い(そうでもないか)


 震生湖に到着してみると、ヘラブナ、バスともに人が多い。さらに、短い竿で小さなギルやフナを狙う人までいた。よく見ると、先週はあまり見なかったギルかなにかの小さな魚が岸際にけっこういた。しかも、エビ(テナガ?)まで釣れていた。非常に釣りの参考になるが、クランクしか持ってきてないので、基本的にクランクを巻く以外のことはできないのだが。


 まず、小池から探ったのだが、いきなりバス発見。35cmくらいか。岸際のブッシュ周辺で漂っていた。近寄ってルアーをキャストしようとしたら、どうも気づかれていたようで、ごくゆっくりとポジションを変えられた。ブリッツMRをキャストしても、何も起こらず。産卵の準備でもしていたのだろうか。


 小池の最奥まで行って、引き返した。水深がかなり浅く、クランクを巻くには適さない。


 大池へ。神社の下のワンドをそれぞれ探っていった。アタリは無かったが、対岸でトップを投げていた、趣味のいい感じのいつもいるトッパーの人が強烈なアタリをバラシ。水を弾く音が対岸の私にも聞こえたほどの、気持ちのいいアタリ、だがバラシ。サイズも悪くなさそう。やはり、岸際か。しかし、軽いトレッキングかなにかのつもりなのか、集団で歩き回る人がいたりして、基本的にハイプレッシャーな感じの時間帯が続いた。私も対岸へ移り、クランクを投げたが、シャローに魚を追い上げる様子を目撃したりと、明らかに状況がよい方向へ変わっている!


 前回20cm程度のちびバスを釣ったあたりで、ブリッツMRクロキンにガツンとアタリ。確実に魚だったのだが、フッキングできず。


 もう一回小池へ行ってみたが、日向ぼっこをしていたカメ(10匹くらい)を驚かしてしまい、一斉ダイブをかまされ、2、3キャストで無駄と判断。大池へ。


 神社側の岸を撃っていったが、アタリ無し。奥のワンドへ。17時30ころ。ここでも、回遊している、ややヤル気のあると思われるバスを発見したが、喰わせられず。終了。


 スピニングも持って来れば良かった。


 魚が見えれば釣れるというものでもないが、ギルなどのベイトの状態もあわせて考えると、かなり上向いてきた感じがする。土曜日の朝とかだったら、釣れる? のではないだろうか。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-04-11 19:57 | バスフィッシング

4月4日 震生湖

b0121015_18274117.jpg

4月4日 震生湖


 前日4月3日にとりあえず初バスを釣った。ということは、次はサイズ狙いだ。震生湖へ。


 クランクとシャッドをとにかく巻き倒すことに。


 横浜から相鉄線と小田急線を乗り継いで秦野へ。昨日の「12時間耐久フィッシング」で、石の上にも三年、ならぬ、「岩盤の上にも12時間」をやってのけたせいか、身体中が痛い。できればバスで行きたかったが、今日も便がなかった。仕方なく、徒歩40分。


 だいぶ暖かくなってきたような気がしていたのだが、そうでもなく、それなりに肌寒い。


 そうなのだ、まだ4月の初旬、寒くて当たり前。夜、会社帰りに、新橋の小汚ない公園で花見らしきことをしている人々を見かけるが、かなり理解不能だ。


 震生湖に到着すると、雨が降りだした。それほど強い雨ではないが、寒い。


 ワイルドハンチやブリッツMRなどを適当にキャストしまくる。ルアーを見切られないように、3キャストごとにカラーをかえ、小まめに場所移動。しかし、釣れないまま5時を迎え、「今日も釣れないのか…」的空気に。


 小池と大池の間の橋のたもとから 扇状にクランク攻勢を仕掛けていたら、ブルブルと魚の感触。ただし、小さい。すんなり寄ってきて、そのまま抜き上げ。


 25cmもないくらいの、小バス。ルアーに掛かったこと自体が驚きのサイズだが、記念すべき震生湖初バスだ(笑)


 しかし、なるべくでかいのを狙ってきたのに、まさかのサイズダウン。


 まあ、これからよくなるでしょう。


 ヒットルアーは貰い物のアメリカ製クランクベイト。チャートっぽいカラー。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-04-04 18:27 | バスフィッシング

4月3日 高滝湖

b0121015_20384191.jpg

4月3日 高滝湖


 会社の上司と高滝湖へ行った。


 発端は私がいまだに「プラグでバスを釣ったことがない」と言ったことだった。昨年、数本バスを釣ったのだが、八割スピナーベイトであとはカットテールとエグジグ。


 しかし、一番金を使っているのは、プラグ類である。この「ねじれ現象」解消の糸口として、まずは一匹プラグで釣ろう、と。


 狙うは産卵期のワカサギを追っている、高滝湖のバス。シャッドミノーを主に使用。しかも、早朝と夕方に爆発するピンポイントに連れていってもらう。至れり尽くせりだ。


 早朝5時、件の高滝湖のピンスポ到着。しかし、先行者あり。仕方ないので、その近くで釣り開始。先行者はガンガン釣っていく。あとで話を聞いたら、朝だけで20本以上釣ったとか。


 私はビーフリーズやスカッドミノーをキャスト。春先の高滝湖は「高滝巻き」といって、シャッドミノーや小さいミノーの速引きが有効らしいのだ。しかし、私にはなかなか釣れない。たまに、アタリはあるが、フッキングさせるのが難しい。というか、向こうがかかってくれないと、多分どうにもならない。


 上司もバラしてはいたが、それでも朝だけで4本キャッチ。私とはルアーの泳層が少し違う模様。


 焦っていると、私にもヒット! サイズはそうでもないのだが、ライトリグ用スピニングロッドなので、だいぶ手こずった。水面に口を出させてみると、リアフックが一本しかかかっていない。「ケツバリ一本」ってやつだ。結局、バレた。早朝のチャンスタイムはこれにて終了。


 それ以降は単発的に周りの人にヒットがあったが、私は掛けてもバラしてしまう。上司は数本追加。ベイトタックルでの強引なやりとりしかしてこなかったツケがここで出た。


 本来、私が早朝に「プラグでバスを釣る」という目標を達成していれば、野池か三島ダムにでも転戦する予定だったのだが、このピンポイントに夕方まで陣取ってより確実に釣る方向へ。


 日中はポツポツと出てはいたが、私はあまりシャッドは投げず、スピナーベイトやクランクベイトを巻いていた。


 そして、日中は湖上にたくさん浮かんでいたボートが帰っていったあとにチャンスは訪れた。


 バスの捕食と思われる水面のもじりが出始め、とにかくキャストと高速リトリーブを繰り返す。そして、とうとう私にもヒット。ラインテンションを絶対に緩めないよう気を配り、なんとか足元まで寄せ、ハンドランディング。35cmほどだったが、私のプラグでの初バスであり、2010年の初バスである。良かった良かった。


 水面には依然としてバスの反応が出続けていたので、キャスト。すると、すぐにヒット。今度はサイズダウンして30cmほど。上司も2本追加。


 しかし、釣りすぎるとスレてしまうようで、バスの反応が沖へ遠ざかってしまう。結局、これ以上の追加はできなかったが、粘った価値はあった釣りだった。午前5時半から午後6時過ぎまで、なんと実釣12時間。よくがんばったものだ。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-04-03 20:38 | バスフィッシング