about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月25日 丹沢湖

7月25日 丹沢湖


〜2日連続丹沢湖釣行〜


 前日は玄倉→中川→永歳橋と回って、永歳橋周辺で魚影を目撃。よって今回はなるべく早く家をでて、まず永歳橋から探ることにした。といっても、結局は電車なので9時ごろに到着。


 電車釣行とはいえ、どのみち金はそれなりにかかっているので、2日連続でやるんだったら泊まればよかった。そうすれば、ちゃんと休めるし、朝マズメもいける。ただ、たぶん高いんだろうな。


 ポイントにはだれもいなかった。偏光グラス越しにブッシュまわりをのぞくと、魚の影がたくさん。しかし、小さい。


 カットテールを落とし込むとバイトがあったが、明らかに食いきれていないので、少し沖へキャストすると、ラインが走った! しかし、顔だけ見えてバラシ。もう一回キャスト。今度は長めに待ってフッキング。


 上がってきたのは思っていたよりは大きい、30cmほど。しかし、こいつらと戯れるために、熱中症対策にポカリスエットを買い込んで丹沢湖くんだりまでやってきたわけではないのだ!


 冠水ブッシュ→永歳橋下までスピナベを撃っていく。無反応。クランクも無反応。ファットイカをフォーリングさせてみたが、こちらもダメ。先ほどのカットテールを今度はワッキーがけにしてみたが、これもダメ。


 仕方がない。小バスと戯れるか。


 ピンクの3.5インチカットテールはあと一本しかなかったので、温存。桧原のスモールが爆発したスイングインパクト2インチとフリックシェイクなどのダウンショットで2匹追加。しかし、サイズダウンし20cmクラス……。


 世附方向へ、移動。


〜世附へ〜


 個人的未到達エリア、世附。流れ込む川と堰堤がある。岸釣りではこの堰堤付近がアプローチしやすそうだったので、この堰堤を目指す。


 日差しがキツい正午ごろ、3km弱の道のりを、自らをだましつつ(?)、歩く、歩く。


 到着してみると、アオコが発生していた。本流の堰堤は中心部から常に上流からの水が流れ込んでおり、いかにも魚が着いていそう。リザーバー特有の木クズ的な浮きごみも表層を漂っており、フロッグなどが良さそうだ。しかし、フロッグをキャストしても出ず。


 なんとかゴミを避けながら、バズベイトやスピナーベイト、クランクベイトなどを巻いてみたが、特に反応はない。ワカサギかなにかの細かいベイトは見受けられたが、のんびりしていたので、バスは不在だったのかも知れない。


 上流にマスの管理釣り場があるらしく、マスも流入してくるようなので、デプス/スライドスイマー115もしつこくリトリーブしてみたが、ダメ。


 暑さがキツくなってきたので、橋の日陰に腰掛けながら、スピナーベイトをひたすらキャスト。しかし、来ない。夕方まで待ちたかったのだが、翌日の仕事のこともあるし、なにより眠かったので早めに帰宅。


 うーむ、私のオーバー2kgバスはどこへ……
[PR]
by rikkyofishing | 2010-07-25 19:08 | バスフィッシング

7月24日 丹沢湖

7月24日 丹沢湖


〜大田区でアリゲーターガー!?〜


 数日前の東京新聞一面、都内で北米原産のアリゲーターガーが釣り上げられた記事が掲載された。大田区の「呑川」という、三面コンクリート張りのいわゆる都会のドブ川。最近、目撃情報が相次いでいたらしい。釣ったのは、東南アジアやアフリカなど、世界中で怪魚を追いかけている小塚拓矢さん。割と内に向きたがるいわゆる「最近の若者」とは違う、本物の好奇心と行動力をもった人だと思う。正直言って、嫉妬に近いものを感じるくらい彼の行動力はすばらしい。うらやましい。アリゲーターガーは、獰猛な肉食魚で、外来魚。それにもかかわらず、記事には「駆除ではなく、釣り人として釣った」との言葉が。マスコミに都合よくまとめられぬように、というところまでしっかり考えている。


 たぶんまだ東京新聞のサイトにあると思う。


〜丹沢湖へ〜


 減水中であらゆるポイントで岸釣り可能という情報をもとに丹沢湖釣行。


 実はこの丹沢湖でもアリゲーターガーの目撃情報があるのだとか。「飼いきれなくなったペットを無責任な人間が放した」というような言い方が一般的にはなされる。もちろん、そういった一面もあるだろうが、それだけで頻繁に目撃されるほどの個体数になるだろうか。話によると、熱帯魚店などが大きくなりすぎた個体を放流することがあるのだとか。釣りは禁止だが、神奈川県の宮ヶ瀬ダムは、そういった魚でガラパゴス化(笑)しているらしく、チョウザメまでいるとか、いないとか。なんらかの力関係でこの話はあまり一般的には語られない。


 もちろん、ガーを狙いに行ったわけではない。バスを狙う。御殿場線谷峨駅からバスで玄倉へ。インレット周辺でスピナベやクランクをキャストしたが、魚の姿が見えない。ラバージグでボトム付近も探ったが反応なし。


〜玄倉→中川〜


 若干アオコが発生しており、より水のよい場所を探して中川方面へ。途中で、インレットとシェードが絡んだいかにもなワンドがフリーだったので、入ってみたが、クリアで魚が見えない。見えていないだけでいるかもしれないので、スピナベやスライドスイマー115をキャストしたが、無反応。


 ほかの場所はすべて先行者あり。一気に中川の橋の少し上流へ。かなり減水しており、ボートできた5月上旬にはなかった滝ができていた。


 その滝より上流にはワカサギか何かのベイトがたくさん群れていた。バスが残っていることも考えられると思ったのでひととおり探ったが、細かいベイトばかりで大きなシルエットは発見できず。そのまま減水した川を下りボート屋のあたりまでインレット付近を中心に探ったが、ダメ。


〜夕マズメは永歳橋で勝負をかける!〜


 夕マズメは、永歳橋周辺へ。実績ポイントのようで、釣り人数名。冠水したブッシュの周辺はスピナベ、ブッシュの中はラバージグで探ったが、浅すぎて魚はついていない模様。橋の下で釣りをしていた親子が帰ったので入れ替わりで入ったら、バス発見! しかし、小さめ。30cmあるかないかくらい。


 クランク→逃げられる。コンポジットツインの逆付けネイルリグ→微妙。スピナベ→微妙。バズ→後ろから追ってきたが食わせられず。今日はスピニングを持ってきていないので、どうすることもできず。


 最後はひたすらバズベイトを巻いた。19時まで巻いたが、派手なボイルは起こらず、単発で地味な、しかもバスかどうかは微妙な魚の波紋が発生したのみで終了。


 今日は玄倉〜中川〜永歳橋まで歩いた。次は、永歳橋〜世附あたりを探ろうと思う。湖全体の、岸釣り可能箇所を含めた地図を自分の脚にたたきこみたいと思う。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-07-25 00:45 | バスフィッシング
7月18日 雄蛇ヶ池、その他


 仕事の関係で三連休のど真ん中に千葉へ。


 川、野池、雄蛇ヶ池を回ったが、川でバスらしき懐かしい引きの魚をバラしたのみで終了。雄蛇ヶ池と野池は減水とアオコがひどく、ほぼ釣りになっていなかった。特に、雄蛇ヶ池は昨年よりさらにアオコが悪化しているように思えた。減水でリリーパッドが各地で復活しているが、水位がもどったらソウギョにくわれるのだろう。


 魚を釣りたかったので、千葉市内でもうひとつ仕事を片付けてから一気に館山へ。


 数日前までアジが爆発していたという漁港でアジを狙うが、コマセが足りず釣れない。対岸ではまあまあ釣れていたのだが…。


 浜田の堤防へ移動し、夕マズメに回遊魚を狙うが、ノーヒット。


 かくなるうえは、シーバスでも…、と行けばとりあえず釣れそうなポイントでちょっとやるつもりが、下道では地元のお祭りの交通規制による渋滞に、館山道にのるとまた渋滞。


 結局シーバスはあきらめ、アクアラインを経由し、首都高を大森南で降り(ここから致命的な渋滞で、もしのっていたら1時間半コース)、10時半ごろ新橋着。後片付けをし、ギリギリ終電で帰宅。疲れで翌日はどこにも行けず。


 さんざんな連休だった。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-07-19 17:48 | バスフィッシング

7月4日 亀山湖

7月4日 亀山湖


 楽しみにしていた亀山湖釣行でしたが、早朝は雨、午後は猛烈な日射しに襲われた1日でした。


 釣果は同船したHRSさんが40cmぐらいのを2本と30cmほどの合計3本でリミットメイク。優勝です。


 そして、私と同じくOBとして参加していた修瑛が、なぜか50cmクラスのバスを釣り、ウエイトではブッチギリのトップに(OBのため参考記録)。


 「バス釣り不毛地帯」疑惑が濃厚だった我らが母校にもようやく明るいきざしが。これからもがんばってもらいたいものです。次は、立教勢との相性がすこぶる悪い高滝湖でも、ぜひとも釣りまくってもらいたいものです。


 …で、私の方はというと。最初は新調したエバグリのカバー対応ヘビーロッドとメタマグ7の使い心地にほれぼれしつつ、バックラもしまくり、致命的な症状を引き起こしてからは真面目に(?)ライトリグ。


 しかし、ワームもしくはカラーが合っていないのか、アタリすら無し。


 ポイントとしては、押込橋〜鳥居&島回り〜藤林大橋〜のむらボートあたりまでを順次探り、釣りながら戻ってきた。最後は鳥居の水中岬でフィーディングしているバスを狙ったが喰わせられず。


 結局、フリックシェイクのダウンショットワッキーをブッシュに放り込んで釣った100gちょっとの極小バスをウェイインし、終了(ヒロキには、「それは、ウェイインしないほうが…」と言われた)…という超絶トホホな結果に。


 基本的に私がずっと操船していたので、同船のHRSさんが好成績を残したということは、私のアプローチでも魚が釣れなくはないということだ。非常に苦しいエクスキューズですが…


 しかも、熱に弱い私は順位発表中あたりから若干調子が悪くなりはじめる。


 横浜に帰ってきてからは、現役女子大生であるさぎょちゃんと現役サラリーマンであるK.O.T.A.と修瑛の家で晩ごはんをご馳走になったが、微妙に食欲がなかったような。いつもならもっと食べてるような。睡眠不足の体を引きずるように帰宅、本当に即就寝。


 翌朝起床すると、のどの痛みと頭痛と体の節々の痛み、寒気、微熱などの症状に襲われ、仕事には行ったが、ほとんどはかどらず。


 「熱中症」の三文字が思い浮かんだが、なぜかのどまで痛かった。謎の奇病だ。


 現在も不調を引きずり、何を書いていいかわからなくなってきたので、思い付いたことと覚えていることを箇条書き。


■修瑛は数年前にも亀山で準優勝の成績を残しているが、高滝では不調。亀山と高滝はやはり釣り方がかなり違う?


■ブッシュのジグ撃ちをしていたという他大学の学生が2位に。私もちゃんとやればよかった(←安易)。


■亀山は魚探の必要性低い? 反面、高滝はやはり魚探があると強い?


■HRSさんの車のタイヤが往路でパンク。やはり、千葉は何かが起こる?
[PR]
by rikkyofishing | 2010-07-07 21:54 | バスフィッシング