about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3月6日 横須賀市内

3月6日 横須賀市内


 釣果/メバル15~22cm×11


 まず、漁港の堤防。風が少しあり、また日曜夕方だけあって人は少なめ。しかし、アタリまったくなし。浮いている気配もなし。さらに、電気ウキにも釣れていない。なんとか1匹だけ釣ったが、非常にシブそう。風も向かい風。


b0121015_2044586.jpg



 これはマズイ、と近くの釣り公園へ移動。入り口付近から順番に攻めていったが、魚が浮いている感じなし。探りながら、どんどん奥へ移動していくと、パシャパシャやってる地点発見。ここから約1時間で10匹。


 完全にメバルが浮いていたので、0.6~1.0gのジグヘッドに変えたら、これが大当たり。ワンキャストワンバイト。しかし、6番のフックのものしか持っておらず、口が大きないいサイズのメバルはスッポ抜けたりということも多かった。


 ヒットルアーは、オフト/スクリューテールグラブ、レインズ/メバミート、トリガー-X/プッツンテイルなど。最後の最後、22時で閉めるということでギリギリまで頑張っていたら、2分に一匹釣れるかバラすかしていた。プッツンテイルはキャスト直後にバイトしてくる「落ちパク」になることもあり、強さを実感。




b0121015_20483790.jpg

b0121015_21113234.jpg

b0121015_21353968.jpg

[PR]
by rikkyofishing | 2011-03-06 22:25 | ライトゲーム(根魚)

3月5日 横須賀市内

3月5日 横須賀市内


 釣果/メバル15~20cm×7、ムラソイ15cm×1


 1月のメバルの釣果をグンと伸ばした漁港へ。18時頃、到着。しかし、けっこうな人がいた。電気ウキの釣り人がけっこういてやりづらそう。そして、ルアーの人にはあまり釣れていない。とりあえず様子見で根元付近のボトムに石が入っているあたりをスクリューテールグラブで攻める。たまにあたるもなかなか乗らない。ようやく釣れたのは、15cm程度の微妙なサイズ。今日はクーラーボックスを持っていたが、さすがにこのサイズはリリース。あとが続かないし、釣り場確保を考えるとその場を離れて探り歩くことをためらうくらい、等間隔に釣り人。


 しかし、アタリは止まってしまった。仕方ないので少し歩いたところにある釣り公園へ。キャパシティは圧倒的に大きいが、イマイチどこを狙ったらいいのか分からず、個人的には苦手意識を持っているポイント。まず、スロープ周辺のテトラを探る。それほどキツくはない根を数ヶ所クリアしていくと、ヒット! けっこうなパワーで走ったが、ゆっくり手前に引き寄せ、抜きあげた。20cmくらいのメバルだった。こちらはキープ。二匹目のドジョウを狙って、またテトラ周辺にキャスト。すると、またしてもヒット。今度もけっこうな抵抗だったが、根があるのでやや強引に一気に引き寄せた。15cmくらいのムラソイだった。


 その後、公園内を探ろうとしたのだが、こちらもやはり人が多め。密度はそれほどでもないが、護岸と平行にキャストして護岸沿いを通すようなことはきびしそう。それでも空いていたところでやってみたが、1度だけブルブルブルという小メバル的なアタリがあったのみ。かといって、メバルが浮いているようには見えず、遠投してみても結果にはつながらない。結局、もとのポイントまで戻ることに。


 全然人は減っていなかったが、今度は電気ウキオヤジたちがなにかを釣っている。メバルみたいだ。コマセは使っていないようだったので、少し安心したが、これだけ電気ウキ浮かべられちゃうとどうなんだろう。アタリはあるが、かけられないし、のらない。


 電気ウキオヤジたちはけっこういいサイズのメバルやカサゴを釣っていた。ウキ下を底スレスレに設定しているようで、たまに根掛かっていた。私はこのポイントでカサゴは1匹しか釣ったことがないが、評判ではけっこうカサゴもいるらしい。釣れないのは狙っていないためだと思われるので、今度はもう少し強めのラインと重めのジグヘッドで狙ってみようか。


 たまにあるアタリを外したりとったりしながら、なんとか5匹追加した。スクリューテールグラブのパールホワイトでも釣れたが、ガツンとあたってのらなかったり、テールを噛んでいるだけのような細かいアタリ多発。やがて、トリガー-Xのプッツンテイルをちぎって小さなジグヘッドにセットして…、というようなシビアさにおちいっていった。(それでもなんとか釣れたが)


 夜が深まっていくにつれ、人は減っていったが、風が出てきた。チョリソーから、「今日も心中(完全徹夜)ですか?」と電話がきたが、食料としては十分と思えたので、22時半帰路に。チョリソーは野島~八景島~金沢埋め立て地あたりをトレイルしていたようだ。


 メバルカサゴソイ系の魚は頭が大きい。20cm以下のサイズだと意外と可食部分が少ない。結局すべて洗いにして一食でたいらげた。


b0121015_20303994.jpg

[PR]
by rikkyofishing | 2011-03-06 02:18 | ライトゲーム(根魚)