「ほっ」と。キャンペーン

about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月25日 江之浦港

9月25日 江之浦港



釣果:アオリイカ胴長10cm程度×1
参考:乗りきらない極小アオリがたまに見えた



 懲りずに連休最終日も江之浦へ。


江之浦港

b0121015_16404848.jpg



 昼過ぎ到着。釣り人はまあまあたくさん。釣りができそうなのは、家族連れが入らないテトラか、いっそのこと堤防根本付近。流れてきたゴミで釣りづらいが、エギをシャクってくると、イカが! 浮いてきて、エギをちょんちょんさわろうとしている。いまにもハリにかかりそう! なのに、釣れない。なぜか? あまりにも小さすぎるのではなかろうか。使っていた2.5号のエギよりも胴長が短そう。一度、ビクンッと手元にまでアタリが伝わってきたが、かからない。あきらめて、遠くにキャストしてシャクってくる。


b0121015_16454165.jpg



 先日、和歌山の釣り人に教えてもらったバイオレンスジャーク的なものを試したり、いろいろシャクりかたを変えてみた。が、たまに足元から出てくる極小アオリ以外、反応なし。リーダーがなくなりそうだったので、漁港の真上にある釣具屋「小田原マリン」へ。デュエルのやすいリーダー(というか、ハリス)を買って釣り場に戻る。


わけのわからんでっかい魚が流れていた。バラムツかなにかか?

b0121015_164031.jpg



b0121015_16461263.jpg



 台風の影響なのか、まだ潮は濁っている。そして、堤防外側は風があって、波も少しある。泳力の小さな秋イカは、穏やかな堤防の内側、水潮の影響を受けないボトム付近に多いであろうというのが妥当な線だろう。堤防中央部、変な「塔」みたいなものの横からキャストしてでしばらくステイ。一度目の二段シャクリを入れて、またステイさせ、次のシャクリに入ろうとしたとき、ぐんぐん引き込まれた。


 墨を吐きながら上がってきたのは、小さなアオリイカ。写真を撮ってリリース。


個人的には関東初秋イカ

b0121015_16414546.jpg



ガッツリかかっていた

b0121015_16422194.jpg



当初、緑色の妙なカラーだと思っていたが、腹が赤い。いい感じにコントラストを出していたのだろうか。

b0121015_16432871.jpg



これは、O.S.Pの東日本大震災復興支援バンド。これをつけていると最近釣れる。

b0121015_16441892.jpg



 これから暗くなり、状況好転かと思いきや、その後は無反応。エギを変えたり、場所を変えたりしてみたが、ダメだった。もっとたくさん釣れるといいのだが。


いつものセフィアCI4

b0121015_1644482.jpg




ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン :サンライン/PEエギHG 0.8号
リーダー:サンライン/エギリーダーFC
スナップ:ブリーデン/スナップM
エギ:カンジインターナショナル/クリックス・プロスペック3.25寸、ダイワ/エメラルダス・ダート2.5号、ヨーヅリ/アオリーQエース2.5号&3号

[PR]
by rikkyofishing | 2011-09-25 21:34 | エギング
9月24日 江之浦港、横浜沖堤第一新堤



釣果:1日を通してノーフィッシュ
参考:横浜沖堤第一新堤でシーバス1バラシ



 電車を降り、駅を出るとものの数秒でヘッドランプが必要になった。真っ暗だった。線路の下を潜ると国道へ出る。ちょうど日付が24日に変わろうとしていたころには、私は小田原から真鶴へ至る海沿いの国道を一人で歩いていた。最近降った雨のせいか、頭上から時おり水が降ってくる。私はとりあえずシーバスロッドとツインパワーをもって、江之浦港へ向かっていた。一晩ルアーを投げていれば何かあるだろうという浅薄な考えで、真夜中に小さな漁港を目指して歩いている。なにかが間違っているのか、なにもかもが間違っているのか、その辺りはとりあえずおいておく。日付が変わって少し経った頃、雨が振りだした。最悪、だ。国道脇の斜面にへばりつくように固まっている木々も、けっこうな音をたてて雨粒の大きさを私に伝えていた。


 江之浦港に到着。人はほとんどいない。堤防先端へ向かうと、一組の親子連れ。ケミホタル付のウキを流していたが、特に何か釣れている様子ではなく、また雨でだいぶやる気を失ってそうだった。とりあえず堤防中程から正面の沖堤周辺に向かってキャスト。風がややあり、ウネリも若干残っており、ルアーをコントロールするのが難しい。サーフで使うようなルアーだと、足元までは引けない。さらに、タモ網だけを持った、明らかにエビ密漁っぽい二人組がうろつき出したり、居心地悪いことこの上ない。ポイントとしては割と名のとおった江之浦港だが、あくまで小場所。逃げ場がない。


 堤防に到着してしばらくすると、雨は止んだ。


 親子連れが帰ったので、先端から沖へ向かってキャストしまくる。これは気分がよくて気に入っていたのだが、エギのおっさんが声をかけてきた。例年のペースだとそろそろ新仔が釣れるはずなのだという。しかし、このおっさん、少々面倒くさい。話好きなのはいいのだが、私が知っていることだけを選び出して教えてくれた。(例えば、新潟のアオリが好調なこととかね。)ありがちな、ちょっと面倒な釣り好きである。このおっさんのペースに合わせていては釣りがはかどらない。ただでさえ成果が出そうにもない釣り、とにかくルアーを投げまくって、あ、まだダメなんだな、ということを身をもって感じたいのである。やがて、テトラを狙うといってどこかへ行った。しかし、いっそエギを持ってくればよかった。台風の影響で川水が入り、アオリはダメと判断したのだが、こういう外洋に面した漁港への影響は限定的かもしれない。


 夜空には雲の隙間から北斗七星が、その下にはローソンの看板が、そして遠くの陸地には西湘バイパスのものと思われるオレンジ色の明かりが、それぞれ輝いていた。反対に私がいまいるところは、やはり真っ暗で、堤防先端の小さな灯台がたまに光るくらいだった。


 たまに水面に現れる波紋は、明らかにボラによるものとわかるそれと、判断が難しい水面をさらうようなものもあった。魚は何かしらいる。堤防際を照らしてみると、小さな魚が群れていた。


 隣に新たにやって来たケミホタルウキ釣り師は仕掛けをテトラに引っ掻けてしまったのか、竿は一本なのに、投入した仕掛けのそばにもうひとつウキが浮かんでいた。


 やがてエギングオヤジがテトラの向こうから何か言っていた。見ると、イカを持っていた。300グラムくらいの、そんなに極端には小さくないサイズだ。足元にはけっこう追っかけて来たアオリがたくさんいたぞ、と、そのわりにはその後は釣れていなかったが。


 私はアイマやデュオのルアーをキャストしたのだが、まったくアタリもないし、ルアーがどんなアクションをするのかも確認できないので面白くない。夜は長いはずだといつも思うのだが、今日もいつのまにか水平線上が明るくなっていった。


b0121015_16252864.jpg



b0121015_1627014.jpg



b0121015_16272978.jpg



b0121015_16275161.jpg



b0121015_162965.jpg



 今日は沖堤用のルアーも持ってきていた。朝になってもシーバスはおろか、小青物さえ釣れる気配がない。ウキ釣りはメジナやアイゴなど。ルアーに食ってきそうなやつは、残念ながらいそうになかった。移動を決意。


 帰り道、根府川駅へのショートカットを見つけた。駅前の道を一度下って国道に出るよりも時間的にもかなり短縮。釣侍小田原店の正面から脇道に入る。


b0121015_16244860.jpg



 東海道線で横浜へ。みなとみらい線に乗り替え、元町中華街駅を下車。少し歩くと横浜沖堤へ向かう渡船屋が連なるエリア。いくつかある渡船はどれでもよかったのだが、無難な選択として一番名の通った渡辺釣船店を選ぶ。タンクガニやボサガニなどヘチ釣り用のカニ類などのエサが非常に充実している。ヘチ釣りしたければ、ここならエサもいっしょに買える。川崎新堤の長八丸はアオイソメしか売ってくれないのでこれは助かる。今度ヘチ釣りでも来てみようか。


エサも充実

b0121015_16294493.jpg



b0121015_1630983.jpg



b0121015_16311441.jpg



b0121015_16315514.jpg



有名人のサインをいくつか発見。これはみっちぃのものらしい。

b0121015_16322435.jpg



これは永浜いりあのサイン

b0121015_16324643.jpg



 横浜沖堤はベイブリッジの下辺りにあるいくつかの堤防の総称である。潮位が高いと波を被ってしまう「赤灯」などは玄人向けだが、私が渡った第一新堤やD堤防などは家族連れでも釣りができる。横浜沖堤へ渡るのは実はこれが初。第一新堤を選んだのは、足場が良さそうだったことと、港の一番外側にあり、潮通しも良さそうだったからだ。 


b0121015_16334960.jpg



b0121015_16342133.jpg



 最初の誤算は堤防に到着する前に明らかになった。堤防が短い、そしてそのわりには人が多く密度が濃い。いつもの川崎新堤なら、スペースはほぼ無限、少し歩けば必ず自由に釣りができるのだが、ここはそうもいかない。さらに、堤防への着岸は船首を堤防にギューっと押し付ける手法。慣れないので正直少し怖かった。


 いろんな釣りをしている人がいた。クロダイやカサゴ狙いのヘチ釣りやルアーのシーバスはもちろん、弓ヅノのサーフトローリング(サバがけっこう釣れていた)、サビキのイワシ、投げ釣り(キスが釣れるのだろう)、小さな針を使ったカワハギ釣り(でっかいのが釣れていた)、などなど、雑多。釣り人も老若男女幅広い。ほぼヘチ釣りとシーバスだけで説明できる川崎新堤とは雰囲気が異なる感じだった。


b0121015_1635478.jpg



b0121015_1635308.jpg



b0121015_16365621.jpg



b0121015_16371878.jpg



b0121015_16374844.jpg



 


ロッド:シマノ/ルナミスS906M
リール:シマノ/ツインパワー4000XG
ライン:ラパラ/ラピノヴァXマルチゲーム1.2号
リーダー:アプロード/ソルトマックスショックリーダー25ポンド
ルアー:アイマ/サスケ裂風140、アイマ/サスケ裂波120、アイマ/ハニートラップ90S、リード/バックウォッシュ90S、デュオ/ビーチウォーカー90S、コアマン/IP-26アイアンプレート、コアマン/PB-30パワーブレード、コアマン/PB-24パワーブレードレアメタル

[PR]
by rikkyofishing | 2011-09-24 21:21 | ショアキャスティング

9月19日 網代港、早川港

9月19日 網代港、早川港


 秋イカ調査に行ってきた。水中をみてついてくるイカを確認すべく、昼間から網代入り。


網代

b0121015_15344453.jpg


b0121015_15384473.jpg


b0121015_1539547.jpg


b0121015_1542169.jpg



 今年の伊豆は、8月中旬くらいまでキロアップが釣れていたという。6月をもって本土でのエギングを一旦停止してしまったことを激しく後悔。


 最近まで春イカの残党が釣れていたということは、秋イカは遅れるのだろうか。ブログ、Twitterなどをチェックすると、多少は釣れている模様。


 しかし、網代も早川もエギングの釣り人はいたが、水中をのぞいてもそれらしきものは見えない。特に網代はイワシか何かが大量に群れていて、底の方がみえづらかったほど。なぜかは不明だが、網代はいつきても小魚がたくさんいる。小物釣りなら網代へ来れば間違い無さそうなくらいだ。


網代港内に群れていた小魚

b0121015_15354277.jpg



ややトロピカルな小魚たち

b0121015_15361743.jpg



 網代では、一度、フォールの時からラインに反応が出て、あわせると一気に足元を左から右へ走ってバレたということがあったが、これはさすがに魚だろう。回遊魚がいたのかもしれない。


 早川は夕方から入ったが、エギをシャクる人が数名いたのみでヒットなし。台風の影響なのか、やや荒れ気味になってきていた。


 日本海は釣れてるらしいから日本海へ行こうか。


網代の風景

b0121015_15371073.jpg


b0121015_15372959.jpg


b0121015_1538152.jpg


b0121015_15382472.jpg




ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:サンライン/PEエギHG 0.8号
リーダー:サンライン/ソルトウォータースペシャルエギリーダーFC2.5号
エギ:フィナ/超動餌木乱舞V3、シマノ/セフィア・エギザイル、ヨーヅリ/アオリーQネオ

[PR]
by rikkyofishing | 2011-09-19 23:17 | エギング
9月11日 大磯海岸→川崎新提


釣果:
ノーフィッシュ(大磯)
シーバス30cm×2、サバ40cmクラス×10本以上、マルアジ(アオアジ)33cm×1(川崎新提)



 依然として業務の状況は予断を許さないが、かといって、一日中会社に張り付いているのはつまらない。終わんなかったら会社に泊まり込めばいい話、ということで朝から釣りへ。まず向かったのは大磯。久しぶりである。



 なにがしかの回游魚、あるいはマゴチなどが一応のターゲットだが、久しぶりに広く解放感のある海で釣りをしたかったのが最たる理由。



 役場下から砂浜に出たが、やはり人は多め。探って歩いていけるかすら怪しい。仕方ないので、大磯港近くの根が少し入っていて投げ釣り師が入らないスポットへ。しかし、見渡してみると投げ釣り師の他に弓ヅノを用いたサーフトローリングの人々も多いことがわかった。


大磯海岸

b0121015_20285215.jpg



 キャストを繰り返すが、プラグはやはり飛距離が稼げない。スプーンを持ってくれば良かった。弓ヅノはたまになにかを釣り上げている人がいた。サバかソウダガツオか何かのようだった。アタリはない。やがて釣り場にあぶれたと思われる家族連れに周りを包囲されてしまった。動き回る子どもが危険きわまりないので、移動。休日にまでわざわざ変なリスクを背負うことはない。



 大磯はローカルルールで大磯港から西側が釣り、東側がサーフィンということになっている。とは言うものの、単に東側の方がサーフィン向きの波が立ちやすいというだけなのかも知れず、現に東側で釣りをしたとしてもとがめられるようなことはない。大まかなエリアわけである。これまでは、西側をメインに投げ釣りなどでは探ってきたので、根の位置その他勝手がわかっていることから、敢えて東側に手を出すことはなかったのだが、並みもほとんどなくサーファーは少なさそうだし、ちょっとのぞいてみるかということで、東へ向かって歩き始めた。


 途中、万が一なにか釣れたときのために、ペットボトル入りの氷をいくつか購入するためにコンビニに寄った。そこで、コンビニ店員のお兄さんに「釣りですか? キスかなんかですか?」と声をかけられた。私は「サバとかソウダガツオとかその辺が回ってないかと思って」と曖昧な答え。すると「そろそろソウダガツオは回ってるかも」というような具合で、特に釣りをやる人というわけではなさそうだった。


 海岸に出ると、人がまばらでこちらの方が開放感があって良かった。サーファーはいるが、やはり、波乗りに適した波がたつ場所は決まっているようで、大体同じ場所に固まっている。これなら合間合間を撃っていける。


サーファーは少なめ

b0121015_20302171.jpg



大磯東海岸はサーファー、釣り人ともに人少なめ

b0121015_20311197.jpg



人が少ない理由をすぐに理解することになった

b0121015_2032447.jpg


b0121015_20323367.jpg


b0121015_2033155.jpg



 しかし!



 花水川や相模川の河口が近いためか、先日降った雨の影響と思われるゴミが多い。釣りができないかと言われると、そんなこともないが、毎投引っ掛かってくるとなると、ルアーのアクションを殺してしまうし、看過できない。そして、魚の気配の面でも、ナブラ等はどこを見てもたっておらず、可能性に乏しい。朝の段階でこれだと、暑い日中頑張って投げ倒しても徒労に終わりそう。まあ今回はとりあえず解放感のある風景のなかに自分を浸らせたかったという面もあるし、とりあえず海を見ることができただけでよしとした。で、また東海道線に乗って、東を目指した。



 川崎駅に到着したのは10時30分頃だった。川崎新提へ向かう長八丸の桟橋までは、川崎駅東口14番乗り場からでる塩浜行きのバスで行く。時刻表を見ると、やや時間があったので、上州屋へ。いつも思うが、川崎はあまりきれいな町ではない。川崎の上州屋は全体的に見ると品揃えは微妙なのかもしれないが、少なくとも川崎近辺でシーバスに使うルアーはとりあえずあった。IP-26アイアンプレートを買いたし。市営バスで移動。大人は一律200円。タクシーの実に10分の1である。



 長八丸の極道系(?)女将さんに渡船代を支払いつつ、「四時までだけどいいのか」、「暑くてむしろ一日はできません」といういつものやりとりをして桟橋へ。今日は本当に暑い。船に乗り込むと、日光で熱された甲板が熱い。暑いではなく、本当に熱い。ケツがやけどしそうであった。


渡船の桟橋。水が汚い

b0121015_2034452.jpg


b0121015_20342495.jpg



 12時のサイレンと同時に川崎新提へ向けて出船。地味に時間がかかる。それにしてもよい天気だ。


b0121015_20344663.jpg



新堤へ向かう

b0121015_20352678.jpg


b0121015_20365923.jpg



 1番から順番に接岸していったが、帰るため船に乗り込んでくる人が多い。釣れてないのか。ヘチ釣りもシーバス狙いも帰ってくる。う~ん。


川崎新堤 6番から1番方向を望む

b0121015_20402957.jpg



 私が下船した6番でもかなりの人が乗ってきた。



 で、キャスト開始。最近お気に入りのコアマン/IP-26アイアンプレートをカチ込んでいく。なんか、フォールでブルブル当たるような、いやバイブレーションだから震えてるのか、などと半端な思案をしつつキャストを継続していると、モゾッとアタリ。すかさずあわせると、なんだかすごく重い。全然よってこない。そしてたまにズルズルとドラグを出される。これはまさかの、エイ……? ここで、今日はサーフ釣行の積もりだったため、タモ網を持ってきていないことに気づく。困るなあ、せっかく買ったアイアンプレートが。



 しかし、足元に寄ってくるに連れて徐徐に引きが弱くなってきた。これは、エイではない。そして、たまに最後の力を振り絞るように直線的に走る。



 顔を見せたのは、なんと、アジ。でかい! 尺はあるぞ! と、色めき立ったものの、すぐに気づいた。これがマルアジか、と。


マルアジ。30㎝オーバー

b0121015_20414017.jpg



 マルアジとはアジの仲間だが、マアジよりは味が劣るとされ、大型になる種類である。川崎新提および川崎の各岸壁では毎年、時期によってはけっこう釣れる。元々南方系の魚であり、伊豆諸島ではくさやの材料にもなるそうだ。足元で頭を水面に出した瞬間一気に引っこ抜く。



 確実に30cmはある。外道だが、(というか、川崎のシーバスは本命であっても持ち帰って食べるつもりなどないが)なかなかのサイズだし、今日は氷もあるのでキープすることに。回遊魚であるし、まあ不味くはないだろう、ためしにたたきにして食べてみよう。以前は東京湾の奥の方の魚は回遊魚だろうがなんだろうが食べる気が起きなかったが、最近では、ずっとクソだった例の会社が日本人の財産であるはずの東北の海に垂れ流し続けている放射能に比べればかわいいものではないかと思うようになった。ただし、もう少し涼しくなってからの方が美味しいかも知れないとは近くの釣り人の言葉。


 それにしても、マルアジを、エイ? だなんて……シイラタックルを購入したお金といっしょに脳ミソともお別れしてしまったようである。


 まあ、どうせだったら、アジ、たくさん釣って帰ろうとアイアンプレートを投げ続ける。先程と同様のアタリがフォール時に頻発。そのうちのひとつをとって、足元まで寄せてきた。しかし、背中が緑色で黒いシマシマ。……あら、今度はサバだ。


 猛烈に暴れて足元でバラしてしまったが、なかなかのサイズ。そして、バイブレーションのフォーリングでどんどんヒットする。ちゃんとフッキングしていた一本を、ロケットキャッチランディング(※1)。 40cmくらいある。平塚のライトルアーは最近いまいちみたいだが、サバの群れはこっちに入ってきてしまったのかもしれない。


サバ

b0121015_20424753.jpg



なかなかのサイズ。

b0121015_2043282.jpg



 その後もサバはパタパタと釣れる。あまりにも釣れるのだが、小型クーラーの容量的にも持ち帰りは不可能なので、足元でなるべくバレてもらえるようにやり取りする。そんな風にしてサバをなん本かやり過ごしたり、ロケットキャッチランディングからペンチでリリースしたりを5、6回繰り返した頃、サバとは微妙に違う引きで本日初のシーバスが顔を顔を見せた。


シーバス。小さい

b0121015_2044196.jpg



 サイズ的には大きくなかったが、シーバスだとわかった瞬間に、バラしてしまう。ヒットしたあとに気づいたのだが、少し釣り座をズラしたところでシーバスが食ってきた。サバがかなり多いことは事実だが、シーバスもちゃんといて目の前を通せばルアーに食いついてくるくらいには、活性が高いことがわかった。思うに、フォーリングを長く見せてしまうと、サバが食ってきてしまうので、とりあえずボトムをとったら、比較的小刻みにリフトとフォールを繰り返す。ボトム付近を広範囲に探ってくると、サバもかかってしまうが、わりと足元近くまで巻いてくることができたときに、シーバスが食ってくることが多いような気がした。



 シーバス一本目は35cm程度の小型。こちらは、PB - 30パワーブレードできた。蛇足であるが、パワーブレードはサバの食いも抜群。釣りすぎたのとサバのローリング交じりの抵抗を受けたお陰でベリーのフックをリングからもぎ取られてしまった。


 パワーブレードで探っていくと、たまにシーバスがヒットする。ただし、やはり網を忘れたのが痛かった。40cm程度の、ルナミスS906Mでなら抜きあげ可能なサイズでも、焦りからか十分に弱らせることができず、バラし多発。ただでさえあまりヒットがないのに、もったいない。


b0121015_20483276.jpg



 シーバスのバイトは散発的で、サバ4:シーバス1くらいの割合。サバも毎投かかってくるわけではなく、食いが止まる時間帯もあるから、集中力が保てない。ルアーは変えても変えなくても食ってくるので、ずっと同じアイアンプレートを、15時以降の後半戦では使用し続けた。


 周囲では、70cmくらいのシイラをかけたりした人もいた模様。サバだけでなく、様々な回遊魚が入ってきていたようだ。


 で、最後の最後、もう迎えの渡船がそろそろ見えてこようかといったときに、ヒットした。これは間違いなくシーバスというアタリと引きだったが、どういうわけかすぐに足元まで走ってしまい、サイズがわからないまま寄せてしまった。が、岸壁で反転して水中へ突進していった銀色の魚体は、まずまずのサイズ。網がないと無理そうだった。近くに貸してくれる人がいないか探しつつ、寄せて水面に頭を出させようとすると、いわゆる「ケツバリ一本」の状態。これは厳しいなと、慎重になり始めた瞬間に、バラシ。見ると、フックが折れてしまっていた。アイアンプレートはがまかつ製のフックを標準装備。がまかつは刺さりの面では最高なのだが、わりとポキッといきやすい。ジグヘッドなど、消耗品的な性格の強いフックなど、頻繁に交換するならいいのだろうが、やはり基本貧乏人向きではないのだ。


フックが折れてしまった

b0121015_20451345.jpg



 結局、ちゃんととれたシーバスは一本のみ。高い網を買うかな。


※1……ロケットキャッチランディングとは、魚をロケットのように勢いよく抜きあげてそのまま魚体あるいはラインをつかんで(キャッチして)ランディングすることを言うらしい。メガバスの高橋正樹あたりが使う言葉らしいが普及具合は謎である。


追記:マルアジをたたき(……と、なめろうの中間くらい)にして食べてみたら普通に美味しかった。もちろん、生姜、長ネギ、梅肉などの薬味はやや多めだったが。

b0121015_16442885.jpg




ロッド:シマノ/ルナミスS906M
リール:シマノ/ツインパワー4000XG
ライン:ラピノヴァX マルチゲーム1.2号
リーダー/アプロード:ソルトマックスショックリーダー25ポンド
ルアー:コアマン/IP- 26アイアンプレート、PB - 30パワーブレード

[PR]
by rikkyofishing | 2011-09-11 22:29 | ショアキャスティング

9月4日 鶴見川下流部

9月4日 鶴見川下流部



 釣果:ノーフィッシュ



 意外なことに、今までいったことがなかった鶴見川シーバス。


 JR京浜東北線鶴見駅から徒歩ですぐである。


潮鶴橋から釣り開始

b0121015_2144645.jpg



都会のど真ん中である

b0121015_214421100.jpg



このあたりは川幅が意外と狭い

b0121015_2144342.jpg



潮目みたいなもの。ボラしかいなかったけど。

b0121015_21444643.jpg



流れモノ。こちらも、着いていたのはボラ。

b0121015_21445991.jpg



 コアマン/IP-26アイアンプレートはすごくよく飛ぶ。メタルジグと同じくらい飛んでいるような印象すらあった。川崎新堤また行きたいな。


 夜なら釣れるのかもしれないが、治安、悪そう。というか、悪いと思う。


 湾奥だとか、都会の釣りってあんまり好きになれない。


 釣れなくてもいいから気分のいいところに行きたいと改めて思いつつ、ロッドを持って休日出勤。


ロッド:シマノ/ルナミスS906M
リール:シマノ/ツインパワー4000XG
ライン:ラパラ/ラピノヴァ-X マルチゲーム1.2号
リーダー:アプロード/ソルトマックスショックリーダー25ポンド
ルアー:コアマン/IP-26アイアンプレート

[PR]
by rikkyofishing | 2011-09-04 21:47 | ショアキャスティング