about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1月26日 鶴見川(神奈川県横浜市)


ノーフィッシュ


釣れね

b0121015_1730371.jpg



 「アフリカでは、太陽と海はタダである」といったのは、アルジェリア生まれのフランスの作家、アルベール•カミュだ。カミュの言葉には「アフリカでは〜」との留保がついているが、のちに私がフランスを訪れた際、フランス人からもたびたびこの言葉"Le soleil est gratuit(太陽はタダだ)"を耳にしたから、フランスでも太陽は"タダ"のようだ。私は新潟に住んでいた高校生のころ、カミュの小説『異邦人』に触れ、感銘を受けた半面、先述の、(アフリカでは)「太陽」がただであらゆる人間に平等に与えられているものであるという点には複雑な思いを抱いた。私が育った新潟は、光につつまれたアフリカとはまさに対極で、長い冬が訪れると半年近く晴れることはほとんどなく、毎日のように薄暗い空の下で過ごさねばならない。自殺率も高めらしい。どんよりとした空の下の冬の海はいつも荒れていた記憶がある。私はそんな海も嫌いではなかったが、荒れていて釣りにはならないことが多かったため、陰鬱な気分で毎年の冬をやり過ごしていた。だから、「裏日本」と呼ばれる田舎に生まれ育った人間には太陽の恩恵すらも決定的に不平等ではないかと、カミュの言葉に多少の憤りを感じていた。


 受験で東京に出てきたときも、正直いってどこにも受からないだろうと思って適当に過ごしていたのだが、何度か東京と新潟を行き来するうちに、あの陰鬱な冬のなかに戻りたくない、ましてや浪人してもう一年新潟で過ごすなどうんざりだという気分になり、直前一週間で必死に勉強して、10校近く受験したうちの2校に現役で合格して上京することになった。それ以来8年間、東京、および神奈川の首都圏で暮らしている。


 前置きが長くなったが、要するに太平洋側では本来は冬でも釣りになることが多いという話。しかし、冬型の気圧配置になればやっぱり海は荒れるし風は吹く。


 近年、メバルやアジなどのいわゆる海の「ライトゲーム」がその「手軽さ」を理由に流行中であるが、私はその手軽さに関しては疑義をていしたい。なぜかと言うと、PEラインで軽いリグを使う性質上、最盛期の冬場は意外と釣りにならないことも多く、海の近くに住んでいるわけでもない、釣りをする日を選べない普通の釣り人には、実はまったく手軽なものではないのではと思うからである。


 本当はこの日もメバル釣りにいきたかったのだが、波が2.5mでうねりを伴っており、風もあるため、内海以外釣りにならなそうだった。しかし、翌週はやや長めの出張。この週末のうちに釣りをしておきたい。ということで否応無くバス釣りにいくことになった。


 しかしながら、その程度のモチベーションでは朝起きられるはずもなく、秦野の震生湖は選択肢から自動的に外れる。鶴見川へ。


 鶴見川は冬でも釣れると何度このブログで書いたことか。冬でも釣れるのは事実なのだが、私には釣れない。


 今日は下水処理場の排水周辺から新羽橋までを攻めて行ったが、芳しい反応なく時間が経過していく。排水上流のテトラ帯にはコイがボーっとしていたが、コイは意外とラインの存在感に敏感で、ワームをシェイクさせて寄せてきても、直前で反転され、食わせることが出来ない。いっそ食パンを買ってこようかと思ったが、なんとなくパンをもってしても釣れないような気がしてきて、やめた。


 新羽橋の上流の沈んだジャカゴは、穴の中にバスがいるらしいが、今回は潮位が高めで穴が見えなかった。残念。

b0121015_18112858.jpg


b0121015_18114664.jpg


b0121015_1812662.jpg


b0121015_18123460.jpg


b0121015_18125517.jpg


b0121015_1813167.jpg

[PR]
by rikkyofishing | 2013-01-26 17:27 | バスフィッシング
1月20日 横須賀メバル(神奈川県横須賀市)


釣果:メバル10〜15cm×9


 引き続き、メバルを狙っていくが、横浜市内は風が気になった。本当は小田原近辺まで繰り出すつもりだったのだが、この風では釣りにならないのではないかということで、結局、横須賀近辺で風裏を探すことにした。海辺つり公園は無理っぽかったので、小場所へ。


 これくらいのサイズのかわいらしいメバルが9匹ほど釣れた。


サイズは伸び悩む

b0121015_18421698.jpg


b0121015_18423622.jpg


b0121015_1843463.jpg


b0121015_18432985.jpg


b0121015_18441776.jpg


b0121015_18444136.jpg


b0121015_18463988.jpg


b0121015_18483279.jpg


b0121015_18485396.jpg



 この場所は、基本シャローなので、潮位が高いときに沈みストラクチャーのうえ、そしてカケアガリなどを狙っていく。


 食いが止まったら(大抵、すぐ止まる)、軽くトゥイッチしてみると食ってきたりもした。だが、10匹越えはならず。それでも、3時間以内で9匹だから、うまいこと時合いをとらえられた方か。


 メバルからの音信が途絶えたころ、近くにクルマでやってきたじいさんは、私がメバル狙いであると話すと、「昔はここでもフッコがよく釣れたものだ」と切り出した。


 大きな湾の一部に自衛隊の岸壁などができてから、潮の流れが変わってしまい、全体的にあまり釣れなくなったという。潮の満ち引き自体はあるが、流れがなくなったらしい。底にはヘドロがたまり、釣れるハゼなどは奇形も多いという。


 軍隊というのは、古今東西、気色の悪いものである。今年中に尖閣絡みで日中間になんらかのコンフリクトが勃発するとの見方が広がっているが、そうなると、バカな軍人と気持ち悪い自称愛国者系の人たちが威張り出し、小汚い軍需産業ばかりが儲かるようになる。嫌な世の中になるだろう。


 さて、全く話は変わって、これまでの釣りを振り返る意味で、都道府県別に、釣りをしたことがあるか否か、魚ないしイカを釣ったことがあるか否か、などをまとめてみた。記憶にある限りだが、おおむね間違いないと思う。なにか今年の課題を見つけるのが狙いだ。



記号の見方
◎これまで魚を釣ったことがある
○行ったことはあるが、釣りをしなかった
△釣りをしたことはあるが、なにも釣れなかった
×行ったことすらない


○北海道
大昔に二度家族旅行で行ったが、釣りをさせてもらえなかった
×青森県
○岩手県
大学一年生の頃、電車で東北五県を回ったときに行くだけ行った。毛越寺に泊まったが、座禅するのが嫌で早朝に脱出。どういうわけか大学生ばかりで、東大、京大、電機大などの学生がいた。
◎秋田県
2012年の秋イカエギング遠征。釣果、2日で20パイ、タコ2ハイ。また、前述東北旅行では田沢湖湖畔に泊まった。温泉がいい感じだったが、田沢湖にはウグイくらいしかいないということで、がっかりした記憶がある。
○宮城県
前述東北旅行で行くだけ行った。仙台で牛タンを食べて、松島湾をのぞいたくらいだった気がする。
◎山形県
合宿免許で訪れた際、ダムでバス、スプーンでウグイなど。
◎福島県
たびたび檜原湖でスモール。2011年の年末、震災後の海に訪れるも、釣果なし。
◎新潟県
高校卒業まで住んでいた。シロギス、アイナメ、クロダイ、カレイ、管理釣り場のフライでトラウト、などなど、いろいろ釣ったが、冬場は釣りができないことも多かった。
◎茨城県
土浦の桜川でロクマルキャットフィッシュ、ほか、霞ヶ浦水系の川などでバス。牛久沼には数回訪れたが、全部ボウズ。基本的にはマッディシャロー苦手。
◎栃木県
トラウトの管理釣り場ならいった。
◎群馬県
バスの管理釣り場に行った記憶がある。
◎千葉県
高滝湖のバス45cmは現在でも自己記録(2009年秋)。同じ頃、雄蛇ケ池にもよく通い、スピナーベイトで最大42cmまで釣った。亀山は小バスばっかり。2012年冬にジギングでイナダを60cm頭に3本。
◎埼玉県
朝霞ガーデン、川越水上公園などの管理釣り場にはよく通ったものだ。荒川でライギョを釣ったこともある。
◎東京都
あまり入り込めなかったためバチの時期限定だったが、京浜運河のシーバス。鮫洲から出てカワハギ。多摩川でパンコイ。伊豆大島のハマフエフキ(2009年、最大73cm)、同じく伊豆諸島新島のアオリイカ1.5kg(2011年夏)、ヒラメ50cm(2011年年末)。
◎神奈川県
現在の仮の地元。震生湖は20回ほど行ってバス3匹、最大でも38cm。芦ノ湖でカヤックから30cmほどのバス(2012年初夏)、元箱根湾でバイブレーションにニジマス(2010年春)。相模川で30cmバス(2012年夏)。丹沢湖や相模湖で小バス多数。津久井湖でロクマルニジマス(2012年)。大磯でヒラメ40cm(2011年年末)。毎冬は横浜〜横須賀でメバル、かつてはカレイ。夏は平塚出船でシイラ。
◎山梨県
河口湖でニジマス50cmを頭に3本。まだ、ワームが禁止されていなかった頃で、サターンワームのノーシンカーというすさまじいリグで釣った。ヤバいことに、富士五湖でバスは釣ったことがない。
◎静岡県
伊豆半島とは相性が悪いが、それでも釣行回数なりに釣ってはいる。アオリイカ(2012年春、秋)、コウイカ(2012年春)、尺メバル(2012年春)、大昔に青野川でウナギ、ハゼ。
◎長野県
鹿島槍ガーデンでトラウト(2009年?)、野尻湖スモール(2012年夏)
×富山県
◎石川県

学生時代の釣りの大会で。アジばかりが釣れた記憶がある。メジナやクロダイはあまり釣れなかった。
×福井県
○岐阜県

出張で。
○滋賀県
出張で。
○愛知県
出張で。
◎三重県
答志島などでアオリイカ2杯(2011年秋)。
○京都府
旅行でしか行ったことがない。
○大阪府
出張、旅行、何度も行ったことはあるが、竿を出したことは多分ない。
○奈良県
大阪同様。
◎和歌山県
アオリイカ最大1キロ(2012年末)。2011年12月にも遠征したが、アオリイカ200g1ハイに終わる。
◎兵庫県
但馬地方の香住で秋イカ100g程度1ハイ(2011年秋)。姫路市沖の男鹿島で100から500gのアオリイカとアジ(2011年秋)。
○岡山県
子どもの頃行った。
◎広島県
出張で野池バスを釣った。
×鳥取県
×島根県
×山口県

△徳島県
2012年春の遠征で惨敗。敗走。
△高知県
同上。
×香川県
×愛媛県
×福岡県
×佐賀県
×長崎県
×大分県
×宮崎県

△熊本県
三角でエギングしたが、アタリすらなく、惨敗(2012年春)。ワープアの私的にはかなり貴重な10連休をふいにした。
△鹿児島県
種子島遠征(2012年春)はアタリ1発で、その後沈黙。鹿児島市内に戻って、桜島ではまさかのゲソカット1発。丸ボウズ遠征に10万円近くかかった。
×沖縄県


見えてきた課題
●ダメそうな遠征は、再検討!(笑)
●富士五湖でバスを釣る!(バス歴4年なのに、いまさら!)
●京都、大阪、奈良の近畿3県が意外と手薄なこと。
●山陰、九州、沖縄など、自分と関係の薄い土地がやっぱり手薄なこと。


 九州はまた行きたい。なぜかというと、女の子がみんなかわいかったから(すごく気が強そうでもあったけど)。


 東北&北海道はぜひ渓流ルアーで。渓流、ほとんどやったことないけど。そういえば、岐阜はもうそろそろ解禁だ!


 山陰は今ひとつなにをしたらいいのかわからないのが正直なところ。日本海側なので秋イカは釣れるだろうし、メバルやシーバスもいいだろう。しかし、山陰である必要性に乏しいうえに、遠い。飛行機以外、関東から直接入ることが出来ない。同様に、大阪、京都、奈良の近畿3県も、意外となにをしたらいいのか……な感じ。琵琶湖から宇治川、淀川と釣り下る?うーん、でも、なんのため?(笑)


 沖縄は先の大戦で、唯一地上戦が行われた場所。日本人にとっては特別な意味を持つ土地であると私は考えるので、単なるリゾートとしては絶対に訪れたくはない。バカ丸出しだろ、それでは。行くからには何かを感じ取ってきたい。私もそこまで年老いてはいないつもりだ。釣りはしつつも、半月くらい滞在して、じっくり歴史を見つめてみたい。でも、半月も休んだら、デスクはないだろうな。


ロッド:パームスエルア/ピンウィールPKSS-76
リール:シマノ/バイオマスターC2000S
ライン:バークレイ/ファイヤーラインクリスタル0.4号
リーダー:シーガー/ライトロックR-18 5ポンド
ルアー:がまかつ/コブラ29+バークレイ/ベビーサーディン2インチ

[PR]
by rikkyofishing | 2013-01-20 11:44 | ライトゲーム(根魚)
1月19日 横須賀海辺つり公園(神奈川県横須賀市)


釣果:メバル15cm×4

b0121015_18552640.jpg


b0121015_18561465.jpg


b0121015_1857782.jpg


b0121015_18572346.jpg



 1月中旬の三連休最終日は大雪の影響で横浜市内でも交通がマヒ状態で大混乱だった。坂道が多い横浜では、積雪で坂を登りきれなかったと思われるクルマがいたるところに放置されていた。横浜駅まで出かけて、帰ろうと思ったらJRが全部動かなくなり、最寄りではない私鉄の駅から帰宅するハメになったりもした。そして、道路脇や屋根の上には雪がしばらく残るほどの積雪だった。


郵便局のクルマが自宅の下で雪にスタック

b0121015_2441651.jpg



どんどん積もる。そして、ほとんどのクルマがノーマルタイヤ

b0121015_2442312.jpg



あちこちの坂道手前で渋滞発生。あきらめてクルマを放置していく人も

b0121015_2443154.jpg



トラックも

b0121015_1901565.jpg



横浜駅前

b0121015_1905341.jpg



右翼の街宣車は雪の中演説なう。的な。

b0121015_1912693.jpg



関東の雪は水っぽくて嫌だ

b0121015_1923013.jpg



 雪国である新潟出身の私からしてみれば、積雪量自体はたいしたものではないのだが、こちらの雪は水っぽくて滑りやすく余計にタチが悪いと感じた。ノーマルタイヤのままクルマで走る人もいた反面、多くの人がクルマでの外出を控えたことで交通量の少ない道路は一気に雪が積もり、そうした道に入った瞬間、身動きができなくなるような悪循環も多そうだった。


 それからしばらくの間残っていた雪がとけ、雨どいから雪解け水がしたたり落ちるような陽気となったこの日、久しぶりに横須賀へ。狙いはこの冬釣果から遠ざかっているメバルである。


 放射能汚染や川崎新堤をめぐる問題、個人的に大人になってから呼吸器官系が弱くなり悪い空気が本当にダメになったことなどから、ここしばらく「東京湾を出でよ」をテーマのひとつとし、釣れやすいからといって安易に東京湾へ釣行することを避けているのだが、このままでは1月になにも魚が釣れない可能性が出てきた。心情的にそれはちょっと避けたかった。背に腹は変えられない。


 今回はたまたまクルマでの移動だったのだが、クルマをどこに停めたらいいかわからなかったので、結局、勝手知ったるいつもの釣り場へ。


 まず、つり公園へ。完全に日が落ちた頃から釣り開始。なかなかアタリがない。でも、釣り人はけっこう多い。釣り方は様々だが、なんとなく、全体的にメバル狙いが多い印象。管理棟側から岸壁を探って行く。しばらく反応がなく、岸壁真ん中あたりまでやってきたところで、違和感。巻く速さを速めてリアクションを狙ってみたら、バイト!しかし、ぜんぜん大きくはない。


 施設の灯りとの明暗部がある場所では、明暗部を斜めに切るように、真っ暗に近い場所では、極力遠投して沖に浮いているフラツキを狙うように、それぞれ心がけた。が、なかなかあとは続かない。


 この日は、夕方18時から20時にかけて一気に潮があげていく潮回り。海中に浮遊するプランクトンを追うメバルには、絶好の条件だと思ったのだが、思うようにはいかないものだ。波も風もなく、寒さを除けば釣りはかなりしやすい。


 焦りから、隣の大津港堤防へ。個人的にはこちらの方が実績は高いが、コマセや空きカンのゴミなどでいつも堤防が汚いし、キャパがないので、実はそんなに好きではない。はいってみると、人多め。でも、釣りができないほどではない。そして、立ち入り禁止のフェンス手前、外海に面した護岸が空いている。沖向きで、スイッチが入れば爆発力のある場所。でも、とりあえずは根元側から探っていく。


 アタリは……ある! だが、のらない。というのも、寒くてなかなか手元の感覚を保てないのだ。以前から寒さにどうしても耐えられないときだけつけていたスミスの釣り用グローブをなくしてしまい、この日は新調したマズメのものをつけていたのだが、これも手に馴染んでいなかった。ファイヤーラインクリスタルも今日に限って巻きグセがひどく絶不調。なんだか、いろいろなことがかみ合わない。


 結局、ここでなんとか2匹追加して、合計4匹に。ぜんぜんまとまらない釣果だが、駐禁にビビりながらラーメン食べて帰宅。馬堀海岸から私の自宅最寄りの狩場インターまでは片道なんと1,400円。つり公園の駐車場代は、600円。わかっていたことではあるが、少なくとも、メバルだけをやるならクルマで来た意味ねーじゃねーかよ!!


 帰路、三浦半島西側の漁港も見て回ってみたところ、駐車場があまりなく、立ち入り自体も厳しそうな漁港ばかりだということがわかった。ただ、海水浴場横の怪しげなテトラやゴロタなどはチェックできた。


 また、ドライブがてらかめや平塚店まで足を伸ばしてみたところ、購入を検討中のレアニウムCI4+C2000HGSが18,000円台だった。かめや、安い。(ネットショップでは20,000円オーバーだったが、10,000円以上なら送料無料なので、いずれにせよお得感あり。しかも、配送業者はヤマト運輸!気になったことは調べてみるものである)買うとしたら、今度、かめやに寄るついでに買おうと思って、なにも買わなかった(笑)。


ロッド:パームスエルア/ピンウィールPKSS-76
リール:シマノ/バイオマスターC2000S
ライン:バークレイ/ファイヤーラインクリスタル0.4号
リーダー:シーガー/ライトロックR-18 5ポンド
ルアー:がまかつ/コブラ29+バークレイ/ベビーサーディン2インチ

[PR]
by rikkyofishing | 2013-01-19 23:26 | ライトゲーム(根魚)
1月12日 西湘メバル(神奈川県小田原市)


釣果:なし


 年も明け、西湘近辺の水温が15℃台から14℃台へとジリジリと下がっていった中旬の連休初日。いつもエギングでいっていた根府川あたりのメバルはどうなのだろうと調査へ。近くの早川〜石橋はよく話を聞くのと対象的に、根府川は意外と聞かないのは事実だが、いないはずはないし、メバルらしき釣り人をみたことは何度かある。たぶん、スレているというだけでちゃんと釣れるのではないかとふんだ。


最初に入ったのは、釣侍小田原店の裏。メジナ釣り師が複数。また、カサゴ狙いのルアーマンも

b0121015_2134732.jpg



 なお、ジグヘッドメバル用のバイオマスターを一時的に人にかしてしまっているため、今回は飛ばしウキ仕様のヴィオレンテライトゲーム+ソアレCI4 30のみである。


 ゴロタ浜を、飛ばしウキで延々探っていれば、一発デカいの出ちゃうんじゃないの? という魂胆。駐車場からみると、沖に岩礁帯が見えていて、その内側でメジナ師たちがウキ釣りをしている。つまり、その辺りも十分水深があって釣りになる、はず。釣侍横の駐車場下でウエーダーを着込んで準備していると、釣り人が声をかけてきた。「どうでしたか?」と。釣り終わったところだと思われたようだ。「これから夜メバルをやろうというところなんです」


 みると、ベイトタックルにテキサスリグ。カサゴ狙いのルアーマンだった。八貫山下あたりでソイが一匹出たという。付近では、30cmぐらいのカサゴも出るという話が聞けたが、残念ながらメバルの話は出ず。確かに完全ボトム狙いのリグではメバルは食ってこないだろうが……。なんとなく出鼻くじかれ系の展開疑惑。


 しかも、風が強い。幸いなことに背後からの風だが、山からときおりビュービュー吹き下ろしてくる。たまに横風になるのはやっかい。ただ、ウエーダーからライジャケからいろいろ着込んでいたので寒さはほぼなかった。


 暗くなってから、主に根府川の河口付近でキャストしていたのだが、リグが飛んでいる途中に風にあおられるようでいつもより絡みが多い。スローリトリーブしていると、探るのに時間がかかるので、ラインが絡んでいるかもしれない状態ではなかなかモチベーションが保てない。


 しばらくやっても釣れない。もうヒルトンの日帰り温泉でも行って帰っちまおうか、そんなことを思ったが、とりあえず周辺のポイント見て回ろうということで、早川へ。ここも河口だが、メバルがヒラ狙いの外道でかかってくるという。どういうことなのだろう。


 理由はすぐにわかった。早川港外側の巨大なテトラの真横だったのだ。これなら、いないはずがない。最初は下げの潮が効いているタイミングだったこともあり、ヒラ、シーバス、メバルを意識してプラグをキャスト。しかしまあ、サーフでメバル用の小さなプラグはキツい。まあ、ちゃんと泳いでいないだろう。小型のメタルバイブなんかいいかもしれない。今度持ってこよう。


 結局だめ。


 もう一箇所の実績場所で、25時まで粘ってこの日は終了。


ガソリン高い。年末、紀伊半島に行ったときはセルフで136円だった

b0121015_2134861.jpg



午前1時まで粘ったが、寒さが増してきたため、終了。小田原市街のマンガ喫茶で夜を明かす。ときどき思う。ひとりでなにをしているのだろう、と。

b0121015_5243271.jpg




唐突だが、ほぼ確定的な消費税増税が翌年にせまった今年、【私が買うと決めた道具】
●シマノ/ステラC3000SDH
用途:エギング
釣り雑誌の広告をみていると、なぜか今年はステラSWが先にリニューアル。ステラSWの不具合が多すぎるからだという話もチラホラ聞こえるが、いずれにせよステラは周期自体が変わったようでニューステラが近いうちに出ない(5年周期になって、2015年?)ことが発覚したため。現状のセフィアで全く問題はないが、エギングをちゃんとやることに決めたのだ。ただ、今のステラってC3000HGSDHがないんだよなあ……。セフィアCI4でエギング始めて以来、長らく6.0:1のハイギアモデルを使ってるから、ここでギア比が遅くなるのは如何なものか。
●シマノ/レアニウムCI4+ C2000HGS
用途:メバル&渓流トラウト
「今年から」とまでは言わないが、ゆくゆくは北海道や東北を渓流トラウトで旅してみたい気持ちがあり、そのため。また、「ハイギアの感度」を、海のライトゲームでも試したい。CI4+の軽さ。替えスプールも持っているとはいえ、もともとバス(ライトリグ)、メバル(ジグヘッド)、エリアトラウト(ほぼやらないが)までバイオマスター1台体制ではきびしい。バイオマスターC2000Sはセフィアの次に酷使しているのでガタもくるだろう。
●シマノ/ツインパワーSW8000PG
用途:ブリやヒラマサのジギング
むしろなんで持っていなかったのか。シイラ用の同6000HGで代用では、やや無理がある。(まあ、昨年使ってみたら特に問題なかったけどね)最近の日本海ブリジギングは釣れてるらしく、Facebookでも新潟の釣り人の釣果があげられており、指をくわえて見ている状況。ただ、そうはいっても現状あんまりオフショアいってないから持ってても使うかどうか……。
※どうやっても、オーバー10万円。ちなみに、すべて時期は未定だ。どれも春までに欲しいが、……絶対無理。


ロッド:バリバス/ヴィオレンテVLL-84F-T
リール:シマノ/ソアレCI4 30 2000HGS
ライン:バリバス/アバニエギングプレミアムPE0.8号
リーダー:サンライン/トルネードVハード1.5号
フック:オフセットフック
ワーム:バークレイ/ガルプ!ベビーサーディン2インチ

[PR]
by rikkyofishing | 2013-01-13 02:10 | ライトゲーム(根魚)
1月7日 江之浦港(神奈川県小田原市)


釣果:なし


b0121015_22202999.jpg



 正月休みは割と休めたのだが(※勝手に休んだだけ)、様々なことが微妙に噛み合わず、釣りにはなかなかいけなかった。


 本当はこの前日にエギングに行きたかったのだが、佐川急便でナチュラムで購入した商品を受け取ろうとしたら、トラブル発生。詳細はここではつまびらかにはしないが、佐川急便は主に法人•企業向けの運送会社と考えた方がいい。個人向けはかなり弱いと言わざるを得ない。まず、営業店が少なすぎる。私はあまり自宅にいないので、ヤマトなどの荷物の場合は、受け取れなかったら自分で営業所まで取りにいってしまうのだが、佐川でそれをやろうとすると、横浜の場合、なんと鳥浜まで行かねばならない。以前、ナチュラムで竿を買った時、遠征を控えており急いでいたこともあり、実際に取りに行ったが、当たり前だが、遠かった。東京湾が目の前で、すでに、釣り場であるし、(シーサイドラインが絡むので)往復500円ほどかけて取りにいくなんて、送料を払っているのに本末転倒。ヤマトなら大抵徒歩圏内の営業店止めにできるのだが、佐川は住宅街への配送を零細下請けのようなところに投げているらしく、そういうことができない。時間指定もおおざっぱ。だから、佐川を使っていないネット通販を選びたいのだが、ナチュラムはじめ大体佐川なのである。ナチュラムなどの発送元は当然企業であるので、佐川でやった方がいくらか安いなどの事情はあるのだろうが、少しは消費者のことも考えるべきではなかろうか。


 そんなゴタゴタで午前中にくるはずの荷物が来ず、電話したら、「夕方までには」という話だったので待っていたらそれも来ず……。結局、翌朝になった。釣りにいけたはずの土曜日が丸々一日潰れた。意味不明だ。


 だから、ネット通販は嫌いだ。という話。


 仕事は仕事で、年末年始の休みの分、年明けにしわ寄せが一気にやってくる。仕事始めは7日だが、4日は様子を見に(?)港区まで出社し、そのついでに各ショップをハシゴ。


 キャスティング•キッカー日本橋〜渋谷サンスイ&上州屋〜横浜サンスイ〜町田サンスイと回った。


キャスティングキッカー日本橋
b0121015_2220259.jpg

横浜サンスイ
b0121015_22202634.jpg

キャスティング磯子プラザ
b0121015_22202752.jpg


 だが、正直良さげなものがあまり見つからなかったのが率直な感想。福袋などに興味はないし、かといって特別値が安くなっているわけでもなく、なにかあったとしてキャスティングのように買った分だけ金券的なアレである。アホでなければわかると思うが、こういうのは結局のところ、はじめに大金を落とすことありきなのであまり好きじゃない。


 惜しむらくはギルやタックルベリーなど、中古屋も回ればよかった。


 この日も日曜日だったが、翌日からの「社会復帰」にむけてリハビリの意味も込めて会社へ。そして、その帰りに江之浦へ。


 というのも、ネットで調べてみると、江之浦は海水温が意外と高いのだ。


江之浦の海水温


※上記サイトのデータは最新のものだから、閲覧する時期によってはこの記事の本文内容と一致しない。


 じりじりと下がりつつはあったが、年末まで16度台、年が開けてからも15度台をキープしており、一発がありそうな感じ。


 参考までに南伊豆方面の水温を覗いてみると、どういうわけが南伊豆の方が低かった。


南伊豆などの海水温


 東伊豆の伊東で14度、南伊豆の下田で13度、どういうわけか雲見では11度。西湘地区の方が高かったのだ。


 もちろん、計測方法がどの地点も全く同じとは思えないので、一概には言えないが、(実際、江之浦の計測場所は岸から800m•水深70mの場所の表層1mの水温とのことで、岸からの釣り場の水温とは乖離がある可能性もある。自分でも測ってみる必要がありそうだ)少なくともこの状況であればわざわざ伊豆半島を南下せずともいつもの江之浦で竿を出した方が可能性がありそうな情勢であった。


 ……で、意気込んで向かったのだが、結果からいえば全くダメであった。


 潮がド干潮であり、いまひとつ気分が乗らなかったのもあるが、なにより寒い。ただ、エギングの釣り人は相変わらず確かにいたし、テトラの先端よりの足場には新しそうな墨跡もあった。


 釣る人はちゃんと釣っている。


 それどころか、そろそろキロアップも出始めているのではないだろうか、という話もある。


 もっとも今後エギングは春になって再び海水温が16度を上回るまで、最低でも4ヶ月間、厳しい時期が続く。おそらく、次はメバルかオフショアに走るような気がする。西湘のゴロタでもいいメバル出ると思うし、お金持ちだった頃(苦笑)に買ったオフショアタックルも使わねばもったいない。


 あるいは、また和歌山遠征か。和歌山は1月でもキロクラスが数出る場所が南紀にはある。またいってしまうのも手だ。



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:バリバス/アバニエギングPE0.8号
リーダー:デュエル/フロロハリス2.5号
エギ:ハリミツ/墨族3.5号、メガバス/海煙エギダートクルー3.5号

[PR]
by rikkyofishing | 2013-01-06 21:43 | エギング
1月1日 震生湖(神奈川県秦野市)


釣果:ノーフィッシュ


 皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。


 新年一発目はバスを狙いましたが、……安定のボウズです。


 メタルバイブオンリーで冬の震生湖をリアクション攻略のつもりが、意外とどうにもならない根がかりが多く、16時を待たずしてあっという間に弾薬切れ。


 ラインは12ポンドだったのだが、ずばり、細すぎた。多少太くてもメタルバイブだったら支障ないはずなので、16ポンドくらいが必要か。


 出直し。


 ただ、明日はエギングかな。


 本当はこれからレンタカー借りてエギングとバス、メバルの3種狙いで再度旅立とうかと思ったのだが、安い車種は予約で一杯。断念。


快晴の渋沢丘陵からは富士山がくっきりと見えます

b0121015_12404277.jpg



行き先は思案の末、消去法的に震生湖

b0121015_12414057.jpg



震生湖湖畔の神社で初詣

b0121015_15442082.jpg



夕暮れが近づくと寒そうです

b0121015_15442319.jpg



足元のかけあがり的なところを攻めていきますが……

b0121015_12425980.jpg



まあ、当たり前だが、釣り人は気持ち少なめ

b0121015_1242521.jpg



 帰宅後、江之浦の海水温がここ数日安定して16度を保っていることが発覚。ルアーを全部なくしたこともあって、バス釣りに行ったことを激しく後悔した。


ロッド:グラファイトリーダー/ヴェローチェ・ネオGLVNC-662M
リール:シマノ/メタニウムMg
ライン:デュエルフロロ12ポンド
ルアー:コンバットルアーズ/リトルマックス1/4オンス、メガバス/ブレーディング-X 3/8オンス

[PR]
by rikkyofishing | 2013-01-01 15:39 | バスフィッシング