about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
6月29日 酒匂川水系渓流(神奈川県足柄上郡山北町)


釣果:イワナ27cm×1、ヤマメ15〜25cm×2


玄倉ダムの手前で釣れたヤマメ。まずまずの良型

b0121015_16123274.jpg



 丹沢湖上流の渓流へ初めて釣行した。玄倉(くろくら)川という川があり、支流にはイワナがいるという。そして、ユーシンブルーなる青い流れがあるという。これはいくしかない。


 しかし、このイワナ、丹沢の酒匂川水系では、かつては生息していたがいったん絶滅した、とも、もともと生息していなかった、ともいわれているようだ。山を挟んだ道志川ではヤマトイワナが在来だとされているみたいだから、よくわからないが、いずれにせよ、今回の玄倉川などに今いるイワナが人為的な放流によって根付いたものであると「されている」ということは間違いないらしい。日本の渓流は自然なようで自然ではなく、大体は、人の手が入っている。いまでは、丹沢に根づいたイワナは、サンショウウオの一種、ヒダサンショウウオへの食害が問題視されているという(*こんな記事もある。参考までに 「丹沢の渓流魚の危機」)。要するに、バスの害魚論のときによくしゃしゃり出てくる生物多様性うんぬんのアレだ。在来種であろうと、もともといない場所に魚を放すのも、生物多様性保全の観点から、いけない。ヤマメとの交配による遺伝子汚染が懸念されている新潟のアマゴと、この丹沢のイワナは、昨今の渓流事情を象徴する事例となっていると思う。


 前夜のうちに西丹沢へ向かう。平塚のかめやで遊漁証とルアーを買おうと思っていったらルアーはあまりないし、遊漁証は年券しかなかった。年券買ってもいいかとも思ったが、気持ちのうえではもっといろんな川に行きたいから、やめておいてフックだけ購入。遊漁証は途中のコンビニでも買える。丹沢湖へと向かう途中の道の駅山北で仮眠。


 5時前には起床したが、もうすでにだいぶ明るい。急いで玄倉へ向かう。湖面が露出し、だいぶ減水している丹沢湖を横目に見ながら、林道に入る。この林道、道がけっこうボコボコしており、車高の低いクルマでは少し心配だったが、ほどなくして車止めまでたどり着いた。レンタカーの古いカーナビの目的地は休業中のユーシンロッジに設定してあったが、この車止めから6キロとあった。歩いてみた感じからして、実際はもうちょっとあるのではないかと思うのだけど。


 車止めの駐車場にはすでに2台のクルマ。釣りかどうかはわからないが、こんな早くからハイキングもないだろう。すでに先を行かれている可能性があった。玄倉の渓流のなかでは、ユーシン沢はたぶん人気、というか、ユーシンロッジがあったこともあって、名前が知られていることだけはたしかだ。先行者があるかもしれないが、とりあえず歩き出す。


 ユーシンへ向かうのに一番の難所は青崩(あおざれ)である。そもそも、ユーシンへの道はこの青崩周辺の土砂崩れや崩落などで危険なため、車両の通行が規制されている。以前はクルマである程度まで行けたであろうことは、カーナビでユーシンロッジを目的地にすることができた事実から想像がつく。もう6月も終わりだというのに、やはり山の朝は寒い。新しく手に入れたリトルプレゼンツのウエーディングシューズとウェットゲーターを仕込んで林道をどんどん歩いて行く。これは、ウェットウェーディングといって、夏ならばいっそ川の水に入って釣りをしてしまおうというさわやか極まりないスタイルのためのアイテムである。ウェーダーはよほどの高級品でないと、真夏の一日を快適には過ごせない。暑がりの私にぴったりのスタイルなのだ。シューズも買ったので、また寒くなってきたらソックスタイプのウェーダーを買うことにしようと思う。


 歩いていくとやがて新しいトンネルが見えてくる。新青崩隧道。長さは300m以上だが、このトンネル、照明が1個もない。そのうえ、途中でクランクしており、完全なる闇の区間が300m近く続く。ヘッドライトは必須だ。と、いうことで、当然ヘッドライトを持ってきていたのだが、怖すぎて無理(笑)だったため、川へ降りた。上流へ釣り上がっていけばそのうち林道に這い上がれるだろう。


 しかし、降りたはいいが水がほとんどない。下流の堰堤ではたしかに流れがあったから、おそらくは水は伏流している。少し上流に歩いていくと、思ったとおり、少しずつ水量は増えていく。よさそうな落ち込みなどもあり、少し竿を出してみた。しばらくは反応がなかったが、徐々に魚影が走るようになってきた。水が極めてクリアだったので、岩を抱えるようにして、身を隠し、極力距離をとってキャストする。それでも、ルアーに反応があるのは大体1回まで。スーッと岩陰に戻ったまま、出てこないということが多かった。


 それでもだいぶ遡行したところにあった青い落込みで粘っていたら、数回目、あえて強めに繰り出した連続トゥイッチにバイト。全身を大きくローリングさせながら上がってきたのは、ヤマメだった。大きい、そして、この川の水のブルーを身にまとったかのような背の青い、きれいなヤマメだ。サイズとしても25cm。ルアーで釣ったヤマメとしては、畑沢で釣った24cmを1cm上まわる自己最大だった。


 ヤマメを青い流れのなかにリリースしたあと、さらに釣りあがって行く。途中、足を一歩でも滑らせたら真っ逆さまに落ち込みに転落しかねない場面があったが、なんとか乗り切り、うえを目指す。やがて、遠くにダムが見えた。大きな鉄の水門で仕切っただけの、古いタイプのダムである。手前に林道まで這い上がれそうな場所があったからよじ登る。うえをハイカーがあいさつをしながら通り過ぎて行った。私もあいさつを返したが、向こうは川から斜面をよじ登ってくる私の存在に少し驚いていたようだ。クマと間違えられたのかもしれない。


 さて、林道に戻ることができたので一気にユーシンを目指す。川を歩くのは好きだが、歩きやすいのは断然林道だ。人間だもの。しかし、なかなか着かない。登りはキツくはないが、釣りをしにきているのに釣りができずにただ歩く時間というのは長く感じる。ユーシンと呼ばれるエリアについてからは、とりあえず、ユーシンロッジを見に行った。誰もいない。荒天時の避難用部屋があるらしいが、基本的には入ってはならないようだ。公衆電話があったが、これも緊急時用だろうか。ここでパンとお茶で朝食にした。広場の丸太に腰かけ、ちょっとしたピクニック気分だ。


 食べ終わってから、沢に入る。ロッジの脇を割と水量の安定した沢が流れていたから、これがいわゆるユーシン沢だろう。入渓して最初のキャストで強めのアクションをルアーに加えると、いきなりアタリ。なかなかでかい。慎重に足元に寄せると、イワナだ。オレンジ色の斑点が美しい。メジャーを当ててサイズを測ると27cmあった。刺身にしてみたら美味いかなと思ったけど、リリースした。今度、もし泊まり込みでくるようなことがあったら、塩焼きと刺身をたくさん食べよう。そのときまでに腕を磨かねば。


 ユーシン沢を遡行していくが、下流は堰堤が多い。小規模なものを越えると、高さのある堰堤が登場。ただ、この堰堤には右岸側に巻き道があり、楽に巻ける。しかし、すぐに次の堰堤。こちらもロープがあったがほとんど垂直でだいぶ苦戦した。途中でネットを枝にひっかけてしまい、不安定な姿勢で取りにいけずに、結局、ロスト。ネット何回なくせば気が済むんだろう、私は。


 また、遠くに堰堤が見える。この区間はじっくり探ることにして、落ち込みから足元の岩陰を慎重に通すと、岩陰から茶色い影が猛追!バイトするも、首振り一発でフックを外して行った。本当に茶色の魚体だったが、あれはイワナだったのだろうか。おそらくは30cmはあった。惜しいことをしたが、通す場所が的確ならば答えがかえってくるということを実感できた。


 この日のユーシン沢最後の堰堤は、不思議なことに堰堤までの橋と堰堤を越えるためのはしごがついていた。かなりの高さがあり、怖かったが、なんなく次の区間へいくことができた。が、すぐにゴルジュになっており、それ以上の遡行は無理と判断。おそらく、沢の地図などがあれば道も載っていることと思われたが、この日はあいにく簡易的なものしか持っておらず。ただ、あとで人に聞いた話によれば、この日私が探った区間がもっとも有望なんだとか。


 その後、本流筋へ戻り、熊木沢との合流点から入渓。本流筋は水量があり、探りづらいので支流からの流れに入って行った。そこで、15cmほどのヤマメを追加。ほかにも支流の沢を探ったが、魚影があった。もっと上流で放流をしているのか、本流から上がってくるのか。わからないが、本流筋とそこに流れ込む支流の出口付近ではヤマメの魚影が多かったように思う。支流を遡行して、最後、ここで林道に戻ろうと思った堰堤でもバイトあり。


 もっと上流も探りたかったが、どうにも水が見えない。一面、丹沢らしい白い河原の石が広がる。上流部とは思えない異様な光景だった。とりあえず、この日はここでUターン。


 復路、熊木沢出合いまで戻る途中、林道の崩落が何箇所かあり、肝を冷やす場面があったが、なんとか斜面を山側に登って回避できた。しかし、丹沢の地質は崩れやすく、何かのきっかけで一気にいってしまいそうで、まったく気は抜けない。


 車止めまでの道すがら、何人かのハイカーとすれちがった。山ガールって本当にいるんだな。


 13:50頃から歩き始めて、車止めに着いたのは16時頃だった。まだまだ明るい。もう少し粘ってもよかったか。実質釣りをしていたのはどれほどだったのか。ほとんど歩いていたような気がするし、実態もそうだったのだろう。


 そういえば、この日はイワナとヤマメが両方釣れた。この際、伊東あたりまで大移動してアマゴも釣れれば渓流3目達成だななどと思ったりしたが、さすがに疲れすぎてやめた。


車止めにはクルマがすでに2台 *左端の青いクルマが私が借りたポンコツ

b0121015_20433867.jpg



各所で崩落があり、通行止め。ユーシンロッジもその関係で休業中。ただ、ロッジまでの道はだいじょうぶそうでもあり、再開する予算がないのか

b0121015_20471820.jpg



こういうのよく見かける。地盤というか地質というか、もろいようだ

b0121015_2050821.jpg



ユーシンまで5.6㎞。けっこう歩いたつもりだったのに……

b0121015_20505367.jpg



新青崩隧道。真っ暗なトンネル

b0121015_15284256.jpg



全長327m。ビビリの私には無理と判断し、川へ下りた

b0121015_15295940.jpg



ガケを滑り降りて行く。途中、上がれなくなったらどうしようという不安に襲われた

b0121015_15323839.jpg



遠くに見えるのが旧青崩隧道。新青崩隧道とはユーシン側の出口で合流している

b0121015_15334354.jpg



川へ下りた地点には伏流しているためかほとんど水がなかったが、釣り上がると徐々に増えていく

b0121015_1535789.jpg



これぞユーシンブルー! と、言いたいところだが、ユーシン渓谷よりはだいぶ下流。玄倉ダムよりも下流の地点

b0121015_15255740.jpg



やがて釣れた25㎝、8寸オーバーのヤマメ

b0121015_15363123.jpg



このブルーからヤマメがとびだしてくる

b0121015_15384732.jpg



そして、ユーシン渓谷はどういうわけかグリーン系が混じる。これはこれで綺麗だ

b0121015_15263713.jpg



極め付きはこのイワナ。ユーシンロッジの真下あたりで食った

b0121015_15275928.jpg



メジャーを当ててみたら27㎝あった。写真ではどうしてもズレてしまうが

b0121015_2055152.jpg



時間が止まったようにたたずむユーシンロッジ。朝はひとけがなかったが、昼過ぎはハイカーや家族連れも。なんだ、全然奥地ではない、いわゆるハイキングコース

b0121015_2057833.jpg



ここが開いていたらとなりのユーシン沢などぜんぜん釣れない沢だったのだろう

b0121015_20585025.jpg



ここまできて朝食

b0121015_2101146.jpg



ユーシン沢の様子。この辺はあんまり青くない

b0121015_22224497.jpg



梯子で越えられる堰堤。こわい

b0121015_2224690.jpg



謎の橋。渡ろうと思えば渡れる。でも、やっぱり怖い

b0121015_22258100.jpg



そりゃそうでしょうね

b0121015_2226912.jpg



踏み跡で道がわかる

b0121015_2229723.jpg



しばらく行くとお堂

b0121015_22301863.jpg



お堂から階段を下りると鳥居がある

b0121015_223112.jpg



どこかと思ったらユーシンロッジの裏だった

b0121015_2232591.jpg



細い沢でも魚影が見えた

b0121015_22325943.jpg



ヤマメ15㎝くらい

b0121015_223525100.jpg



この堰堤からの落ち込みでも1匹でたが、獲れなかった

b0121015_22361310.jpg



打ち捨てられていたフライ用のネット

b0121015_22271220.jpg



上流は水がなかった

b0121015_223845.jpg



崩落してるよ

b0121015_22385432.jpg



帰りはこんなおっかないトンネルを行く。ヘッドランプは必携だ

b0121015_22533024.jpg



今回からの新調アイテム。リトルプレゼンツ/SH-03ミッドストリームWDシューズラバーソール

b0121015_15555774.jpg



同社のウェットゲーター、ウェットボトムと合わせてウェットウエーディングのスタイルで釣りをした。涼しくていい

b0121015_15581843.jpg



ロッド:パームス/シルファーSSGS-56UL
リール:シマノ/レアニウムCI4+ C2000HGS
ライン:サンライン/スーパーブレイド0.6号
ルアー:スミス/D-コンタクト

[PR]
# by rikkyofishing | 2013-06-29 22:45 | 渓流ルアー
6月23日 柏尾川(神奈川県横浜市)


釣果:(コイ1匹)


これは別の日の釣果。エリアもまったく異なる

b0121015_20394237.jpg

きっかけはこの1本。でも、釣ったのは出張で訪れた湘南。クルマがない私は、普段はいけない。湘南地区の川は水路を含めかなりの範囲にナマズがいるようだ


 ナマズ釣りにいってきた。私は、3年前からナマズ釣りをやっているが、釣行回数が極端に少なく、事実上の休眠状態だったため、単純にナマズ歴3年とはいいがたい。薄暗い川原が主戦場となるナマズは、エギングやメバルなどで夜釣りに慣れているとしても、また別の「身構えてしまう」何かがあり、やりこむには至っていない。そもそも、ナマズ釣りは3年ほど前から夏の釣りものとして認知されているが、毎年毎年、「ナマズ流行も今年で終わりだろう」というようないわれ方をされ続けてきた。しかし、今年も相変わらずで、ケミホタルを装着するケミホルダーなどは、ナマズに力を入れている店でも品薄状態なんだとか。


 そんななか、仕事のついでにロードランナーとカルコン100でポコポコやってたら、何発も出るのだ、これが。しかし、のらない。手元まで感触が伝わってきているにもかかわらず、はじいてしまっているのか、ナマズ側が食い誤っているのか……なんとか1匹を仕留めるにとどまった。


 本来、私の釣りというのは「現実逃避」の要素が大きい。身近な釣り場で手軽に楽しむというよりは、休日にどこか遠くへ、景色のまあまあいい場所へ、出かけるための口実が欲しいのである。たとえ釣れるという確証がなくとも、渓流初挑戦でいきなり3月の佐渡に行ったり、10日休みをとって種子島へエギングに行きボウズだったり、などということができるのはそういうことなのだ。そういう意味では、ひょっとしたら釣りでなくてもいいのかもしれない、とも最近思い始めている。だから、いくら秋口に東京湾内でアオリが釣れているといわれてもほとんどわくわくしないし、たいして釣っていないメバルも飽き気味だし、学生の頃たまにいっていた港湾シーバスにもいまひとつ入り込めなかったのだといまになって思う。


 はたして、ナマズ釣りもどちらかというとそういう類の釣りだと思っていた。どこにでもいる、会社が終わってから夜釣りで釣れる……なにかちがう感じがしていた。しかし、なかなかどうして、ナマズ釣りにはもうひとつの大きな魅力がある。あの、派手にトップウォーターにでてくる捕食である。場合によっては、何回通してもそのたびにでてくることもあるナマズ。そして、何発でてものらないことがあるナマズ。そんなことに気づかされて、またナマズをやってみようと思った次第だ。


 今回の柏尾川は、これまで行ったことがなかった川だったため、明るいうちからはいった。ビバのでんぐりガエルをフルキャストして、テロテロ巻いてきたら背後からコイが猛追。まさか食わないだろうと思っていたら、そのまさかが起こってしまった。東海道線と横須賀線のホームから丸見えの環境で、60cmアップのコイと格闘。みると、コイの口にはエサ釣り用の針がついていた。外してリリース。少しいいことをしたつもりでいたが、ナマズからの音沙汰なし。釣りニュースにもナマズ釣り場として紹介されたらしいのだが、ほかに釣り人の姿はなく……まあ絞り込めていないだけだろう。


 ところで、ビバのルアーはなかなかいい。足場が高くても、よく泳いでくれる。テールのプロベラは、ちょうちん釣りのときによくまわって、アピールしている感じがする。音も大きい。主流のジッターバグももちろんいいし、何度も出しているが、もともとボートでの釣りを想定して設計されているだろうから(アメリカにはバスの岸釣りの文化はあまりないらしい。少なくとも、昔はボートからやるのが普通だった)、ちょっとティップと水面までの距離があると泳ぎが悪くなってしまう。「だからこそチューンなども含めて楽しい」というのはもちろんだが、あまりいじりたくない、いじれない、という人は、たぶん、最近でた日本のメーカーのナマズ用ルアーがいいだろう。


柏尾川は戸塚駅から見える川だ。釣りニュースのナマズ特集号にも載っていた

b0121015_11593598.jpg



戸塚駅周辺は河原にも人が多いが、少し外れるとほとんど誰もいなくなる

b0121015_1203210.jpg



橋脚や杭、ブッシュなどあるが、全体的に浅い

b0121015_1215429.jpg



明るいうちにヒット! かと思ったら、コイ

b0121015_1224971.jpg



60㎝くらいか。ちゃんと口で食ってきた

b0121015_1232460.jpg



あっという間に日が暮れた

b0121015_124916.jpg

[PR]
# by rikkyofishing | 2013-06-23 20:30 | ナマズ
6月15日 酒匂川水系渓流(神奈川県足柄上郡山北町)


2匹目に釣れたヤマメ

b0121015_13121211.jpg

奥八丁の堰堤より上流で初めて釣れた。この区間も普通に魚影が走る。これまで釣り歩いた限りでは、堰堤は確認できていない。そういう意味では気持ちよく釣りができる区間だ



釣果:ヤマメ2匹


 今回からPEライン(サンライン/スーパーブレイド0.6号)とスミスのDコンことD-コンタクトを導入した。


 いま、渓流ルアーはヘビーシンキングミノーの連続トゥイッチが全盛。たぶん、アクションの美しさの点ではやっぱり普通のミノーなのだろうが、支持されるのはミノーを動かして積極的に魚にアピールできることと、そしてなにより釣れるからにほかならない。


 狙う場所が近い渓流釣りでは、PEラインでもナイロンでもそれほど差はないと思っていたが、アクションを加えてみると瞭然、よりキビキビと動かすことができた。PEを巻いておけば、バスの虫ルアーにも使えるし、いろいろと都合がいいから、これからは渓流もPEにしよう。


 Dコンタクトは、かなりいいと思ったが、PEラインのおかげもありそう。PEラインで使い比べられらばよかったのだが、今日は釣りはじめが15時からで時間がなかった。


 停滞して、結局、どこかで消滅した台風3号は、それでもそれなりには関東に恵みの雨をもたらした。……はずだったのだが、流れの多くがおそらくは伏流している皆瀬川のこと、この日はすでにいつものチョロチョロ具合に戻ってしまっていた。


 ただ、数台の釣りかもしれないクルマが停まっているのを目撃したので、ある意味では読み通り、狙いは外れてはいなかったのかもしれない。確かに、雨がほとんど降っていなかった頃よりは、場所によっては気持ち水量があったような気がする。そして、ところどころ枝葉などが水中にたまっていて雨で多少は流量が増えた形跡はあった。


 さっそく、花屋敷堰堤上の駐車スペース横から入渓。さっそく、いつもならチェイスはおろかルアーをキャストするモーションで魚影が走ってしまう淵で1匹。サイズはそれなりだが、皆瀬川らしいまあまあキレイなヤマメだ。


 八丁集落の連続する堰堤群では、ヒットなし。林道を歩いて奥八丁の堰堤より上流から再入渓。


夕暮れどきはかなり暗い

b0121015_13143193.jpg



おそらくは、これこそが鉄細菌ではないだろうか

b0121015_13145883.jpg



 そこそこチェイスあり。しばらくいったところで1匹。この区間では初めての釣果だ。


この日の1匹目。サイズではない、サイズではない……と、いいつつも、全然伸びないのは気になる

b0121015_13123776.jpg



 さらに釣りあがっていく。チェイスはあるがかからない。林道と別れる地点に到達してもまだ少し時間があったので、もう少し遡行することに。1mほどの高めの落ち込みを越えて、さらにいく。いい感じの落ち込みが登場。キャスト、ヒット! しかし、バラしてしまう。フックが曲がっていたようで、チェック不足だった。というのも、曇り空も手伝ってだいぶ空が暗く、さらに頭上を覆う木々のおかげで私の周囲はかなり暗かったのだ。


冒頭のヤマメの「失敗カット」。水滴がレンズに付着したうえに、あまりにも暗すぎた。箱根の山は隣の隣あたり(?)だが、昼なお暗し

b0121015_1318074.jpg



最後の最後、ヤマメが出た落ち込み。落ち込みにキャストを決め、沈めてトゥイッチさせた

b0121015_13133078.jpg



 ともあれ、ここまできてもまだヤマメはいるということがわかった。こんどは、この林道との合流点からはじめていけるところまで行ってみようと思った。


ロッド:パームス/シルファーSSGS-56UL
リール:シマノ/レアニウムCI4+ C2000HGS
ライン:サンライン/スーパーブレイド0.6号+フロロ4ポンド
ルアー:スミス/D-コンタクト50

[PR]
# by rikkyofishing | 2013-06-15 19:04 | 渓流ルアー
6月1日 酒匂川水系渓流(神奈川県足柄上郡山北町)


2匹目に釣れたヤマメ。サイズがぜんぜん伸びない

b0121015_1904677.jpg

チェイスはあるが、チェイスしてきたときはほぼ食わせることができず。この日釣れた2匹はほとんど着水してスラックをとるまでに食っていたといっても過言ではなかった。やはり厳しくなってきている。梅雨入りで水量が増えることを期待したが、空からの援護はなく……


釣果:ヤマメ×2+スレ1匹


 この日から6月。梅雨入りしたにも関わらず晴天でおまけにあまり雨も降っていない。当然、皆瀬川の水量はちょろちょろ程度。しかも、堰堤などの様子をみるにいつもよりさらに少ないのではとすら思えた。


 まず、池田建具店近くの堰堤から探っていく。この日は下流から様子をみていく。前回、この堰堤でヤマメを出せたから、下流域でもまだ釣りになる可能性を否定できなかった。しかし、あっという間に次の堰堤。右岸側から高巻きし、やり過ごす。支流の沢にも入ったが、ここも部分的に表面が枯れていたほど、水量が乏しかった。


 本流筋に戻るも魚影がほとんど見えない。またしてもすぐに堰堤。斜面をよじ登って林道へ出る。もう何回もよじ登っているので慣れたものである。だいたい、人の踏み跡があってそれをたどっていく。しかしながら、それはつまりほかの人も頻繁に川に入っているということでもある。


 次の区間は平坦で落ち込みが少なく、有名な支流の沢も入り方がわからないため、飛ばす。


 人遠橋の手前から斜面をジグザグに滑り降りて(?)川へ。スピアヘッドリュウキをひったくるアタリ。しかし、おチビヤマメ。しばらくいったところで死んだヤマメを発見。目立った外傷はないから釣り人に釣られたことが原因ではないのかもしれないが、少しずつ荒れてきてるのか。右岸側から流入する沢へ入っていった。すぐに1匹。しかし、こちらもサイズはいまひとつ。すぐに堰堤だが、左岸側に高巻きルートがあり、割とらくに巻ける。堰堤上の区間もけっこう魚影が走る。チェイスもあるが、全然リズムをつかめない。ヘビーシンキングミノーを連続トゥイッチさせていたが、何が違うのか。スピナーなら食ったのか。いや、見切られるだろう。カラーが違うのか。そうこうしているうちに次の壊れた石積み堰堤。真下でデカいヤマメの魚影を発見するも、ルアーをキャストするモーションで落ち込みに逃げて行った。無駄だとわかりつつ何度かしつこく通したが、やはりダメ。


 本流筋に戻り、次の花屋敷堰堤まで探ろうとしたが、2人組のフライマンが先行していたため、引き返す。その先はすぐに堰堤だったのだ。


 さらに次の堰堤までの区間は反応に乏しく、八丁集落にある小堰堤もスレ1匹。このスレヤマメ、しっぽがかなり養殖っぽかった。奥八丁やまめセンターからの流出か、成魚放流でもあったのだろうか。この区間ではまたヤマメの死骸を発見。20cmくらいの割と大きな個体だった。なんとなくだが、養魚場が近いからその関係かもしれない。


 八丁神縄林道へ一旦出て、堰堤がない区間を探ると、日がかなり傾いていたこともあり、反応多数。サイズは小さめな感じだったが、魚影自体はここから上流も相当濃いみたいだ。ただ、やはりヤマメとルアーの距離感が縮まらない。


 結局、チェイスをものにすることはできず。


 ふもとまで降りるのに最低でも1時間はかかりそうだったので、18時には釣り終了。皆瀬川も解禁から丸3ヶ月。この日は一日でヤマメの死骸を2匹見つけたし、先行者もいたし、Uターンの数も半端なかった。厳しくなってきている。夏ヤマメは一里一匹などともいわれるし、これからさらに厳しくなる。ちょうど、今回で釣行9回目。これ以上いったら年券を買った方が安かったことになる。これを機に川を変えようかな。


 いま考えているのは多摩川水系の日原川や相模川水系桂川の支流などだが、いずれも人が多そうなのがネック。桂川水系はアユ釣りまで解禁になったし、日原川は水遊びの人もいるだろう。丹沢湖上流はヤマビルが嫌だし、バスでいかねばならないのも微妙。放流もそこそこ多いらしいから一度くらいはいってみたいが、通える感じじゃないのが個人的にいまひとつ。アマゴの川にもいってみたいが、狩野川、河津川などは、当然、酒匂川水系よりも遠い。大井川や富士川の水系はイワナも釣れていいらしいが、クルマが必要になってくる。新潟の魚野川もよくなってきたらしいので行きたいが、しばらく忙しいから6月下旬までは難しそうだ。


市間橋2㎞ 人遠橋4㎞

b0121015_192408.jpg



支流の沢は表面が枯れかかっている

b0121015_1932976.jpg



人遠橋から入渓したすぐのところで1匹目

b0121015_1941674.jpg



流れのど真ん中にいた

b0121015_195471.jpg



やっぱり透明度が高い方が気分がいいよね

b0121015_1954040.jpg



しかし、水中で死んでいるヤマメを発見

b0121015_1961561.jpg



2匹目!*トップの写真と同じ魚です

b0121015_1965572.jpg



支流の沢に入って、最初の堰堤までの区間だった

b0121015_1973968.jpg



それで、堰堤登場

b0121015_1982039.jpg



左岸側から巻けるようになっていた

b0121015_1985691.jpg



この釜からの落ち込みでいいサイズが1匹走った

b0121015_1994235.jpg



たぶん、この上もあるな

b0121015_1911412.jpg



本流筋に戻る

b0121015_19122295.jpg



またヤマメの死骸。タイミングなのかなんなのか

b0121015_19132634.jpg



いいサイズ!と思ったら、スレかよ!

b0121015_19145827.jpg



尻尾がきれいでない

b0121015_19152572.jpg



山北駅

b0121015_19162196.jpg



ロッド:パームス/シルファーSSGS-56UL
リール:シマノ/レアニウムCI4+ C2000HGS
ライン:アプロード/GT-Rトラウトエディション4ポンド(スーパーグリーンバック)
ルアー:デュオ/スピアヘッドリュウキ45S、イトウクラフト/蝦夷50SタイプⅡ、スミス/ARスピナー3.5g

[PR]
# by rikkyofishing | 2013-06-01 23:03 | 渓流ルアー
5月26日 酒匂川水系渓流(神奈川県足柄上郡山北町)


釣果:ヤマメ10〜18cm×8


チェイスが多い割に釣れないし、デカいのに限って獲り逃がしてしまう

b0121015_18234974.jpg

トゥイッチさせて食わせる感じがなかなか難しい。いつものように簡単にはいかなかった。動きを止めるとUターンしてしまうし、速すぎると追いつけない。全体的に浅かったので、さらにもっと軽めのものを流したほうが良かったかもしれない


谷峨駅からも近いし、とりあえず釣るだけなら……ということで畑沢へ。丸一日時間をかけて探るついでに、前回釣り上がるのをやめた堰堤の上がどうなっているのかをみたかった。釣り上がれば上がるほどにごりがひどくなる畑沢の源流のひとつも見ることができた


こういういつものポイントから……でるんだけど、のらない

b0121015_22133457.jpg

Uターンが非常に多い。この日は日曜日だったし、前日、あるいは同じ日の早朝から探った先行者がいたのかもしれない


10:35、ようやく1匹目。小さい……

b0121015_22143766.jpg

一番いいはずの時間帯を外し、なぜか10時すぎに1匹目というよくないパターン


非常に苦手なヘビに遭遇。マムシ……じゃないよね?ヤマカガシ?

b0121015_2216214.jpg

どうやらヤマカガシのよう。調べてみたら一応毒蛇。ただし、よほどのことをしない限り襲ってくることはないらしい。これまでの国内での死亡例は10例にも満たない


2匹目。今度はちょっといいサイズ。11:56

b0121015_22184371.jpg

でも、20cmはない。この日、さらに大きそうなヤマメも掛けたが、逃げられたり、フッキングをミスしたり、散々


今回から見やすい色つきラインを導入

b0121015_22195412.jpg

いま流行りのPEという手もあったが、高かったのと、もう少しナイロンを試してみたかったのとで、サンヨーナイロンのナイロン4ポンドに。リーダーとして無色透明のフロロ4ポンドを結んだ


色つきラインは見やすいが、こうしたポイントで露骨なUターンが多かった気がする

b0121015_2221053.jpg

もちろん、アプローチの問題かもしれないが、操作性が向上したことにより、かなりルアーに反応が向上したにも関わらず、食わせられず。ジレンマである


3匹目はスピナー。13:21のヒット。スローペース!

b0121015_22222692.jpg

以前まとまった数を釣ったことのある滝つぼで。抜かれているのか、なんなのか、露骨に釣れなくなった


10号橋手前の滝つぼを高巻き

b0121015_22235183.jpg

この滝つぼ、右岸側の斜面からなんとか高巻きできた。


4匹目。顔が丸い。成魚放流?でも、果たして放流なんてあったのか

b0121015_22251743.jpg

思えばヤマメは同じ沢や川でも体色がけっこう違う


この岩陰でやや大型のヤマメをヒットさせるも、バラシ……

b0121015_22263986.jpg

完全に気を抜いていた。せっかく細かい落ち込みや淵、岩陰なども丁寧に通していったのに、結局、集中力が欠けていたのは痛恨の極み。だせたこと自体は次につながるものもあるはずだが、残念


農薬か何かが流れ込んでいるのか、岩がオレンジ色

b0121015_2227509.jpg

わざわざ評判のよくない畑沢にやってきて愚痴をいっても仕方がないが


ヤマメも居心地よくはあるまい

b0121015_22285841.jpg

ゴルフ場からの排水か、あるいは田畑だろうか。原発の問題をみていてもそうだが、日本は環境に対する意識が低すぎると思う※コメント欄に書き込みをしてくださった方によると、鉄細菌の可能性があり、いわゆる汚染に短絡できないかもしれないとのこと


フックを替えたら一発で5匹目 14:37

b0121015_22305037.jpg

渓流はミスキャストも多くなるし、どうしてもフックポイントがなまりやすい。結局、ポイントが甘かったという極めてプリミティブな原因によっていくらかは魚を獲りにがしていたのだ。スペアのフックは必ず持ち歩いた方がいい。シャープナーでもいいが、私はフック交換を機にバーブレスに替えることにしている


立て続けに6匹目 14:42

b0121015_2232132.jpg

新しいフックの威力。浅い渓流では、想像以上にフックポイントは甘くなりやすい


上流へ行けばいくほど荒廃している畑沢

b0121015_22342017.jpg

とあるホームページで、畑沢について「この沢の魚は食べるに適さない」という主旨の記述があったが、それはこの沢の魚を守るための意味合いもあるのではないかと思っていた。でも、違うみたい


なんだこりゃ

b0121015_22353380.jpg

おいおい、って感じだ


堰堤の落ち込みで7匹目 15:36

b0121015_22362073.jpg

魚自体はいる。このヤマメはスピナーに何度もチェイスしてきてようやく食わせた


驚いたことに、堰堤の上はダム状になっていた。ここに土砂を沈殿させることで多少は下流への流出を食い止められるのだろう

b0121015_22373344.jpg

そして、それがどういうことかというと……ここより上流はさらににごりが増す、ということ。ここでもにごった水の中に魚影が走ったが、供給源は放流なのか、支流の沢なのか


堰堤上のダムから少し上流で沢は二手に分かれていた。右側は澄んでいる

b0121015_22383563.jpg

この澄んだ流れにちゃんとヤマメがいれば……


対する、採石場からの流れは……マッディシャロー寸前

b0121015_2239474.jpg

わざわざこっちにはいかないだろう、ということで、右側の沢へ


当然、右の澄んだ沢へいく

b0121015_22405086.jpg

ただ、コケなのか、鉄分なのか全体的に茶色っぽい。水自体は澄んでいるが


久しぶりにみる透明な水。しかし、魚影も見えない

b0121015_22415510.jpg

この沢の奥の奥に、ネイティブヤマメがいてくれたりするといいのだが


反応が思わしくないので、林道と交差する場所から脱渓

b0121015_22445265.jpg

何かの魚はいたような感じもするが、どうも……エサも少なそうである。でもわからない。わかる人は教えてほしい


採石場

b0121015_22464094.jpg



場内はだいぶ広いらしい

b0121015_22474859.jpg



これが畑沢の「源流」のひとつだと思うと物悲しい

b0121015_2248583.jpg



もう一度、合流点から入り直すと、ヤマメが釣れた。8匹目 16:39

b0121015_2250637.jpg

不思議なのは、右の澄んだ流れにはいなかったのに、左のどろどろの流れでは数回、チェイスがあったことである。単ににごっていたほうが警戒心が薄いのか、あるいは、実はヤマメ的にもにごっていたほうが都合のいいことでもあるのか。ひょっとしたら、泥の中にエサがいたりするのかもしれない


現実、を、いちいち見せつけられた一日だった

b0121015_22512877.jpg



ウエーダーにもこまかい粒子の泥がついた

b0121015_22522625.jpg



ロッド:パームス/シルファーSSGS-56UL
リール:シマノ/レアニウムCI4+ C2000HGS
ライン:アプロード/GT-Rトラウトエディション4ポンド(スーパーグリーンバック)
ルアー:シマノ/カーディフ刀雅50HS、デュオ/スピアヘッドリュウキ45S、イトウクラフト/蝦夷50SタイプⅡ、スミス/ARスピナー3.5g

[PR]
# by rikkyofishing | 2013-05-26 18:16 | 渓流ルアー