about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
開成に行ってきました。


GW中ということでいつもの休日よりは若干混んでいるのかなといった感じ。


それでも広い釣り場なので窮屈な感じはそれほどしない。


フライをしていたのだが釣れる魚はコンディションのいい魚が多く、もって帰って食べたい感じだった。


ただこの釣り場は全体的に背後に木(もしくは別の池、道路、小田急線など)が多く、バックスペースが取りづらいためロールキャストしか出来ず、その点は残念だった。その代わりロールキャストはけっこううまくなった(笑)


やはりキャストの練習も兼ねるならば王禅寺のフライ池が最適だと思った。


真昼間はなかなかヒットしなかったが、魚が溜まっている場所を探し当てることが出来ればまあ釣れた。広いのでやはりアプローチは難しめかな、と。


魚種としてはイワナやヤマメ等も相当いたようなのでその点も楽しいと思う。


次来るときは是非クーラー持参で食糧確保したいと思う。


しかし、小田急で新宿から1時間半、さらに最寄駅から徒歩20分ほどと、やはりかなり遠い。それならばいっそ芦ノ湖、もしくは芦ノ湖(で無理だと感じたら)→開成に転戦というのもいいかもしれない。


その後、ロッドケースを担いで野武士のような格好で古巣のサークルの飲み会と学科の飲み会をハシゴした。
[PR]
# by rikkyofishing | 2008-05-05 18:37 | フライフィッシング
横須賀市鴨居港→三春町岸壁→深浦湾と転戦。


修瑛の車が「天寿を全う」したので、ヴィッツは人が好き、トヨタ・ヴィッツでびゅんびゅん行ってきました。レンタカーです。


結果はテキスト上がり次第アップすると思います。多分あと3,4回は釣行期アップできるはずなので。


天気が良くて花粉もびゅんびゅん飛びまくってました。


今年は3年ぶりに花粉の飛散量が非常に多いという私にとっては悲惨な年です。


三年前の悲惨な年は私が大学に入学した年でした。


この年はひどかった。


2005年、入学式にマスクをしていった記憶がある。


あれからもう丸三年か。早いな、という感じ。


大学では何をしましたか、何を勉強しましたか、って面接でよく聞かれます。


とりあえず、今までやってきたことを答えますが、内心では


「おいちょっと待てよ、まだ終わってない、あと一年ある」


と、思って答えています。実際何もやりきってない。


そもそもまだ3年で、ようやくフランス語もわかるようになってきてフランス語原文で資料やら作品やらを読めるようになってきた(まだ不完全だが)のに、「何をしましたか」っていう質問はかなりの愚問だ。


他の人々も一様に同じような違和感を感じているのではないでしょうか。


出来れば4年終わってから1年求職する期間みたいなのがあればいいのに、と思ったりする。


専攻が法律であれ経済であれ社会学であれ、「3年次」というのはようやく専攻する学問の全体像を把握し自分がどういった部分を突き詰めて行きたいのか、何に関心があるのか、に気づき始めた頃なのではないでしょうか。


せめてもの抵抗として、私は質問に答える際、「大学入学後は・・・」からはじめることにしている。「大学時代は・・・」なんて断じて言わないことにしている。


何をいいたいかというと、企業もアホではないので学生が大学で学べることは、少なくとも就職活動を行う3年次後半までで学べることは多くない、と知っているのです。


私は大学の成績は悪く、はっきり言って「劣等生」の分類に入っています。自称「不良大学生」ですし。授業に出ると「田沢が海から帰ってきた!!」とか言われちゃうし、あと○十単位残ってるし。


でも、「大学の成績」「残りの単位数」などを就職応募書類に記入させる企業であっても書類の段階で落とされたことはありません。自己PRなどに自分が大学入学後に何を考えどういった経緯で留学なり旅行なりサークルなりをやってきたかをはっきり主張できているからだと思います。


大学入ってからほとんど「フル単」で3年前期でほとんどの単位をとり終わったような人でも書類で落ちたりしていますが、結局は目的意識が希薄なんだと思います。反面、ちゃんと目的意識を持っているから私は少なくとも書類では落ちません。もちろん最終的に内定が出るかはわからないわけですけど。


今はひたすら憧れの海運業界に行きたくて志望動機を洗い出しています。


船が好き、海が好き、川崎汽船は釣部がある、赤いコンテナが好き、という以外には無いような気がしていたのですが、それ以外にも世界中をひとつの海を通じて働ける、とか、島国である日本のライフライン・国民の生活を支える仕事が出来る、というような視点からも広げていけるような気がしてきました。LNG船とかタンカーとか30万トンとかある船もあって単純に圧倒されます。


海運は大手三社があってトップを現在日本郵船(三菱系、NYK)と商船三井(三井系、MOL)が争っている状態、それに三位の川崎汽船(非財閥系、K-Line)が続く感じです。川崎汽船以外の大手2社も一応は受けるつもりですが、一番好きなのはやっぱり川崎汽船です。K-Lineの赤いコンテナはいたるところで見かけるし、そもそも祖父の影響でほぼ洗脳に近い状態で川崎汽船が好きなのです。


志望動機って難しいです。普通、有名だからとか給料・待遇がいいから、なんとなくその仕事をしてみたいとかいった理由以外に無い気がするのですが、(そしてそれ以外のことを言える人間は究極的な理想主義か単なるウソツキだと思う)海運は志望動機に関しては負けないような気がします。


今年は看板を制作するらしいですが、けっこう難しいですよ、看板。倒れないように固定しなきゃダメだし、雨よけのビニールつけたりしなきゃならないし、そもそも新入生にマイナスイメージを与えてしまっては逆効果だし。ある程度「イメージ」でいいと思います。多少なりとも実際の活動とかけ離れていても、とりあえず入部させてしまえばそこから我々の人間性で定着させることが出来るのではないでしょうか。(何を根拠に・・・) アウトドア、自然、みたいなね。全国を目指せ、みたいなのもいいかもしれませんね。


実際、キャスティングだったら全国優勝目指せるはず。今年からキャスのモンスターがいないはずなので、確実な練習をつめば不可能ではないです。他の釣りも、経験をつんだからと言って必ずしも確実に勝てるわけではない、結果が出るわけではない、というのが釣りなわけで、「大学から始めてトップを目指せる」的なノリでもいいのではないでしょうか。私は同じようなことをアメフト部に言われました。


私も新歓やりたいのですが、内定が少なくとも一社出ないことには一切身動き取れません。


さて果たしてサーフリーダーはいつ買えるのでしょうか。
[PR]
# by rikkyofishing | 2008-03-18 02:02 | 投げ釣り(大物系)