about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:淡路島 ( 1 ) タグの人気記事

【遠征】5月4日 淡路島(兵庫県南あわじ市、洲本市)


釣果:メバル×1、カサゴ×3、ブルーギル×1、バス×1



宮ヶ谷池。ようやく見つけた「釣り禁止」ではない池。……クリアすぎる

b0121015_20402111.jpg



淡路島1魚種目はメバル。1投目で釣れたから、これは……と期待したが

b0121015_20414373.jpg



2魚種目はカサゴ。護岸のキワ、スロープの上、テトラ周りなどを攻めていると釣れたが、小さすぎる!

b0121015_20422889.jpg



淡路島のアオリイカは採捕自粛期間があるそうなので、注意

b0121015_20431850.jpg



「釣り禁」池をいくつも通り過ぎ、ようやく、OKな野池。宮ヶ谷池というらしい

b0121015_20444330.jpg



規模はそこそこで、近くに2つ別の池がある

b0121015_20455294.jpg



こういうのの沖ってたいていいいんだけどね

b0121015_2046599.jpg



なんて書いてあるのか

b0121015_20474242.jpg



てっきり釣り禁止看板かと思いきや違った

b0121015_2048463.jpg



宮ヶ谷池の下の池。やっぱりドクリア

b0121015_2049364.jpg



これは「道添池」というらしい。カメしかいなかった

b0121015_20502290.jpg



石碑は池の名前を知るのに便利だ

b0121015_20514277.jpg



これは比久尼池で釣れたでかブルーギル。スナッグレスネコリグの威力を発揮?

b0121015_20531689.jpg



県道477沿いの名もなき池で釣れたバス。魚影を見つけてから割とすぐ釣れた

b0121015_20544436.jpg



こういうのはかなりのパワースポット

b0121015_20585096.jpg



 5月の大型連休はどうもあまりいい釣りをできた試しがない。


 昨年はクビ覚悟で9連休を取得し、4キロアップのアオリイカを追い求めて種子島を訪れるも、島に到着した日の午後からの降雨でにごりが入り、バイト一発のみ。鹿児島へ戻り、真っ暗な国道をヘッドランプひとつでひたすら歩いてたどり着いた桜島の漁港では、まさかのゲソカット。一睡もせずに臨んだ熊本県三角港では、夜通しノーヒット。挙句、神戸までしか飛行機で帰れなかったおかけで、激混みの東海道線を、神戸から静岡まで、ほとんど座れずに普通電車を乗り継いで帰宅。総予算10万円近くかかった遠征の割に、強烈なトホホ感だった。


 それ以外にも、たぶん、大型連休には遠出していると思うのだが、まったくいい思い出がない。一番釣れた大型連休といえば、2010年、震生湖や丹沢湖、芦ノ湖などの近場と言っていい釣り場をめぐったものだった。丹沢湖と芦ノ湖でニジマス、震生湖でバス、津久井湖でハスと、まあ、サカナは釣れた。つまり、これまでの傾向からしても、わざわざ混雑するこの時期に、遠出する必要などないということは、(いや、むしろ、しないほうがいい、ということは)統計的に明らかである。言葉の意味があっているかは知らない。


 現在、出ている結論は、要するに季節と季節のはざまであり、陸上の人間的にはもう春でも、水中はまだ春になり切っていない可能性、場所によっては春だったりそうじゃなかったりと、差がある可能性があるということだ。この辺から、釣りに対する欲望が増大している釣り人(私)と自然とのミスマッチが発生する。


 たぶん、この大型連休後半も、渓流をめぐった前半と同様に穏やかに地元で過ごしていれば、純粋に釣りを楽しむくらいの釣りにはなったはずなのである。お金もほとんどかからない。そんなことは、当然、わかっていた。でも、それでも私は西を目指した。3日の真昼間、中央道の調布IC付近で微動だにしなくなった「高速バス」のなかで、ヒマをもてあまして韓国映画を見ていた。それが私だった。


 5月3日、午後9時前、定刻よりも少し早く大阪駅に到着したバスを下車した私は、東海道線でさらに西へ向かった。高速バスはあの地獄のような渋滞の中を、東名が混んでいるから中央道へ迂回し、新名神が混んでいるから名阪国道へ迂回するという荒業で、ほとんど定刻通り大阪へ到着した。高速道路の会社かどこか、コンピュータで管理でもしてあるのだろう。そうそう、大阪からさらに西に向かったのは、大学の後輩で、この春から兵庫県在住となったHRS氏と合流するためである。今回は彼と初日は淡路島で明け方までメバル、日中は野池でバス、翌日は一日琵琶湖という、はなっから少々無理のあるプラン。3日夜、HRS氏宅を経由し、レンタカーで淡路島へ向かった。


 海は全域で有望だろうと思っていたが、神戸よりだとなんとなく遠くへ来た感が薄れるし、野池は南の方が釣り禁止が少ないという前情報だったため、一気に南下。福良湾から探って行く心づもりで、西淡三原ICで高速を降りた。


 港で釣りを開始する。海面がペタっとしており、潮が流れていない印象。これはいまいちかな。潮回りは長潮。もともとあまり動かないうえに、ちょうど満潮時の上げどまり。これは微妙かと思いつつ、ベビーサーディンをキャストしてボトム付近をズルズルやると、ヒット! メバルだったが、サイズは15cm程度。どうも納得がいかないサイズだ。そして、以降はたまにアタリがあるだけで釣果なし。


 


 
[PR]
by rikkyofishing | 2013-05-04 23:09 | バスフィッシング