about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:琵琶湖 ( 2 ) タグの人気記事

【遠征】9月29日 琵琶湖(滋賀県大津市)


釣果:バス20㎝~49㎝×7


クリスタルSでこの日の最大バス。49㎝

b0121015_1215457.jpg



 HRS氏を兵庫県内の自宅に送り届け、私は名神を大津へ向かった。1時間弱、相当疲れていたはずなのに休憩なしで日付が変わる頃にはたどり着くことができた。本当に近い。釣りをするなら関西に住みたいものだ。


 大津SAで寝て朝を待つ。仮眠レベルではなく、しっかり眠れたのは幸いだった。この日は三重県在住の知人Sさんと琵琶湖に繰り出す予定だったのだ。


 早朝は起き上がれなかったが、S氏との集合までの時間に大津プリンスホテル前でジャークベイトをジャークする。このパターンで前日は朝イチに20cm程度ではあったが、バスが釣れた。でかいのも可能性あるのではないかとやって見たが、ダメ。


 久々に再会するS氏と集合後は、大津港の堤防で竿をだす。駐車場裏の石積み護岸でも、早速1匹釣れているのを目撃。スピニングタックルでウィードに潜られていたことから、サイズもそこそこだったようだ。そして、琵琶湖は意外とライトリグなのだ。


浜大津駅のほぼ真裏にある大津港の堤防

b0121015_1322515.jpg



 私はひたすらジャークベイト、たまにクランクベイトを投げるが、クランクはウィードがきつい。ジャークベイトにはアタリがない。


 対して、Sさんはサターンワームのダウンショットでポロポロ釣る。私も釣られてやってみたら、釣れた。30cmぐらい。このあと、40cm級含め6本釣れた。ほとんどが堤防際を、クロダイのヘチ釣りのように糸フケをみながらアタリを感じるパターン。一度、かなりでかそうなのもかけたが、フックアウトしてしまった。


いい天気だった

b0121015_13222932.jpg



 S氏も快調に釣り続け、46cmを最大に10本以上釣っていた。琵琶湖、居場所さえ分かっていれば、ライトリグでもまずます釣れる。というより、私のような関東の釣り人からすれば琵琶湖というのは夢のような釣り場だが、関西の人にとっては、「普通にバスがたくさんいて、色々な釣り方で釣れる釣り場」という側面もあるのだろう。今年の大型連休に来たときは、なんでこんな巨大な釣り場でライトリグの人が多いのだろうと首をかしげたものだったが、そういうことかと。


 もうそろそろ日も暮れようかという頃、40cmまでしか釣れていなかった私は、少しでもサイズを上げたくてスピナベを投げまくるという賭けに出た。ちょうど、ダウンショットに反応が悪くなり始めていたこともあったが、S氏がスピンテールジグでいいサイズを釣っていたのだ。


 堤防から狙える範囲をくまなく探るつもりで順次探っていくと、堤防根元付近、港内側で強烈なバイト。水面を割ったのはバス!顔のでかい、確実にいいサイズ。50cmあるかもしれない。しかし、取り込みができないため、電話でS氏を呼び、取り込んでもらった。測ってみたら、50cmはなかったが、49cmの、フットボール体型のいいバス。琵琶湖釣行は大団円となった。


大津港の噴水は、夜ライトアップされる

b0121015_13225181.jpg

[PR]
by rikkyofishing | 2013-10-01 12:12 | バスフィッシング
【遠征】5月5日 琵琶湖(滋賀県高島市、大津市)


釣果:完全ノーフィッシュ


大型連休とあって、湖上には多くのバスボートが(カネカ工場護岸から)

b0121015_20154019.jpg

混雑は予想していたことだったが、琵琶湖大橋より北の水温の低さ、バスやベイトの気配の希薄さを考えると、下らざるを得なかった。たしかに、ベイトはいた。しかし、見えている範囲ではボートも岸も釣れていなかった


これまでいくどとなく通り過ぎてきた日本最大の湖・琵琶湖。稚アユなどの小魚を追ってシャローに出てきていると思い、とりあえず、朝イチは混雑を避ける意図もあって湖西の安曇川河口でウエーディングしてねらうことにしたが……




安曇川南流河口、「滋賀県立びわ湖こどもの国」というキャンプ場横からイン。車止めから人が踏みしめた道がある

b0121015_2018786.jpg



湖西から湖東をのぞむ。ほとんど海。対岸から朝日が昇り、釣りスタート

b0121015_20194770.jpg



太陽に向かってキャスト!

b0121015_20213295.jpg



このようにサンドバー。沖側に一気に落ち込むブレイクがあるというのだが

b0121015_2022821.jpg



釣れない!そして、ビックリするほど水が冷たい!小一時間でココロが折れ、野池風情の内湖へ

b0121015_2023163.jpg



松ノ木内湖。マッディな感じに、なんとなく安心感を抱いている自分がいた

b0121015_20241316.jpg



しかし、釣れない。琵琶湖と松ノ木内湖を結ぶ水路には小物釣り師の姿が

b0121015_20252291.jpg



アユなどではなく、モロコかなにかのようだったが、少なくともベイトはいる……

b0121015_20261631.jpg



大溝漁港横のテトラへ移動。ここは、テトラと漁港、そして内湖「乙女が池」がある

b0121015_2027499.jpg



橋脚のシェードで魚影発見! ……ウグイだった

b0121015_20282037.jpg



南湖へ移動。カネカ横

b0121015_20291517.jpg



アユ、らしき小魚はいるし、バスも見えるらしいから、たぶん、夜なら釣れる。日中は岸とボートから叩かれまくっていてプレッシャーが高すぎる。特にこの日は大型連休

b0121015_20301240.jpg



これがウワサの外来魚回収ボックス

b0121015_2105427.jpg



矢馳人工島北側の橋のたもと。いわゆる「北山田」。ボートでもメジャースポット

b0121015_20321124.jpg



残ったウィードが密集している場所を発見し、クランクを通したが、不発。たぶん、ここも夜なら釣れる

b0121015_20332484.jpg

[PR]
by rikkyofishing | 2013-05-05 18:19 | バスフィッシング