about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:紀伊半島 ( 4 ) タグの人気記事

【遠征】12月30日 和歌山県紀伊半島


釣果:アオリイカ1.06kg



 30日の未明から紀伊大島の漁港でしばらく粘ったが、なかなか釣果に結びつく気配がない。釣り人はいたが、エギングではなく、投げのマダイかなにか。キャストを繰り返していても、アタリがまずない。そうはいっても、潮が動く早朝にどこでエギをしゃくっているかで勝負はわかれる。とりあえず、串本港に移動してみたが、ここもぱっとしない。アジングのお兄さんはまったく釣れていないというし。暗いうちに近くの地磯に入る。山道を降りていくタイプの磯である。今回はスパイクブーツをはいていたので、なんとかなったが、一時強く降った雨のせいでかなりぬかるんでおり、一部気を抜くと危なかった。


朝は天気が良かったのだが

b0121015_22282239.jpg



このずっと向こうに目指すべき海があるのだ

b0121015_2229112.jpg



この辺の地磯としてはそれほど険しいほうではないが、アップダウンはきつい。私のようななまりきったメタボ野郎にはなおさら

b0121015_2230488.jpg



やがて、夜が明けてしまう

b0121015_22304866.jpg



満潮時はチャンスも大きいが、足もとも洗っていく

b0121015_22312685.jpg



 暗いうちから磯の上でシャクったが、いかんせん、波と風が強い。それでもなんとか耐えたが、今度は潮位の上昇にともない足元に波が這い上がってくるようになってきた。流石に危険。ほかに釣りができるところを探して、磯をさまよう。沖磯のように見えていた場所が、実は磯を伝って歩いていけることがわかり、時間をかけて沖へ沖へ出て行く。ちょうど、沖側から風が吹いていたので、追い風でキャストできる足場を求めたのだ。でも、結局なにも釣れなかった。私たちよりもさらに沖に出ている人もいた。


 朝からやっている浴場でひと休みすることに。500円で、しかも朝から体を休めることができる。朝まずめの寒さに冷えた体を温めることはもちろん、ヒマをつぶすこともできるのだ(やや自虐的)。


太地町方面へ少し走ったところにある浴場でひと休み

b0121015_10265440.jpg



私たちがいたよりもさらに沖の磯にも釣り人が

b0121015_2237652.jpg



ルアーマンらしかったが、やや軽装で危ない感じ

b0121015_2238733.jpg



 風呂を上がっても、雨はやまない(泣)。それどころか、風も雨も若干強まっているような印象。釣り場を見ながら移動するが、どこも釣りができそうな感じではない。というか、雨が降っていて、干潮に向かうタイミングでは集中力も持たなかっただろう。那智勝浦までいって、那智勝浦漁港を見学。目玉はマグロのようで、見ていたら解体ショーが始まった。ほかには和歌山の名物と思われるサンマの丸干しなども、1匹60円で売っていた。


仕方ないので、那智勝浦漁港までいって、市場を見学

b0121015_22385141.jpg



伊勢海老や

b0121015_2239453.jpg



イカ……

b0121015_22401952.jpg



挙句の果てにビンチョウマグロの解体。おい! 観光か!?(笑)

b0121015_22405343.jpg



慣れたものである。それにしても、こんなに大きなマグロをきっちり切っていく包丁というのはどんなものなのだろう

b0121015_2242659.jpg

b0121015_22421951.jpg

b0121015_22423633.jpg

b0121015_22425322.jpg



宮崎県宮崎市とある。那智勝浦はマグロ漁船の一大基地なのだ

b0121015_22435079.jpg



しかし、雨は止まないのよね(なぜかオネエ系)

b0121015_22443384.jpg



 とりあえず、串本まで戻ることにした。お昼どきだからね(苦笑)。この辺を訪れる釣り人が、誰もがブログなどで一度は紹介している潮岬観光タワーのメガ鮪天丼を食すためだ。


 もう、イカはダメなのだろうか……。


串本方面へ再び。しかし、雨やまず

b0121015_22451059.jpg



結果……

b0121015_22454592.jpg



潮岬観光タワーで「メガ鮪天丼」

b0121015_22463495.jpg



真上から見ると、ご飯が隠れてただの天ぷらにしか見えない(笑)

b0121015_22472099.jpg



その名に恥じないボリュームながら、なんと800円。ホント、観光地料金ばっかりの伊豆半島は見習ってほしい

b0121015_2248562.jpg



 出てきたメガ鮪天丼は、「メガ〜」の名に恥じないボリューム。丼なのに、真上からみるとご飯が見えない。そして、ふっくらと揚がっていて美味しい。マグロは火を通すと硬くなったりパサつくイメージだが、揚げ加減次第ではこんなにいい感じにまとまるのだということがわかった。ひょっとしたら、なにかに漬けたものを揚げているのかもしれない。しかも、うどんまでついて800円。お腹が減ったときにはもってこいである。


潮岬は本州最南端の地。ここから手紙を出すこともできるのだ

b0121015_22494031.jpg



 Oさん親子は翌日は大晦日とお正月の準備があるので帰らねばならない。私は基本いつまでいても良かったから、一人残ってレンタカーを借りて釣れるまで車中泊という手も残っていた。また、どうやら奏さんが同じ辺りでブリを狙っているという話もあったので、合流することも考えられた(のちに徳島へ移動していたことが判明)。


 が、そんな泣きのもう一日的な考えを打ち崩す、翌31日は風速12mの予報。なんとかこの日のうちに決着をつけねばならない情勢になった。


 絶体絶命。


 この日深夜発の東京行き高速バスでの帰宅を決定し、紀伊半島西岸を、釣り場を見ながら移動して行く。できそうだ、と思ったら、雨が強まる。風は、北風。雨雲を追い越しても、北風が北から冷たい雨雲を次々と運んでくる。


観光名所の岩。しかし、頭の中はイカのことばかり

b0121015_22503342.jpg



千畳敷。ひどい雨と風でも観光客はいる

b0121015_22512378.jpg



そして、謎のにごり。流れ込みなどはなさそうなんだが

b0121015_22515323.jpg



もうあきらめようか。あるいは、あきらめないで自分だけ残ろうか。しかし、翌31日は風速12m以上の大荒れ……

b0121015_22523362.jpg



田辺の天神崎までくると、雨と風が弱まってきた。天はわれらに味方したか

b0121015_22534941.jpg



 もう最後の最後、というところで、前年の和歌山遠征でも釣果を出したある堤防へ。ちょうど、20時の満潮に向かって潮があげてくる絶好のタイミング。明るいうちは、まず堤防内側の船溜り周辺を表層ダートで探って行くが、イカの追尾はない。どんどん日が暮れて行く。雨風は弱まったかと思えばぶり返すということを繰り返す。



 一番実績の高い岩の横を譲ってもらい、ミスキャストしないように正確なキャストを心がけ、スレさせないようにステイを長めにじっくり探る。


 ロッドを軽く持って、アタリに備えていると、スーっとティップが持って行かれた!


 海藻か、いや。


 次の瞬間を待たず渾身のアワセ。セフィアが大きくしなる。


そして、ついに!

b0121015_22545459.jpg



 ヒットエギは、ハリミツ/墨族3.5号! 墨族のコンフィデンスは高い!


1.07kg。わずかながら、1kgをオーバーした。年内としては上出来サイズ

b0121015_230437.jpg



 ギリギリ抜きあげた1キロ。


 感動の1パイ。


 貧乏な私を紀伊半島へ連れていってくださったOさん親子には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。


和歌山市内でOさんおすすめのラーメン屋さんへ。旅の締めくくりです

b0121015_1027358.jpg




 非常にいい形で2012年を釣り納めることができた。2012年の年間釣行日数は完全プライベートで70日、出張ついでに竿を出したようなケースも合わせれば、85日程度でした。お世話になった方々、本当にありがとうございました。2013年もよろしくお願いします。



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:バリバス/アバニエギングPE0.8号
リーダー:デュエル/フロロハリス2.5号
エギ:ハリミツ/墨族3.5号、メガバス/海煙エギダートクルー3.5号

[PR]
by rikkyofishing | 2012-12-31 10:23 | エギング
【遠征】12月29日 和歌山県紀伊半島


釣果:タコ1パイ


 歩いて林を抜けて行く。波の音が少しずつ強くなっていく。海の気配が濃厚になっていく。木々がまばらになり、磯場に出ると、一気に視界が開けた。


 2012年の年末、私は紀伊半島にいた。狙いはもちろん2kgアップのアオリイカだ。去年もほぼ同じ時期に紀伊半島を訪れているが、200g程度のアオリイカ1杯で、厳しい洗礼を受けた。2年越しの思いを抱えて、今年も聖地・紀伊半島を訪れた。


 しかしながら、年末である。東京から大阪へ向かう高速バスには空きがあったが、いつもなら3,000円程度からあるのに6,000円以上するなど、理不尽な価格。これだったら、新幹線の方がいいや、ということで、新横浜へ。指定席は取れないかもしれないから、いっそグリーンでもいいやと思っていたのだが、なんと、グリーンも空いてなかった。新横浜は始発駅の東京、そして品川を経て停車する駅なので、混雑する時期の自由席はまず座れない。案の定、昼前の新横浜から乗り込んでみたら、座れないどころか、デッキにまで人があふれかえっていた。そして、近くにはうるさそうなこども連れ。PCを持ってきていたが、仕事はもちろんできないし、本すら読めない。


 すでに万事休す。


 それでも何とか2時間半後には新大阪に到着。昨年とおなじOさんに今回も連れて行ってもらう。今回はOさんの息子のR君も一緒だ。


2時間半、立ちっぱなしで新大阪に到着。年末で指定席はおろかグリーン車まで満席

b0121015_2051512.jpg



一週間ぶりの大阪入り。実は出張で大阪にはたまにきている

b0121015_102066.jpg



 大阪市内で腹ごしらえをしてから、阪和高速道で一気に和歌山へ。大阪から和歌山は本当に近くてうらやましい。大阪市内でレンタカーを借りて、御坊あたりを回るのなら自分ひとりでもできそう。また、羽田から関空へは時期によっては安いチケットがあったりするから、関空からという手もある。関空はだいぶ和歌山寄りだ。さらに、JRや南海電鉄を使えば、和歌山市内までせいぜい1時間。実際の距離感がつかめると、いろいろと可能性が広がる。


 今回は大潮最終日から中潮で、しかも、夕方と早朝に満潮が訪れる願ってもない好機。天は私に味方した!


最初の地磯に到着

b0121015_2210454.jpg



比較的歩きやすい磯である

b0121015_22113869.jpg



このような形質

b0121015_22121778.jpg



写真中央部分は浅く、サラシが強く、エギを流せない。満潮に近付いていたころ、時折波も這い上がってくる

b0121015_2212557.jpg



今回のエギ。右からメガバス/海煙餌木ダートクルー×3、ヤマシタ/エギ王Qライブ、ハリミツ/墨族。すべて、3.5号

b0121015_2214217.jpg



ノーヒットで夕陽が沈む。場所移動

b0121015_22194477.jpg



 しかし、最初にはいった地磯では釣果なし。Oさんには子イカがひっぱるアタリがあったそうだが、私とRくんには無反応。


 先ほど、大潮で夕方と早朝に満潮を迎える絶好の潮回りと書いたが、ものごとにはいつもいい側面と悪い側面がある。深夜には大潮の月の引力が、シャローをさらにシャローに、海中のプランクトンを沖へさらって行ってしまい、それに釣られて小魚もイカも沖へ出払ってしまう。今回は、29日から30日の夕方までほぼぶっ続けで釣るプランだったが、意外と夜の時間帯が生かせないことが判明した。


結局、移動先の漁港でタコ。小さいが、イカだろうと思い、やりとりのさなか奥村和正風に「さすが、俺」を連発していた。恥ずかしい

b0121015_2220505.jpg



 次は移動先の小さな漁港で竿を出す。少し風が強まってきた。ここでは私にタコ1パイ。


一気に串本まで移動。串本港近くの、釣り人の間ではおなじみの中華料理店「台湾料理 美味館」へ。からあげ、でかすぎ(笑)

b0121015_10201232.jpg



 一気に串本まで移動し、中華を食べて、串本港へ行くが、どうにも風が強く、また釣り人たちの話もいまひとつな印象。釣れていない。しかたないから、紀伊大島の大島港、須江港、樫野港などの漁港を、風と相談しつつまわっていくが、うまい具合に風がよけられる場所には釣り人がたまってしまっており、あまりよろしくない。


 やむを得ずそのうちのひとつの漁港でキャストを開始したが、潮がどん引きしており、反応がないまま時間が過ぎていく。不吉に風が強まったり弱まったりを繰り返していた。


ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:バリバス/アバニエギングPE0.8号
リーダー:デュエル/フロロハリス2.5号
エギ:ハリミツ/墨族3.5号、ヤマシタ/エギ王Qライブ3.5号、メガバス/海煙エギダートクルー3.5号、カルティバ/ドローフォー3.5号

[PR]
by rikkyofishing | 2012-12-31 10:14 | エギング
【遠征】12月18日 和歌山県美浜町煙樹ヶ浜


釣果:ノーヒット


 御坊駅前のビジネスホテルで目を覚ましたとき、時刻はすでに7時を回っていた。高速バスで睡眠をとれなかったため、かなりガッツリ寝てしまっていた。ここから煙樹ヶ浜へは、紀州鉄道に乗っていくことになる。御坊市内をJR御坊駅から、日高川河口に近い西御坊までを結ぶ、短い地方鉄道だ。昨晩のうちに洗って乾かしておいたエギをかき集めてバッグに詰め、ホテルを出、電車に飛び乗った。


一両編成のローカル電車、紀州鉄道

b0121015_15475535.jpg



 一両編成の小さな電車は市街を日高川の河口方面へ走っていく。通り過ぎる駅舎はどれも趣があり、そこだけ時間が止まっているかのように思わせる古いものだった。


御坊市の西へ

b0121015_1548417.jpg



西御坊駅。歴史的雰囲気の駅舎

b0121015_15493260.jpg



 終点の西御坊で下車。ここから煙樹ヶ浜を目指す。煙樹ヶ浜は紀伊半島の数少ないサーフポイントのひとつだ。主に釣れるのは、こちらではハマチやメジロと呼ばれるイナダ・ワラサ、タチウオ、ソウダガツオなどの回遊魚系、沈み根周りではアオリイカ、そして、ネット上や一部で釣れるとささやかれているのが、ヒラメだ。


煙樹ヶ浜。砂利浜。歩きづらい

b0121015_15505165.jpg



流木。何か所かに分けて集められていた。膨大な量の流木が流れ着いたことがうかがえる

b0121015_15514138.jpg



 浜へ到着してみると、小石が敷き詰められた砂利浜。しかも、石ひとつひとつはけっこう大きく、非常に歩きづらい。9月に発生した水害の影響なのか、砂浜のいたるところに流木をひとまとめにしたものが。昨晩からの北西風は、残念、やんでいなかった。そして、見える範囲に釣り人はほとんどいなかった。有名ポイントのはずなのだが、なぜ。それでも私はタックルを準備し、90リットルのバックパックに無理やり押し込んできたウエーダーを履き、波打ち際からキャストを開始した。水面にはベイトの気配はない。しばらくすると、男性が近付いてきた。


釣り人は青物狙いが大勢

b0121015_1552522.jpg



男性「ここではなにが釣れるんですか?」


私「ヒラメが釣れると聞いてきたんですが、正直よそ者なのでよくわからないんです。どちらからですか?」


男性「堺から来ました。私もヒラメ釣れないかなあと思ってきたんです」


 関西では珍しいと思われるヒラメ狙いの釣り人だった。


私「釣れるという話はあるみたいなんですが、あまり数は出ないみたいですね」


男性「いないことはないと思うんですがねえ」


 男性が去った後、私は煙樹ヶ浜を北西方向へ歩いて行った。典型的な冬の風である北西からの風はなかなか強く吹いていたが、煙樹ヶ浜の端っこまで行ってしまえば背後の岬が風除けとなり、釣りがしやすいのではないかと思ったからだ。


現在、流木を焼却することができないため、すべて処理場に運ばねばならないという。「環境」のためとはいえ、水害の被災地には二重の負担。いかがなものか。

b0121015_11443593.jpg



左半分は県の管轄なので、ある程度片付いている。右半分は美浜町の管轄なのでまだ、荒れている。小さな自治体には処理も大変なのだろう。

b0121015_11462824.jpg



気の遠くなる作業だ

b0121015_11491072.jpg



日高川河口サイドへ移動。ここで夕方まで粘った

b0121015_11495727.jpg



なにも起こらず

b0121015_11503970.jpg



天王寺駅でこんなものを発見。年明け再挑戦か。

b0121015_11511025.jpg



串カツ食べたかったけど、天王寺駅周辺~いわゆる西成は薄暗くて怖いので、やめておいた。

b0121015_1151547.jpg



(続く)



ロッド:シマノ/ルナミスS906M
リール:シマノ/ツインパワー4000XG
ライン:ラパラ/ラピノヴァXマルチゲーム1.5号
リーダー:サンライン/ポケットショックリーダーFC20ポンド(5号)
ルアー:シマノ/熱砂スピンドリフト90HS、シマノ/熱砂サーフスイマー28g、アイマ/サスケ120裂波、アイマ/サスケ140S裂風、スカジットデザインズ/ハイドシャロー、など

[PR]
by rikkyofishing | 2011-12-19 19:58 | ショアキャスティング
【遠征】12月17日 和歌山県串本町、御坊市周辺



釣果:アオリイカ200g×1パイ


 17日、6時半、私は大阪市の近鉄難波駅近くで高速バスを降りた。寒かった。格安の高速バスはシートが狭く、隣のサラリーマンとスペース確保の攻防に明け暮れ、ほとんど眠れなかった。ここから、大阪府内在住の知人の車に便乗させてもらい、エギングの聖地ともいうべき紀伊半島へ向かう。


エギングとサーフのキャスティング両狙いということで、荷物増大。90リットルのバックパックで高速バスに乗り込むという狂った釣行に

b0121015_20415835.jpg



 これからどんどん寒くなり、季節的にエギングは厳しくなる。だが、紀伊半島はある種の例外だ。この冬も中紀をメインに活動する地元のエギングチームがすでに2㎏近いサイズを上げているというし、1㎏程度ならばちゃんとやっている人はもう釣っているそうだ。黒潮の影響をもろに受ける日本最南端の串本周辺まで行けば、真冬からマックス2㎏、アカイカ系が入ってくれば3㎏クラスも釣れるというからすごい。


 そんな話を聞いたら、行かないわけにはいかないのだ。


 車のタックルキャリアーにエギングタックルばかり4セットも積みこんで知人のO氏は登場した。昔はバスをやり込んでいたそうで、一時はバスボートまで所有し琵琶湖に足しげく通っていたり、イカダ釣りの竿を自作したり、基本的に釣りには凝るタイプ。そして、いまはエギング一本なのだそうだ。大阪から奥さんやお子さんを釣れてよく紀伊半島を訪れているという。当然、ポイントには精通している。私にでかいイカを“釣らせる”、現実的なラインでは最右翼にいるといっても過言ではないのが、このO氏だ。


 工場地帯を見下ろす阪神高速湾岸線を経由し、阪和自動車道へと進んでいった。途中、車のフロントガラスに白い物が降ってきた。雪、の、ようだった。


観光名所「千畳敷」。この時点で風がビュンビュン吹いていた。

b0121015_20435398.jpg



大勢の観光客がいたが、ここもエギングしようと思えばできるし、釣れるらしい

b0121015_20444161.jpg



眼下に釣り人が数名。メジナ師とイシダイかなにかを狙った底物師

b0121015_20452486.jpg



風強め。ただし、北西なので、南紀の先端まで下ればむしろチャンスと思われた。

b0121015_20462268.jpg



紀伊大島を望みつつ、まずは串本の港でキャスト

b0121015_2142652.jpg



漁港の出入り口。連続ジャークででっかいイカが浮いてきたが食わせることができず

b0121015_2152498.jpg



墨跡は本当にいたるところにある

b0121015_2163320.jpg



キビナゴの群れ(影が入ってしまった)

b0121015_2172063.jpg



見えイカの大群。キビナゴを追いまわしていた。しかし、小さくないか

b0121015_21104288.jpg



紀伊大島の漁港へ移動。

b0121015_21114325.jpg



同行者Oさんいわく、「イケスがある場所は潮通しがよく水深が確保されている場所。好スポットです」と

b0121015_21143010.jpg



透明度が高い。さすが、黒潮がブチ当たっているだけある

b0121015_21153115.jpg



漁港出入り口の船道も狙ったが、ダメ

b0121015_21161619.jpg



ここにも小イカ。写真中央部を、よおーくご覧ください。

b0121015_2117664.jpg



紀伊半島のエギング釣り人に人気の幕末ラーメン

b0121015_2119270.jpg



トンコツスープと分厚いチャーシューが冷えた身体に効きます

b0121015_2120021.jpg



釣り場到着。夜になってしまった。同行者Oさんが早速1パイ。まあまあのサイズ

b0121015_21205616.jpg



私もなんとか1パイ。サイズは、……聞かんといてください。。。

b0121015_2121536.jpg



Oさんのマックスサイズはキロクラス。ぜんぶで4ハイ釣っていた。さすがだ。

b0121015_2122413.jpg






ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:東レ/スーパーエギングPE8ブレイド 0.6号
リーダー:デュエルのフロロカーボンハリス2.5号
エギ:ハリミツ/墨族3.5号、など

[PR]
by rikkyofishing | 2011-12-19 19:51 | エギング