about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:腰越漁港 ( 1 ) タグの人気記事

12月16日 熱海港(静岡県熱海市)、腰越漁港(鎌倉市)


こんな感じでまあまあ明るい

b0121015_207624.jpg



釣果:なし(熱海港)
カサゴ22cm×1、ヒラフッコ25cm×1(腰越漁港)



 毎月の仕事がひと段落ついたタイミングでエギングに行きたかったが土曜は全国的にあいにくの天気。太平洋側はウネリも入っている。本当だったら和歌山入りして、2キロアップに挑戦したかったのだが、かなわず。次週に持ち越されたが、クリスマス寒波が入ってくる可能性も高くどうなることか。仕方なく首都圏に残り、昼過ぎまでふて寝。


 衆議院議員総選挙の「最後のお願い」が見事に自宅前を5政党分通り過ぎ(ちなみに、私は最近になってようやく横浜に住民票を移した関係で、投票所は練馬だったから、少なくとも今回の選挙に関して直接的な関係はない)、街が静かになった頃、のそのそと起き出して準備を始める。雨はおさまってきていた。外は寒そうだなあと思ってベッドで寝転んでいたが、外に出てみると、寒さは思っていたほどではなかった。どうやら風は南から吹いており、やや生温かい感じ。ただ、ウネリは残っているだろうと思い、早々に江之浦は断念。伊豆多賀〜網代も微妙だろうし、いっそ熱海港という結論。ここはいつも近くで釣られてばかりで自分には釣れない、相性が悪く、苦手意識が強い釣り場である。


 なんやかんやで熱海入りは日付が変わる頃になった。日中はそうでもないが、夜の熱海の街並みは相変わらず嫌な場末感に満ちたものである。側溝から温泉の排水だろう、湯気がたっているが、実際はそうでもなくても不快な臭いが漂ってくるような錯覚におちいる。


 東海汽船発着所付近で竿を出す。ほかに一人、エギンガーがいるのみで、静かなものである。ここは春にくると足元の少し沖に海藻が生えているところがあって、そこが狙い目だということなのだが、根がかりも多く、また根がかった仕掛けにエギが引っかかることも多く、意外と攻めづらい印象。それでも、何度か隣で釣られているから、ちゃんといるにはいる。今回も、中指にリールのフットを引っ掛けるくらいの感じでロッドを軽く持ち、アタリを待っていると、のそのそとティップが入っていき、確実にアタリだったと思うが、とれなかった。


 2時頃はちょうどド干潮で潮が下げきっていたため、近くのファミレスで休憩。そうしたら、眠くなってきてしまい、まずいと思い外に出る。海はみるみるうちに潮があげていき、水かさが増していった。水面にはカマスだろうか、サカナがエサを追っていた。こういう時、ライトゲーム用のタックルも持ってくればと思ってしまうが、私はそれをやるとさらなる集中力の低下を招いてしまうことが多いため、雨れやらない。


 根がかりをあおってとると、ズルズルと抜けてきた。引っかかってきたのは、3.5号程度のエギと、1.8号くらいのエギが絡まったライン。しかし、どちらもカンナが錆び、フジツボなどが付着していたので、廃棄するためゴミ袋に。なぜが熱海ではクリックスを拾うことが多い。この辺で人気なのだろうか。


またエギを釣った。そして、以前釣ったときと同じクリックスだった。

b0121015_7464051.jpg



途中寄ったファミレスで。猫も杓子もなんとやらですなあ。

b0121015_7464399.jpg



開始早々、下げ止まりであることが判明し、ファミレスへ行ったわけだが、この時点で釣れないムードが全開

b0121015_7464778.jpg



墨跡はけっこうあるが、エギンガーはだいぶ少ない印象。

b0121015_7465071.jpg



カメラは三脚にセットしてスタンバイしていたのだが、こういうときはまあ釣れない。

b0121015_7465210.jpg



終電に近い電車で釣り場に入ると意外と夜は短い

b0121015_20232620.jpg



途中、釣りガール連れのエギンガーと話をしたら、彼らも米神がウネリでダメで移動してきたという。米神と江之浦はそれほど離れていないから、私の判断はおおむね正しかったようだ。


あっという間に夜明け。一番の船で初島に渡ろうかとも思ったが、ここはこの日の夕方に備えて、一時、帰宅することにした。



ロッド:シマノ/セフィアCI4 S806M
リール:シマノ/セフィアCI4 C3000HGSDH
ライン:バリバス/アバニエギングPE0.8号
リーダー:東レ/トヨフロン スーパーL EX1.7号、デュエル/フロロハリス2.5号
エギ:シマノ/セフィア・エギザイル3.5号、ハリミツ/墨族3.5号



 出直してから、腰越へ。江ノ島電鉄の駅からすぐである。しかし、狙いのテトラは工事中で入れなかった。漁港内部のごく一部の範囲でしか釣りができない状況。


しかし、そんな逆境の割にはポンポンと釣れた。ただし、肝心のメバルではなかったが。ちょうど満潮からの下げ始めで潮が動き始めていたから魚の活性が上がっていたのだろう。


堤防の際を通すとカサゴ

b0121015_2062999.jpg



スロープのカケアガリを攻めると、なんとヒラセイゴ

b0121015_2051955.jpg


b0121015_20162689.jpg



 後で気づいたのだが、口が小さく体高があり、しっぽがまっすぐなので、間違いないと思う。


この腰越漁港は外側で釣りさえできれば、駅からも近いし、非常に好都合なのだが、いかんせん工事中。そして、いつ終わるのか不明。ひょっとしたら入れないわけではないのかもしれないが、ぱっと見はダメそうな雰囲気。堤防外側テトラのほかにもテトラ帯があり、魚のストックは多そうな予感。漁港横の神戸川河口もプラスに働いている可能性。


 その後、江ノ島の釣り場を探索すべく江ノ島大橋を渡って江ノ島へ。しかし、実際、あまり気軽に釣りができる感じでもない。マリーナは鉄柵に囲まれているし、テトラは立ち入り禁止だし、なにより、釣りしたいと思えない危なそうな感じ。表磯や裏磯もあるが、夜にいきなり知らない磯に入ることはできないので、片瀬川河口右岸の片瀬漁港に向かう。だが、こちらも堤防の先端部分のみが釣り場として解放された嫌な感じの釣り場。ただし、小さなメバルらしきアタリはけっこうあった。ひとつも取れなかったのが残念だったが。



ロッド:パームスエルア/ピンウィールPKSS-76
リール:シマノ/バイオマスターC2000S
ライン:バークレイ/ファイヤーラインクリスタル0.4号
リーダー:シーガー/ライトロックR-18 5ポンド
ルアー:がまかつ/コブラ29+ガイア/ねじワーム

[PR]
by rikkyofishing | 2012-12-16 07:39 | エギング