about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:鶴見川 ( 7 ) タグの人気記事

1月26日 鶴見川(神奈川県横浜市)


ノーフィッシュ


釣れね

b0121015_1730371.jpg



 「アフリカでは、太陽と海はタダである」といったのは、アルジェリア生まれのフランスの作家、アルベール•カミュだ。カミュの言葉には「アフリカでは〜」との留保がついているが、のちに私がフランスを訪れた際、フランス人からもたびたびこの言葉"Le soleil est gratuit(太陽はタダだ)"を耳にしたから、フランスでも太陽は"タダ"のようだ。私は新潟に住んでいた高校生のころ、カミュの小説『異邦人』に触れ、感銘を受けた半面、先述の、(アフリカでは)「太陽」がただであらゆる人間に平等に与えられているものであるという点には複雑な思いを抱いた。私が育った新潟は、光につつまれたアフリカとはまさに対極で、長い冬が訪れると半年近く晴れることはほとんどなく、毎日のように薄暗い空の下で過ごさねばならない。自殺率も高めらしい。どんよりとした空の下の冬の海はいつも荒れていた記憶がある。私はそんな海も嫌いではなかったが、荒れていて釣りにはならないことが多かったため、陰鬱な気分で毎年の冬をやり過ごしていた。だから、「裏日本」と呼ばれる田舎に生まれ育った人間には太陽の恩恵すらも決定的に不平等ではないかと、カミュの言葉に多少の憤りを感じていた。


 受験で東京に出てきたときも、正直いってどこにも受からないだろうと思って適当に過ごしていたのだが、何度か東京と新潟を行き来するうちに、あの陰鬱な冬のなかに戻りたくない、ましてや浪人してもう一年新潟で過ごすなどうんざりだという気分になり、直前一週間で必死に勉強して、10校近く受験したうちの2校に現役で合格して上京することになった。それ以来8年間、東京、および神奈川の首都圏で暮らしている。


 前置きが長くなったが、要するに太平洋側では本来は冬でも釣りになることが多いという話。しかし、冬型の気圧配置になればやっぱり海は荒れるし風は吹く。


 近年、メバルやアジなどのいわゆる海の「ライトゲーム」がその「手軽さ」を理由に流行中であるが、私はその手軽さに関しては疑義をていしたい。なぜかと言うと、PEラインで軽いリグを使う性質上、最盛期の冬場は意外と釣りにならないことも多く、海の近くに住んでいるわけでもない、釣りをする日を選べない普通の釣り人には、実はまったく手軽なものではないのではと思うからである。


 本当はこの日もメバル釣りにいきたかったのだが、波が2.5mでうねりを伴っており、風もあるため、内海以外釣りにならなそうだった。しかし、翌週はやや長めの出張。この週末のうちに釣りをしておきたい。ということで否応無くバス釣りにいくことになった。


 しかしながら、その程度のモチベーションでは朝起きられるはずもなく、秦野の震生湖は選択肢から自動的に外れる。鶴見川へ。


 鶴見川は冬でも釣れると何度このブログで書いたことか。冬でも釣れるのは事実なのだが、私には釣れない。


 今日は下水処理場の排水周辺から新羽橋までを攻めて行ったが、芳しい反応なく時間が経過していく。排水上流のテトラ帯にはコイがボーっとしていたが、コイは意外とラインの存在感に敏感で、ワームをシェイクさせて寄せてきても、直前で反転され、食わせることが出来ない。いっそ食パンを買ってこようかと思ったが、なんとなくパンをもってしても釣れないような気がしてきて、やめた。


 新羽橋の上流の沈んだジャカゴは、穴の中にバスがいるらしいが、今回は潮位が高めで穴が見えなかった。残念。

b0121015_18112858.jpg


b0121015_18114664.jpg


b0121015_1812662.jpg


b0121015_18123460.jpg


b0121015_18125517.jpg


b0121015_1813167.jpg

[PR]
by rikkyofishing | 2013-01-26 17:27 | バスフィッシング
12月9日 鶴見川(神奈川県横浜市)


釣果:ノーフィッシュ

b0121015_13192624.jpg




 諸事情により鶴見川へバス釣りに。下水処理場の排水付近はやっぱり人が入っていた。そのほか有名ポイントにはほぼ確実に一人か二人の先行者。そんなに釣れないと思うけど、やっぱり冬はワンチャンある釣り場として認識されている模様。まあ、悪いことではない。


 新羽橋の少し上流ではボラが群れていて、カワウに食われていた。そうしたボラは足元に群れていることが多く、少し大きいボラは流心についていて、時々スピナベを追ってきた。ただ、これだけボラがいるとバスもお腹いっぱいだろうなあ。あと、カワウはけっこういいサイズのボラも食い散らかしてたから、バスにとっても脅威だろう。


 ひたすらスピナベを投げていたが、ボラが数回追ってきたのみ。


 チャート系のブレードに反応が良かった(ボラがね)。

新横浜プリンスホテルが見える

b0121015_12203438.jpg



下水処理場からの温排水では子どもが釣りをしていた

b0121015_1221365.jpg



新羽橋上流。カワウがボラを追い掛け回していた

b0121015_12213394.jpg




ロッド:グラファイトリーダー/ヴェローチェ・ネオGLVNC-662M
リール:シマノ/カルカッタ・コンクエスト100
ライン:デュエルフロロ12ポンド
ルアー:デプス/ミニブロス、O.S.P/ハイピッチャー、バクシンルアーデザインズ/バクシンスピナーベイト

[PR]
by rikkyofishing | 2012-12-09 13:14 | バスフィッシング

9月4日 鶴見川下流部

9月4日 鶴見川下流部



 釣果:ノーフィッシュ



 意外なことに、今までいったことがなかった鶴見川シーバス。


 JR京浜東北線鶴見駅から徒歩ですぐである。


潮鶴橋から釣り開始

b0121015_2144645.jpg



都会のど真ん中である

b0121015_214421100.jpg



このあたりは川幅が意外と狭い

b0121015_2144342.jpg



潮目みたいなもの。ボラしかいなかったけど。

b0121015_21444643.jpg



流れモノ。こちらも、着いていたのはボラ。

b0121015_21445991.jpg



 コアマン/IP-26アイアンプレートはすごくよく飛ぶ。メタルジグと同じくらい飛んでいるような印象すらあった。川崎新堤また行きたいな。


 夜なら釣れるのかもしれないが、治安、悪そう。というか、悪いと思う。


 湾奥だとか、都会の釣りってあんまり好きになれない。


 釣れなくてもいいから気分のいいところに行きたいと改めて思いつつ、ロッドを持って休日出勤。


ロッド:シマノ/ルナミスS906M
リール:シマノ/ツインパワー4000XG
ライン:ラパラ/ラピノヴァ-X マルチゲーム1.2号
リーダー:アプロード/ソルトマックスショックリーダー25ポンド
ルアー:コアマン/IP-26アイアンプレート

[PR]
by rikkyofishing | 2011-09-04 21:47 | ショアキャスティング

12月12日 鶴見川

12月12日 鶴見川


 「朝イチから鶴見川→午後から会社→ちゃんと家に帰って寝る◎」という健全なコースを思い描くも、起床したのは13時過ぎ。


 しかし、せっかく買ったロードランナーを試してみたかったので無理矢理鶴見川へ。


温排水

b0121015_1841356.jpg



温排水とロードランナー

b0121015_18395966.jpg



 15時30分から暗くなる17時までの短時間決戦。浄水場排水となぜか釣果を聞くことが多い新羽橋を中心に。ルアーはもちろんスピナーベイトオンリー。


スピナーベイトを19コ持参

b0121015_18423551.jpg



 メガバス/バレットシャッドを浄水場排水周辺でキャストしていると、数投目でガツン! ……と、根掛かり。


 いろんなものが流れてきている鶴見川はスピナーベイトでもガッチリいってしまうケースがある。結局、回収できなかった。せっかく半額セールで買ったスピナーベイトが……。鶴見川の神様、ごめんなさい。


 クリスタルS 1/2ozを結び、キャストを繰り返すも、無反応。まだあまり寒くないので、浄水場からのやや温かい排水が効いていないのか。暗くなりはじめるまえに新羽橋へ移動。


 デプス/Bカスタム1/2ozやメガバス/バレットシャッドをキャストしたが、こちらもダメ。17時で終了。


 しかし、だいぶ釣り人はいた。部活帰りの高校生みたいな感じが多かったが、ごく普通にバスが釣れる川みたいな光景。荒れれば荒れるほど釣れるらしいから、真冬のヤバい天気の日にまた来てみようか。


 これから会社で徹夜だ。


field:鶴見川
day:2010年12月12日
time:15時30~17時
catch:ノーフィッシュ!
rod:ノリーズ/ロードランナー600SDH
reel:シマノ/メタニウムMg
line:サンライン/マシンガンキャスト14lb
lure:メガバス/バレットシャッド、デプス/Bカスタム1/2oz、ノリーズ/クリスタルS、O.S.P/ハイピッチャー1/2oz

[PR]
by rikkyofishing | 2010-12-12 17:55 | バスフィッシング

3月20日 鶴見川

3月20日 鶴見川


 強風が吹き荒れる連休初日、現在全敗中の鶴見川へ。


 新横浜までは電車、そこから約10分ほど徒歩。しかも、横浜までは定期があるので実に片道160円。釣り場まで安くなった。まあ、これは鶴見川が私にとって普通に魚を釣ることのできる「釣り場」であるならばの話だが。


 電車を降りると、休日の新横浜には人がたくさんいた。日本は豊かな国なのだ。横浜アリーナでイベントでもあるのか、日産スタジアムでサッカーでもやるのか知らないが、まともな人々を横目に一直線に鶴見川を目指す。


 正午開始。


 温排水エリアから新羽橋までをスライドスイマー115で探っていった。しかし、折からの強風で足場が少しでも高い場所ではルアーがまともに泳がず、苦戦。水位も低めで、ブッシュにも魚が着けなさそう。しばし、攻めあぐねる時間帯が続いた。


 14時過ぎ、対岸に移り、依然水位は戻らないまま、テキサスで撃っていくことに。


 バイズクローをセットしたはいいが、やはり攻められる場所が少ない。風もビュンビュン吹いていて、やりづらい。


 たまにスライドスイマーに付け替えたりしながら、亀の甲橋方面へと、釣り上がっていく。


 ところどころにコイはいるが、バスらしき魚は見えない。水温は上がってきたと思うので、シャローで姿をみるくらいはできるかと思っていたのだが、それもかなわず。そして、今日は一向に水位が上がらない。満潮が遅いのか。調べてくるべきだった。


 川は難しい。


 ラバージグにかえてみたが、なにも。


 夕マズメに勝負をかけるべく、徒歩で温排水へ。日が暮れるまでスライドスイマーを護岸際やブッシュ周辺、対岸周辺、水中ストラクチャー周辺を引き倒したが、ダメ。一度、どでかい魚が跳ねたが、ものすごく太いコイがいたのでそいつかも知れない。


 明日は早朝一雨くるそうなので、様子をみつつ、朝から震生湖に行こうと思う。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-20 21:16 | バスフィッシング

3月6日 鶴見川

3月6日 鶴見川


 わけあって再び鶴見川。


 雨に降られた。


 しかも釣れなかった。


 今回は鶴見川エキスパートも同行だったのでかなり期待していたのだが…。毎回釣れるとは限らないらしい。


 ただ、一度バスらしき影が追ってきたし、得体のしれない魚をバラした。


field:鶴見川(神奈川県横浜市)
day:2010年3月6日
time:7時30~17時30分
catch:ノーフィッシュ!
rod:コルキッシュCKC-662M
reel:メタニウムMg
line:フロロ16ポンド(VANISH ULTRA)
lure:バズジェット(デプス)、スーパーV-FLAT・バレットシャッド(メガバス)、クリスタルS&クリスタルSシャローロール(ノリーズ)、ブリッツ(O.S.P)、テキサスリグ(センコー・バイズクロー)

[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-06 22:41 | バスフィッシング

3月1日 鶴見川

3月1日 鶴見川


 わけあって、平日に鶴見川を丸一日駆け回った。(*1)


 区間は日吉周辺の矢上川合流地点から新横浜の日産スタジアム周辺まで。


 前日の津波の影響か(*2)、川の水位が頻繁に増減し、苦戦。大会かなにかでもらったバリソンミノー(デプス)と気にいっていた赤いブリッツ(O.S.P)をロスト…。


 せめてコイでも、と食パン(超熟)をもっていったが、コイすら釣れなかった。


 私の初バスはいつ…


field:鶴見川(神奈川県横浜市)
day:2010年3月1日
time:7時30~17時30分
catch:ノーフィッシュ!
rod:コルキッシュCKC-662M
reel:メタニウムMg
line:フロロ16ポンド(VANISH ULTRA)
lure:バズジェット(デプス)、スーパーV-FLAT(メガバス)、クリスタルS&クリスタルSシャローロール(ノリーズ)、ブリッツ(O.S.P)



*1…会社をクビになったわけではありません。念のため。

*2…一切根拠はありません。言っているだけです。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-03-03 08:23 | バスフィッシング