about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

11月21日 横浜幸浦

11月21日 横浜幸浦


 もうバスを釣る自信がないので、今回も根魚。前日20日、金曜日夜から終電で横浜へ。久々の夜通し根魚だ。会社を出たのは9時ちょっと前で、それほど早かったわけではないのだが、それでも釣りに行けてしまうのはある意味怖い感じもした。似非社会人になってからは昼間の釣りであるバス釣りを主にやってきた。海の釣りは釣った魚を食べられるし、いろいろ楽しいものの、夜釣りが多くて生活リズムが崩れがちだ。


 横浜から金沢八景まで行ったが、金曜夜の京急線はいい具合に混んでいて、すんでのところでメバルロッドをチビデブ天パのおっさんに破壊されるところだった。金沢八景からシーサイドラインの最終電車に乗り換え、産業振興センターで下車。どうでもいいけど、産業振興センター駅に近づくときの英語のアナウンスが「産業振興」までが日本語っぽくて「センター」の部分だけが英語っぽいのが個人的になんとなくおもしろい。


 岸壁まで歩いて行くと、釣り人があまりいない。ひとり夜投げのおじさんがいて、ちょうどまあまあのアナゴを釣っていたところだった。しかも、波っ気が若干あって風も強め。このあたりはあまり来たことがなくて勝手がわからないので、いわゆる身の危険を感じ、結局いつもの三菱重工・リネツ金沢横へ。


 そういえば長浜水路沖の米軍の施設(?)がいつのまにか撤去されていた。米軍のものがなくなるのは良いことだ。


 こちらにも夜投げのひとがいるだろうと思っていたら、誰もいない。やっぱりアナゴくらいしか釣れないのか。明けてからのカレイが中心か。テトラ帯にも、いつもはいるルアー・エギ系の釣り人があまりいなかった。結局、私のほかに2人のみ。


 風と波は弱まったり強まったりで釣りづらい。今日はリーダーが細めのものしかなかったので、根周りを攻められずおのずと表層~中層リトリーブでメバルを狙うことになったのだが、なかなか“それ”らしきアタリはない。時たま、足元でガツガツあたったが、小さめのメバルかカサゴだと思う。フックのサイズを昨シーズンより大きくしたので、極端に小さい個体はかからなくなった。


 ちなみに、今日はガルプを用意するのが面倒だったのでガルプ不使用。果たしてその“差”はあるのだろうか。


 1時40分、ようやく1匹目のカサゴ。これはスクリューテールのイエロー系でヒット。


いつものカサゴ

b0121015_23225839.jpg



 次は2時50分、いつものでかカサゴ地点で控えめにボトムを叩いていたらもう1匹。スクリューテールのホワイト系。白っぽい、変な色をした個体。このあと、もう1匹追加。サイズは全て15cm程度であまり大きくはなかった。メバルがなかなか釣れない。カラーを変えてみたり、ワームをネジワームにしてみたりしたのだが、小カサゴっぽいアタリばかり。


もういっちょ、色白個体 このあともう1匹同サイズ追加

b0121015_23235658.jpg



 釣れない時間帯が続き、4時50分ごろ、もうそろそろやめようかと思っていたころ、ネジワームのイエロー系を沖にキャストして沈めていたら、ガツンとヒット。15cmちょいぐらいだったがなんとかメバルが釣れた。渋い・・・。


執念で出したメバル

b0121015_23245517.jpg



 明け方の風は冷たく、リールの調子がおかしくなってきたので、これで撤収。


 帰りの京浜急行で寝過ごし、有楽町まで行った。朝の陽射しがまぶしかった。


 終わり。


field:横浜幸浦(横浜市金沢区)
day:2009年11月21日
time:0時30分~5時10分
catch:メバル×1匹、カサゴ×3匹(すべて15cm程度)
rod:REAVAS Esprit MEBARING762L
reel:cardinal C302MS
line:PE0.5号(ファイヤーラインクリスタル)+ナイロン1.0号
lure:スクリューテールグラブ、ねじワーム(ホワイト、イエロー、レッド)

[PR]
by rikkyofishing | 2009-11-21 22:10 | ライトゲーム(根魚)