about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

1月15日、16日 観音崎堤防~鴨居港

1月15日、16日 観音崎堤防~鴨居港


 チーム初級の上、再集結!! …の予定が、前夜の釣行で20匹近いメバルを釣り上げ精気を使い果たしたと思われるチョリソーが寝坊&翌日予定が入っていたため欠席。かなり久しぶりに修瑛と二人だけで釣りに行くことになった。


 私の方も昼過ぎまで寝ていた。


 行き先が三浦方面だったので、自宅前で修瑛の車に乗り込み、徳丸でエサを購入。一晩中やる感じではなかったので、アオイソメ100gとイワイソメ30gを購入。


 まずは前回シマイサキが釣れた三崎港へ。しかし、現場到着時の状況は、風とうねりをモロに喰らうかんじ。初歩的なことだが、天気予報をみてくるべきだった。


 毘沙門へ移動する際見えた海は激荒れ。岸辺では白波が砕けていた。


 毘沙門へ様子を見に行くと、港内になぜかウキ釣り師が。しかも、けっこうたくさん。どうやら、荒れて磯での釣りを断念したフカセ師たちが、仕方なく港内で釣りをしていたようだった。暗くなれば帰ると思われたが、岸壁ではなく港内の沖合いに漁船が止まっていてやりづらそうだった。移動。


 久里浜港の岸壁へ。しかし、ここも釣り禁止。


 浦賀陸軍桟橋は人がそこそこいたがカレイではなさそうだ。しかも、時期がズレているし、駐車場がない。


 今のところ負け無しの鴨居港では漁船が作業中だったのでスルー。観音崎の堤防へ。


 水深が浅そうな湾内。鴨居港と条件が似ている。そして、ここは所々根が入っており、釣れる要素になるかと思われた。


 夕方、家族連れが帰ったあと先端に釣り座をかまえ、沖に向かって私と修瑛は数本ずつ竿を出した。


 引っ越し以来カオスとなったままの自宅のロフトから発掘してきたケミホタルは、竿先用はすべて使用期限が切れて光らず。


 そんななか、柔らかい素材でどんな竿にも装着可能な新しいケミホタルをつけていた修瑛の投げ竿の竿先が激しく上下。回収すると、真っ赤に目を光らせた巨大なシロギスが上がってきた。サイズは24cm。根周りの夜釣りはこういうのがあるから楽しい。やはりイワイソメに食ってきたようだった。


キス24㎝

b0121015_2261456.jpg



でかい……

b0121015_2262757.jpg



 しかし、その後は沈黙。修瑛はヒトデを連発し、ヒトデすら釣れない私にはフグが1匹釣れたのみ。


本日、私に釣れた唯一の魚類

b0121015_2274452.jpg



 近くにいた関西弁のおじさん(なぜか知らない子どもの釣りの面倒をみさせられていたらしい)はいい型のメバルを釣っていたので、ジグヘッドをキャストしていたら、何度もアタリがあった。が、なぜかフッキングできない。結局釣れないまま潮位がどんどん下がり、反応がなくなる。周辺は根が多いので、フォーリングで食わせるつもりで、「キャスト→フォール→回収」で各所を探ったが、一度アタリがあったのみ。


 鴨居に移動することに。途中、久里浜のラーメン屋「田島屋」で晩ごはんを食べるつもりで楽しみにしていたのに、「21時で終わり」まさかのテメーいまごろ…だった。寒いし、魚も釣れないし、ついてない。


 鴨居では砂浜から堤防周辺へ仕掛けを投入。以前、流れ込む水路の出口で36cmのカレイを釣ったことがあったのだ。(自己最大記録)修瑛は海岸の中央部から竿を出していた。


 潮が満ちてきて潮位があがってきていた。これは、水深が浅い鴨居港では好条件。観音崎では潮が澄んでいたが、ここでは流れ込みの影響か、やや濁りが入っていた。これは悪くないのでは。


 午前3時の満潮潮止まりまで待ったが、反応なし。本日はこれにて打ち止め…。


 うーむ。カレイは、いまの私には太刀打ちできる相手ではないのだろうか…


 カレイは仕方ないとして、前夜のメバルの感触が忘れられなかった私は、夕方だけ釣り場へ出ることを考えたが、翌日仕事があることを思って(地味に忙しいことが予想された)、急ブレーキ。


 夕方まちへ出たついでに立ち寄った釣具屋で300円台だった頃のがまかつ/コブラ29が売っていたので即買い占めた。この日の釣り関係の活動はこれで終了。以前だったら、少し迷って結局行ったと思うのだが、本当に、チンケな人間になってしまったものだ。
[PR]
by rikkyofishing | 2011-01-16 22:08 | 投げ釣り(大物系)