about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

1月8日 外房大原第二松鶴丸ルアー船

1月8日 外房大原第二松鶴丸ルアー船



大原到着。横浜市内からは横須賀線と外房線で千葉での乗り換え1回のみでいける。2時間半くらい。もちろん、遠い。が、実はそれほどでもない。電車代も都内までは定期があるので、往復で3,000円程度。帰り疲れたら特急もある。

b0121015_11435215.jpg



釣果:ワラサ60cm×2、イナダ42cm×1


でかい船の方がいいですね

b0121015_11552372.jpg



大原港内ですでに鳥がたくさん

b0121015_1156995.jpg



キャスティングタックルもけっこう積まれているが……

b0121015_11565029.jpg



さあ、出発

b0121015_11574037.jpg



 外房と言えばヒラマサである。


 が、今日釣れたのはワラサばかりだった。


タックルは、天龍/ジグザムバージョンⅡ+シマノ/ツインパワーSW6000HG

b0121015_11581799.jpg



 外房の船は今回の松鶴丸釣りビジョンのDVD「投政(キャスティングヒラマサのこと)」で有名な山正丸も、幅が大きく、安定していて、なおかつキャストするという場面になったとき、胴の間でも頭上に障害物が少ないので、釣りしやすそうだった。また、キャビンがあり、その内部にいれば水を浴びることはまずない。冬場の釣りにはありがたい。


 第二松鶴丸は大原港を出航すると、南へ走った。なかなか止まらない。大原港が見えなくなっても止まらない。30分くらい走った頃、御宿や勝浦の沖合いだろうか、ようやくひと流し目。船長のアナウンスによると、水深は、おおむね50~60m。




b0121015_11592288.jpg



 平塚のシイラや前回の伊東ブリキャスティングなど、走ることが多い船には何回か乗ったが、どてらで流す釣りは今回が初めて。船酔いしないか、かなり不安だったが、前夜と乗船直前にアネロンを飲んでいたので、船体が大きい割には揺れたが、ほぼ酔わなかった。


 始めは魚探に反応が出てもなかなか食ってこなかったが、ポツポツと食い出し、私にもヒット。反応が底付近だったため、底をとってから10~20mワンピッチでシャクってきた。ヒラマサかもしれないので、根から引き離す意味で一気に巻き上げる。しかし、使いなれていないジギングロッドでうまくやり取りができない。たまに抵抗され、ラインを引き出される。上がってきたのは丸々としたワラサ。60cmくらい。外房で言うところの、「サンパク」サイズか。船長に取り込んでもらって、エラを切ってバケツに放り込んだ。


ブリとまではいかないがワラササイズ

b0121015_239933.jpg



 さて、ワラサを一本釣ったので、キャスティングに移行しようかと思ったのだが、誰もプラグを投げていない。ほとんど全員がキャスティングタックルを持ち込んでいるのに、投げていない。ヘミングウェイやオフショアスティックにソルティガなど、立派なタックルが、ロッドホルダーにはところ狭しと並んでいるのにも関わらず、である。ミヨシの人もジギングやってる。これは要するに、ヒラマサはいないということなのだろうか。


ジギング実は初挑戦の私でも3本釣れた。ジグはすべてスミス/CBマサムネ。安いのにちゃんと釣れる、いいジグみたいだ

b0121015_2394664.jpg



 敏腕船長がいる山正丸でさえ、今年初ヒラマサは7日にようやく出たんだとか。松鶴丸では5日に1本釣れているが、それっきりのようだった。確かに、事前にブログなどを見た限り、ワラサばかりだったが、ヒラマサはいないときはいないみたいだ。


 せっかく持っていったキャスティングタックルは1投もすることなかった。ジギングに集中。


 結果的にイナダサイズが一本とワラサがもう一本釣れたので、私の釣りも不正解ではなかったのだろう。ただ、フォーリング中、明らかにアタリが出ているのにフッキングできなかったり、魚が釣れたのもほぼ向こうアワセで、シャクったタイミングでアワセが入っていたようなパターンばかり。ジグとフックのセッティングなども含め、もう少しいい形もあり得たのは確か。そういうことをちゃんとやっていれば、数少ないヒラマサがとれていた可能性も。



 そして、今回はシイラ用に買ったハイギアリール、ツインパワーSW6000HGを使用したのだが、巻きが重いというのは全く感じなかった半面、やはり一回転の巻き取り長が長いため、ワンピッチのジャークでシャクリあげてくる際は、ロッドを持っている方の右肘への負担が大きかった。というか、単純に疲れた。PE4号を300メートル巻けるクラスの8000PGもほしいところである。


 ロッドはシイラ用のスパイクを買ってからロッドメーカーとして信頼している天龍のジグザムバージョンⅡを。180gまで背負えて、ヒラマサまでならいけるというモデルにした。


 まあ、ヒラマサは全然ダメだったが、それでもワラサが釣れた。そういえば私はもともとこの魚を釣ろうとしてたんだっけ。


 おそろしく都合よく解釈すれば、「初志貫徹」、ってやつですわ。


(追記)
その後、松鶴丸山正丸のブログを見ていると、ワラサクラスはジギングでけっこう上がっている模様。ワラサ狙いならかなり楽しめそうだ。



ロッド:天龍/ジグザムバージョンⅡ JZVⅡ571S-5
リール:シマノ/ツインパワーSW6000HG
ライン:シマノ/パワープロデプスハンターキャスティング3号300m
リーダー:シーガー/プレミアムマックスショックリーダー60ポンド
ジグ:スミス/CBマサムネ115gエバーグリーン/ジャベリン、など

[PR]
by rikkyofishing | 2012-01-09 00:49 | オフショアジギング