about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2月11日、12日 湯河原海浜公園、江之浦港、早川港

2月11日、12日 湯河原海浜公園、江之浦港、早川港


釣果:ノーフイッシュ(湯河原海浜公園)、メバル23cm×1匹(江之浦港)、ノーフイッシュ(早川港)



 エギングの様子見も兼ねて湯河原と江之浦へ。


 湯河原は足場のよいエリアはカゴ釣りの独壇場。食い気のあるメバルはカゴに向かってしまうのではないか。そして、ウキはそろって沖のテトラの手前ギリギリに。なんか釣れる感じがしなかった。マリア/メバトロボールFを用いたフロートリグでリーダーを80cm程度とった。潮位は特に調べていないが、前回のようにだだ下がりという訳でもなかったようなので、リーダーは長めにとったのだ。


真鶴半島から月が出てきた

b0121015_19592832.jpg



 アタリがなかなかない。でっかいテトラに乗って釣ってみる。フロートリグは足場が高くても探れるのはいいのだが、ここのテトラはあまりにも大きすぎる。ほとんど海面に近づけず、入っていける場所はすでに先行者。そして、彼らも釣れていなかったそうだ。


釣れん

b0121015_1959497.jpg



 仕方ないのでまたしても場所移動。とりあえずラーメン屋で担々麺を食べて熱を体内に(笑)。


真鶴駅までの道にあるラーメン屋で坦々麺。そういえば、前ここなんかで来たことあるな、という店だった。

b0121015_20264183.jpg



 東海道線に乗って、根府川へ。駅から江之浦港までは、大きく迂回して海沿いの国道を走っていく道と墓地沿いの道を通るショートカットルートの2通りがある。が、真夜中なので念のため墓地はパス(笑)。


江之浦港

b0121015_2028267.jpg



 エギングの様子を探りたかったのだが、ほとんど人がいない。意味ねー(笑)。ひとりだけシャクってる人がいたがすぐ帰ってしまった。あとは海老釣りと思われるケミホタルが堤防沿いに点々と。なぜか竿の回りには誰もいなかったが、釣りしづらい。



 とりあえずは、フロートリグで広範囲に表層をサーチ。テトラや港内のスロープを含めいろいろ探したが、ダメ。



 ちくしょー、オレには「ホーシャノー汚染された東京湾」のメバルしか釣れんのか!!


 しかし、よくよく考えてみればまだ中層~ボトムを探っていない。マリア/ビークヘッドⅡ2.5gにバークレイ/ガルプ!ベビーサーディン1.5インチのチャートをキャストしてみたら1投目でコツンコツンとあたる。慎重にタイミングをみてロッドをあおったら、奇跡のフッキング。バシャバシャと水しぶきをあげながら足元へ寄ってきたのはそこそこのサイズ。


 落ちるなよ、と祈りつつ、抜きあげ。23cm!!


やった!

b0121015_20464594.jpg



23㎝!!!

b0121015_20483378.jpg



 堤防中央部、沖堤との間の海峡部で足元近くだった。思えば、以前エギングでアオリイカを釣ったのも同じ場所。この海峡部はいろいろといいポイントなのかもしれない。


 しかしながらその後は全く無反応。西湘~伊豆はなかなか数は出ないんだな。



 そして、夕方は早川へ。土日は寝てるか釣りしてるかになってしまっている。大丈夫なのだろうか、私は。いや、大丈夫ではなかろう。でも、まあ、大丈夫じゃなくてもいいや。


 港の出口から、メバトロボールのFとSS(スローシンキング)で狙ってみる。しかし、ダメみたい。表層にはいないのか。2.5gのマリア/ビークヘッドⅡでボトムギリギリを探ってみるが、一度モゾモゾとアタリがあったのみで、結局なにも釣れなかった。


 帰り際、港内を探る。ここはいつも小さな魚~20cmくらいの魚の大群がいる。今日もいて、私はトウゴロウイワシかなにかだと思っていたのだが、通りすがりのほかの釣り人はカマスではないかという。しばらくワームで狙ってみたが、ワームを避けるような感じ。ただし、20cmくらいはあって、なかなか大きいのは間違いない。姿を目視することはできなかったが、シーバスかなにか大きな魚がたまに小魚の群れに突っ込んでいった。


 いったいあれはなんだったのだろう。ミノーを通してみたりもしたが、なにも追っては来なかった。



 このときの釣り人から「メバルなら新港の方がいい」という証言を得たが、新港は以前くまなく探った。多分、そのときも今回も、釣れるときは何らかのタイミングがあってそれをはずしている。それは一日のなかでの時間帯や潮の干満、潮位なのかもしれないし、あるいは時期そのものなのかもしれない。港内にメバルが入ってくることもないわけではないと思うんだけどなあ。


 次は御幸が浜の堤防をやってみようかと思った。あそここそ、ジグヘッドでは根掛かりそうだし、フロートリグでやったらけっこういい感じなのではないか。なかなかでかいのも上がるようだし。また、エギングも実績はあるし、周囲のサーフからでも釣れるくらいだから、偵察しておくべき。ただ、足場が悪いんだよなあ、あそこは。


(追記)
そういえば、早川港ではヤリイカみたいなイカも釣れていた。それなりのサイズだったから、むしろ冬釣れるイカみたいだし、狙ってみても面白そう。
[PR]
by rikkyofishing | 2012-02-12 08:36 | ライトゲーム(根魚)