about LURE FISHING/mainly Kanagawa pref., sometimes Expedition/bass,trout,squid and more!/camera:CANON POWERSHOT SX260HS


by rikkyofishing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:津久井湖 ( 3 ) タグの人気記事

7月28日 津久井湖、中津川、相模川


釣果:ラージマウスバス30cm×1(相模川)、ハス25cm×1(津久井湖上流)


b0121015_12262928.jpg

相模川の「メジャースポット」猿ケ島周辺。私のほかにもバス狙いが2名ほど。ラージ狙いなのか、スモール狙いなのかは不明。


 このページの下の方でも触れているが、仕事関係で檜原湖にいってきた。久々のスモールマウスバスレイクで、何本かスモールを釣り、引きの強さに感動した。私はもともとエサ釣りの人間でもあり、生粋のバスマンには嫌われることも多いフィネスな釣り、タテの釣りに抵抗がない、というかかなり好きである。


 そして、例によって禁断症状が出てきてしまった訳である。また、今夏中に長野県の野尻湖か檜原湖に行けたらいいのだが、なかなか予定が調整しづらそうなうえ、さらにほかにも行きたいところもある。


 (釣り業界の)建前上、スモールマウスバスは前述の野尻湖および檜原湖にしかいないことになっている。しかしながら、現実は違ってきている。檜原湖がある福島県では、阿武隈川でのスモールの繁殖が問題となっており、でっかいのは檜原湖なんぞに行くよりも阿武隈川へ行く方がよほど効率がいいそうである。福島第一の原発事故以前は、私の知人はよく阿武隈川でスモールを釣って、食べていたそうで、非常に美味だとか。関東でも、はっきりいってかなりの場所で生息が確認されている。主に川である。スモールマウスバスは冷水と流れを好む性質があるが、どういうわけか、けっこう普通にそこら辺の川にもいるようだ。


 以前、荒川にアザラシが上がってきたとき、テレビのニュースでは「タマちゃん」の再来を思わせるような大きな取り上げられ方をした。マスコミの世界では、ネタが無いとき、そして、国民の目を何かからそらせたいときは、動物のニュースをやるのがテッパンである。その時のニュース映像では、アザラシが魚を食べているシーンを見ることができるのだが、そのアザラシが食っていたのが、40cmはありそうなでっかいスモールだった。


 荒川で、である。どうやら上流の入間川で繁殖したものが下流へと拡散しているらしい。ほかにも、多摩川はもはやスモールの「メジャーフィールド」になっているという話も聞くし、小貝川など茨城県の河川にも実はけっこういるらしい。関東の河川は流れの芯や底の方では意外と水温が低く、スモールの棲息に適しているのか。


スモール食ってる映像は残念ながらみつからなかった


 私が住む神奈川県では相模川が繁殖している場所として知られている。これは、支流の中津川上流の宮ヶ瀬ダム(釣り禁止)で繁殖したものが流下したものだというのが俗説。釣り人が放したという話だが(釣り禁止のダム湖に?)、鑑賞魚としても移入されていたスモールを、法律(特定外来生物法)の施行に伴い、近隣の鑑賞魚ショップが大量に捨てたという話もある。


 ただ、丸一日それでは何も釣れずに終わりそうだったため、津久井湖に前夜入り。夏で水位が低下し、上流部はクリアで魚が沢山見えるはず、と踏んだのである。


前回きたときよりもだいぶ減水していた。夏はずっとこんな感じらしい

b0121015_12461290.jpg



 車中での寝苦しい夜を、時おりエンジンをかけてなんとか凌ぎ、5時前には上流のポイントへ。しかし、水位が下がりすぎていた。どんなルアーを使っても、対岸近くの流芯でないかぎり、ルアーがボトムをこすってしまう。さらに、水もクリアなのでバスがいれば一目瞭然だが、このときはバスがあまりいないことが一目瞭然。それでも少しずつ上流へと釣り上がっていくと、40cmアップはありそうなバスがフラフラ。すかさずシャッドを投げたが、着水音で逃げるタイプ。多分、ワーム投げても何を投げても、この水深と透明度では、バスは確実に私の存在を警戒しているので、見える結果は同じ。


細かいゴミが下流側から流れてきて釣りづらい

b0121015_12475349.jpg



 川が曲がっている場所、岬の周辺などにはやはりたまにバスがいるが、周辺にはハゼ系の魚や、ウグイか何か、ハスなども沢山いるのにも関わらず、何かを積極的に追って食っている様子がない。


ハスは釣れるのだけれどね

b0121015_12491621.jpg



雰囲気もいいのだけれどね

b0121015_1253514.jpg



アユ釣り師のすぐ下流で釣りをする

b0121015_1435103.jpg



 何回か行ったり来たりしていると、風が吹いて下流方向から細かな浮きゴミが流れこんできた。すると、そのゴミの中で補食音が。バスが背ビレを鮫のように水面に出しながら、小魚を追いかけ回している。すかさずシャッドを投げると、猛烈な勢いで追ってきたが、浮きゴミは足元近くにたまっていた。追わせる距離が足りないと思いつつも、シャッドを巻いてくるが、やはり足元の草にラインをとられた。仕方ないので、そこでシャッドをステイさせつつちょんちょん動かしてみた。が、しばらくルアーを見たあと、Uターン。


浅い。そして、透明度高い

b0121015_12573324.jpg



 ワームでも狙ってみたが、今度はアピールが足りないようだ。うーん。アイバムシなど、ムシパターンのルアーがあればよかったのだが、持っていなかった。もっとも、アピールの強さ的に浮きゴミの中からバスが見つけてくれる可能性は低そう。いっそ、フロッグか、ワンナップシャッドか何かで水面上を滑らせてみるべきだったか。今夏の話題作のひとつ、ノリーズのエビガエルなんかよさそうだったかな。


 結局、釣れず。宮ヶ瀬ダムのダムサイト下流の愛川大橋周辺へ向かう。


 宮ヶ瀬ダムは津久井湖とは同じ相模川水系。釣り禁止だが、水産系の調査などで釣りをすると、ラージもスモールも相当でかいのが釣れるらしい(今度やるときは私も連れてってくれ)。なぜ釣り禁止なのかは不明だが、どうやらボート屋かなにか、何らかの利権の話がヤクザ絡みでこじれたらしい。釣れない、難しい湖の代表格とされる隣の相模湖と津久井湖のボート屋が反対しているという話もあり(まあ、当然っちゃ当然だが)、また、お化けが出るからだという説もある(本当かよ)。実は宮ヶ瀬ダムからは津久井湖へも水を通している。つまり、そんなに遠くない。


中津川、愛川大橋下流

b0121015_1323330.jpg



 15分ほど走ると、宮ヶ瀬ダムと周辺が石小屋と呼ばれる宮ヶ瀬副ダムの下流の愛川大橋に到着する。川原にはアユ釣り師のクルマがたくさん停めてあり、アユ釣り師が多い。アユはお金がかかりそうなので現状やっていないが、やってみたい釣りのひとつだ。もっとも、関東の川では難易度が高すぎるかもしれないが。


中津川、愛川大橋下流のアユ釣り師

b0121015_1302166.jpg



 愛川大橋の周辺は流れが強そうだったが、水深浅め。ネットで探った情報(出典は2ちゃんねるなので、きわめて信憑性低だが)では、この橋周辺は実績ありとか。ただし、強い流れのある場所でスモールが日本の渓流魚と同等かそれ以上に居着けるのだろうか。居着けるのかもしれないが(だから問題視されているのか)、基本的にはどこか居着ける淀みなどにたまっていて、エサを探すときだけ流れの中に進出してくるのではないか。


いかにもな清流。こんなところにいない方がいいのだけれど、残念ながらいなかった

b0121015_1373578.jpg



 全体的に水深が浅く流れが強そうで、流下してくるスモールは確実に通るが、溜まりはしなさそう。釣れるとしてもタイミング次第といったところか。さらに下流へ移動。


2ちゃんねるの情報をもとに行ってみた(爆笑)

b0121015_1363122.jpg



クルマの外気温は36℃を記録

b0121015_1719722.jpg



 今度も2ちゃんねるに情報があった厚木の鮎津橋周辺へ向かう。が、鮎津橋周辺は流れが太く、全体的に浅い感じ。上記情報では、堤のようなもの、堰堤などの周辺がポイントであることがうかがえた。さらに下流へと移動してみると、あった。


鮎津橋下流のとある小さな橋

b0121015_1355257.jpg



遠くに厚木の町並み

b0121015_13958.jpg



どぶ釣り=アユの毛鉤釣り

b0121015_13103621.jpg



ワームのパッケージが捨てられていた。回収

b0121015_1395458.jpg



いかにも着いていそうなテトラ

b0121015_13172740.jpg



 「どぶ釣り専用区域」なる看板があったが、指し示す区間がどこなのかやや不明。鮎津橋までの区間であろうと判断し、この看板から下流を探る。さっそく、ジャッカル社のワームのパッケージを発見。海釣り用ワームだったが、スモールの釣りではメバル用などでよく代用するから、気配濃厚。さらに、岸沿いにテトラが入っており、着き場もバッチリ。水深もまあまあある。これならいそうだ。水中には、スモールではないが、魚の影が。テトラについているのは、オイカワかなにかか。また、小さな魚の群れも。コイやニゴイらしき大きめの魚の影も見えた。これだけ小魚が豊かなら、スモールも着きやすいだろう。とりあえず足元からダウンショットで探っていく。しかし、反応なし。シャッドで沖目を探るも、こちらもヒットなし。さらに下流へと探っていくが、遠くに見える堰周辺では子どもたちが水を浴びて遊んでいたうえ、堰には「禁漁」の表示が見える。次のポイントを探すことにしたが、もうネットの情報は出てこない、というか、低レベルな文章の中から探し出すのがめんどくさくなった。釣具屋へ。


 厚木には上州屋があったはず、ということで、ナビで検索して向かう途中、某中古釣具チェーン店を発見したので、入ってみた。モノはあまりなかったので何も買わなかったが、釣り場案内的なものに堂々と「スモール~」とある。相模川についての内容で、磯部、猿ヶ島周辺はスモールの絶好のポイントであることがかかれていた。とんだブラックネタなはずだが、これがこの店のスタンスなのだろう。対する上州屋は、相模川の情報もあくまでもラージのものだった。そうはいっても知ってしまった以上はいってみるしかない。


磯部の堰。狙いは堰上なのか下なのか

b0121015_13182639.jpg



 磯部と猿ヶ島周辺は座間と厚木の中間地点である。まず磯部の堰を見たが、いまいちどこを狙うべきなのかわからない。大量に入ったテトラは、むしろ中まで水が入っていなさそう。そもそもどこから入るのかも不明。堰の上、水が貯まっているであろう場所も良さそうだが、釣りしていいのかどうか不明。昭和大橋を渡って対岸へ。


雰囲気あるけど、ラージっぽい感じか

b0121015_13192516.jpg



 こちらは雰囲気があってかなり釣れそうだとふんだ。しかし、駐車場所、川原への進入箇所がわからない。猿ヶ島スポーツセンターという施設の駐車場は特に利用者以外の駐車を禁じる表示はなかったため、停められるのかもしれないが、念のため、やめておいた。ふたたび昭和大橋付近まで戻ると、川原へクルマで入れる場所を発見。砂利道を走っていくと、土手の上から見えたポイント発見!! 沖に中洲があり、その岸際など良さそうだった。また、足元から対岸までテトラが入っている。このテトラの穴を狙えば来そうだ。


 ダウンショットで、来るか来るかとラインの動きに神経を集中させる。とにかく根掛かりが多く、心がおれそうになったが、しばらく続けていると、ラインが走る!!


 アワセをいれると魚の感触。待ち焦がれた茶色の魚体かと思いきや、緑色のラージ。ダメージを与えないように草むらの湿った砂の上で撮影。


30cmくらいだったが、ちゃんとエサを食べていそうな個体

b0121015_13211127.jpg



 サイズ的には30cmちょっとだったが、初めての釣り場としては悪くない。ただ、やっぱりラージの方が多いのかな。夕方に差し掛かった、15:50過ぎの一本だった。私が釣った直後、2名のバスマンが入ってきて、一気にメジャースポット化した。


 このあと、中洲の岸際に落ちたムシを補食する茶色い影を見かけたりもしたが、結局スモールは釣れず、相模川水系をめぐる小さな冒険は幕を閉じた。


最後に、このハング下で虫を捕食する茶色い魚影を見かけた

b0121015_1322096.jpg




ブログには詳細をかかない釣り
●7月24日 檜原湖 スモールマウスバス 20~30cm×4


b0121015_12181385.jpg



今回からカメラはキヤノン/パワーショットSX260HSを使用
[PR]
by rikkyofishing | 2012-07-28 22:59 | バスフィッシング

11月14日 津久井湖

11月14日 津久井湖



〜津久井湖オープン参戦記〜




 日本一バスを釣るのが難しいと言われるリザーバー・津久井湖。日米のトーナメントで輝かしい成績を残す並木敏成氏やキング・オブ・ハンドメイドルアー「HMKL」の生みの親である泉和摩氏などが過去に通いつめた名門だ。ここに、30年の伝統をもつローカルトーナメントがある。その名も「津久井湖オープン」。


 この大会、特徴的なことのひとつに「開催時期」が挙げられる。毎年、11月に始まり、12月、1月、2月、3月と、特に厳しい時期に開催されるのだ。ただでさえ難しい津久井湖でこの時期に釣りをすること自体ヘンタイ的なのに、大会をやってしまうのだ。しかも、伝統があり人気があるので、毎回50〜100名の参加者を集めるそうだ。


 30周年記念ということで、ゲスト陣が超豪華。泉和摩さん、並木敏成さん、古沢勝利さんの3人のプロといっしょに釣りをし、話を聞くことができるのだ。こういう機会は、やはりなかなかない。


 さらに、津久井湖オープンのもうひとつの特徴。それは上位には賞金が、しかも優勝者には10万円程度の高額賞金が与えられるのだ。実は今回、参加者はもちろん大会協賛メーカーやプロの方々などに挨拶をしてくるということで、一応仕事として行ったのだが、エントリーフィーは自腹。「厳しい状況で交通事故的に一本釣れば……」。要するに賞金に目がくらんだということです(笑)。


 あと、アクセスが相模湖ほどはよくなく自分一人ではなかなか行けない津久井湖に行ってみたいというのもあった。津久井湖へは今年のGWに一度上流域の道志川周辺を訪れ、ハス一匹に終わっていた。


 エントリーフィーを用意するのを忘れるなどの失態を展開しながらも、なんとか大会参加。予定より少し遅れて午前7時10分ごろ、一斉にテイクオフ!! ポンドの大きなエレキで一気に走っていく様子は圧巻だった。


 しかし私は手こぎでノロノロ出発。小型船舶免許を持っていない私には、長さが長い津久井湖のボートでエレキを使うことができなかったのだ。これは痛い…


 しかし、魚はボート桟橋周辺にも確実にいるようで、そういった魚を専門に狙えば可能性なくはないのでは? と思って様子をうかがっていたら、やはり同じことを考える人はいるようで、結構な数の釣り人が桟橋周辺に残って船団を形成。手こぎでは肩身が狭く、冒険に出発。


 まず、三井大橋周辺へ。橋脚にラバージクをカーブフォールさせたり、パワーダンクを通したりするつもりが、風で流されうまくいかない。手こぎ、きつい…。


 日本赤十字病院下あたりにも行ってみたが、行くだけで疲れる。泡だらけの水が悪いエリアを避けて流れ込みのあるワンドなどを狙っても見たが、無反応。


 エレキがダメならせめて魚探を…、と会社から持っていったのだが、まさかのセッティングの仕方が分からず使えず。


 そうこうしているうちにあっという間に時間は経過。しかし、周囲で釣れているような様子は、ない。やはり上流なのか。テイクオフの際、大体半数くらいの参加者が上流方向を目指していた。


 もはや神頼みで古い神社が沈んでいるというあたりをシャッドやスピナーベイトなどでチェックしていく。反応はないよ、もちろん。


 11時30分頃に、検量が始まったので私も帰着申請をし、釣れたバスの写真を撮る。けっこういい型のバスが釣れているが、湖上に目を向けると最後の30分間をギリギリまで粘る大多数の参加者の姿が。おそらく釣れたのはほんの一部なのだろう。


 泉和摩さんは40cmほどのバスをウエイイン。しかし、釣果は1本のみ。百戦錬磨のプロでも厳しいのだ。トップはいいサイズのバスを2本持ち込んだ方。ウエイトはなんと3,000g超! 頭ひとつ抜けていた。3,000g台が出るのは久しぶりらしい。実に全参加者98名中、ウエイインしたのは19名。


 上位3名の方の釣り方は、使用ワームはまちまちだが、全員テキサスリグだった。


 皆さん、本格的な道具を揃え、タックルを何セットも持ち込み、エレキも速く魚探を装備しているような人々。そんな人々でさえ、大部分がノーフィッシュで帰ってくるのだ。手こぎの私がデコるのは無理も無いが、それだけではなく、とにかく難しいのだ。ウエイインされたバスが全部で22匹だったことがわかったとき、「少なくとも22匹はバスいるんだな」というちょっと笑えないジョークが飛ばされた。ちなみに、並木敏成さんと古沢勝利さんの両氏もノーフィッシュ。


 そろそろちゃんと魚が釣れる釣りをしたくなってきた。APECも終わったし、シーバスかメバルにでも行ってみようか。しかし、まだ年内ならバスもなんとか…。12月12日に亀山湖でサンラインの大会イベントもあるから行ってみたいけど、うーん。
[PR]
by rikkyofishing | 2010-11-14 21:44 | バスフィッシング

5月2日 津久井湖

5月2日 津久井湖


 金曜日の夜に寝ずに出発し、昨日は1日一碧湖でcasting and casting。運転手・ヒロキは藤沢を過ぎた頃から、眠気でヤバそうだった。私は家の前まで送ってもらえたわけだが、それでも帰宅後、即爆睡。


 今朝は起きたら、10時。早起き出来れば丹沢湖へ行こうかと思っていたのだが、ダメだったので、割と近いと思われる津久井湖へ。ご存知ウルトラスーパータフレイクである。その難しさは、相模湖をはるかにしのぐそうだ。


 それでも、5月は良型が多数捕獲される時期であり、上流部が特によいらしい。しかも、上流部では岸釣りもできるとか。


 神奈川県のバスフィールドはとりあえず押さえておきたいので、横浜線とバスを乗り継ぎ、津久井湖上流へ。


 …が、橋本駅からバスに乗ったら渋滞で全然バスが動かない。


 結局、津久井湖上流部へ到着したのは14時。橋本駅から1時間半かかった。


 さらにそこから、降りられる岸を探して一時間。ようやく、安全に釣りが出来そうで、ある程度探れそうなポイントを発見。


 クリアで水深もある。15時の時点では見えバスゼロ。


 クランクで見えていないかも知れないバスを引っ張ってくるため、リトリーブを繰り返す。コンバットクランク250でも、ボトムをズルズルしない感じ。


 しかし、ベイトも見えないし、バスが追ってくるようなこともない。気長にキャストを続けていた。


 16時をまわった頃から状況は一変。オイカワかなにかの小魚の小さな群れがうろうろしだし、なにより周囲にあっという間に釣り人が増えた。もちろん、全員バス狙い。


 よりいっそう期待を込めてキャストしていると、コンバットクランク250に本当にバスが追ってきた! …が、喰わせることはできず。しかし、どうやらラトル音が効いているようだったので、それ以降はラトルが入っている、モデルA、コンバットクランク250、CB100などを集中的にリトリーブ。


 喰わせることはできないものの、目の前をバスがうろつくようになった。


 近くて釣っていた釣り人が一本上げた。私には釣れない。日が長くなったが、それでも18時を過ぎると暗くなってきた。


 そこで、高滝の釣り方をためすべく、スカッドミノーにチェンジ。早引きを開始。


 すると、開始直後に魚の感触。あわせると、乗った! しかし、ギラリと光る魚体は割とすんなりとよってきた。ニジマスか? と思ったが、体色が異なる。アユか?! と、一瞬思ったが、ウロコが大きい。果たしてこれはケタバスであった。日本在来の、魚食魚である。初めて釣った。


ケタバス

b0121015_13533451.jpg



 その後、ミノーの早引きだけで広範囲を探っていき、バスらしき首を降るバイトがあったがフッキングさせることはできなかった。


 ほとんど暗くなるまで粘ったが、バスはノーヒット。


 しかしながら、津久井湖も相模湖と同じく爽快で気分のよいフィールドであることがわかった。


field:津久井湖(神奈川県相模原市)
day:2010年5月2日
time:14時30~18時30分
catch:ケタバス
rod:コルキッシュCKC-662M
reel:メタニウムMg
line:ナイロン14ポンド(サンライン/マシンガンキャスト)
lure:スカッドミノー、コンバットクランク250、コンバットクランクフラットサイド、モデルA6A、ブリッツ、ブリッツMR、など

[PR]
by rikkyofishing | 2010-05-02 19:30 | バスフィッシング